2014年 06月 17日

函館のネコ

d0316655_23085707.jpg

北海道に行っていたよ!
肌寒いくらい涼しかった~

本州へ戻ってきたら・・・
あつすぎ・・・
フィルム現像するときって、現像液を20℃に調整するのだけど
なかなか温度が下がらない。冷えたそばから上がるのだ。

そこで―
高温で現像時間を短くする手法にチャレンジ。
ある程度同じ仕上がりになると思われるたぶん。

結果。
濃ゆい・・・



by harurei | 2014-06-17 23:24 | Leica Ⅲf | Comments(9)
Commented by tamuraBOW at 2014-06-18 01:14 x
これからは現像温度が大変ですよね~

ところで今後フイルムは何にします?
Commented by wakuwakuwakahono at 2014-06-18 10:08
こんにちは♪

函館のねこも、ひんやり、居心地良さそうな感じですね(^^)
Commented by harurei at 2014-06-18 21:54
>tamuraBOWさ
夏の現像はじめてだったんだけど、ほんと大変そうだ・・・
フィルムは、ネオパン使い続けるよ!
後のことは手に入らなくなってから考えるw

>わかほさ
雨だったので雨宿りしてたさね^^
うん、居心地よさそうにくつろいでいたよー
この後ごはんもらってご満悦だったw
Commented by iyim2012 at 2014-06-18 22:20
自宅でフイルム、現像されているんですか~?
亡くなった父も、暗室作って、自分で現像してました。
(父の話ばかりですが・・・(-_-;) )
デジタルが主流になりつつある中、貴重なフイルム写真ですね。
Commented by harurei at 2014-06-18 23:05
>iyimさ
うん、自分で現像してるさね(^_^)/
暗室はないけれど、現像まではできるのだ!
お父さんは暗室つくられていたのなら、相当好きだったんさね~
わしはデジタルよりフィルムの絵が新しく感じられて、楽しくて^^
Commented by くりす at 2014-06-19 21:52 x
はる、道南旅行楽しそうでよかった(o^ω^o)
函館って遠いからなかなか私たちもいきません(笑)
猫、かわいいね
この写真は仕上がりが濃いの?
いい感じに見えるけどねぇ・・・写真は難しいねー
チャトラのにゃんこが引き立って見えるよ
Commented by harurei at 2014-06-19 23:23
>くりす
お昼によったお店のお母さんが
「同じ北海道でも他の地域は知らないさ」って言ってたよw
広すぎるからのう、そういう感じなんだねぇ。
仕上がりが濃い中でもこの写真は大丈夫なほうでさ
引き立って見えたのならよかった(^_^)ヤタ-
Commented by KJ at 2014-06-20 08:33 x
まいどどーも!
現像には辛い季節がやってきましたね…いい季節は一瞬だった!

さて、僕も以前冬と夏の気温を考慮して、24℃で現像していたのですが
(温度下げるより上げるほうが簡単なので)あるとき一度、
20℃で現像してみたところ…何かが違いました。
それ以来、ずっと20℃でやってます。

高温にすると荒れていくという傾向が4℃の差でも出たのかな…
と思っています(その他の環境も変わるタイミングだったので、
一概に液温だけとも言えないのですが…)

我が家は風呂場を暗室にしているのですが、夏場はやばそうですね…
(液温よりも、篭って焼いてたら人間がくたばってしまう!)
Commented by harurei at 2014-06-20 22:37
>KJさ
まいどまいど!
ああ・・・荒れていくって表現がまさに合ってる感じ・・・
ネオパンの柔らかく綺麗な世界が違うものになってしまってさ。
対象によって良し悪しあるけれど、やっぱり20℃の絵が好きだな~
KJさもそう感じていたとわかってホッとしたw
た、たしかに夏の風呂場閉め切りは危険・・・!
独特の匂いもあるからのう(^_^;
名前
URL
削除用パスワード


<< 函館市写真歴史館      外苑前 >>