2014年 07月 13日

日光男体山



子供の頃、車に揺られて2時間。
目が覚める。
半身を起こして外を見る。

田園風景の向こうに、蒼い影。
ああ、山だ。見慣れない稜線を追いかける。

当時都会っ子(自称)のわしにとって、山は馴染みのない存在で
年に数度、親の実家に向かう車窓から山の存在に気づいたのだった―



富士山に行こう。

仲間からそんな提案があり、深部で山への羨望を抱いていたわしは是非にと応じた。
世界遺産、日本の象徴という理由ではなく、どこか山に行きたいと思っていた。
計画は現実的となり、メンバー、日程、小屋予約と話は進んでいく。

しかしわしには山登り経験がなく、体力に自信がない。
あるのは薄く抱いていた興味だけなのだ。

振り返ってみると、フィルムカメラをはじめるときもそう。
カメラの知識もなく、経験もない。
ただ興味だけ。調べて挑戦しているうちに自家現像するまでになった。

まずは体力づくりをしないと。
なんと高校の体育の授業以来、運動していない。
そこでスポーツジムに通うことに。
筋トレ、ウォーキングマシン、ダンス。
ダンスなんて初級コースでもついていけないんよ。
普段使わない角度に足を曲げるから筋肉痛が止まらない。
それでも通っているうちに体が慣れてきた。

さらに登山グッズを揃えて、いよいよ実践。
富士山は敷居が高すぎるのでまず低い山へ。

7月12日、仲間と共に日光男体山に向かった。


d0316655_01262699.jpg

d0316655_01261326.jpg


土、木の根、岩を踏みしめて歩いていく。

d0316655_01253999.jpg


最初は笑顔も多かったのだけど・・・

d0316655_01255640.jpg


d0316655_01260482.jpg


勾配がきつく、足をあらゆる角度にひねり、力を加えるので負担が激しい。
しかしダンスレッスンのひねりが今、役に立っている。

d0316655_01271830.jpg


道が険しくて、口数が減っていく。
登っても登っても先が見えなくて。
最初は何でもなかったのに、今は少しの段差でも足をあげるのが苦しい。

なんでこんな苦しい思いをして登るのか・・・
心が折れそうになる度に、いいタイミングで涼しい風が頬を清めて、
木々の空隙から中禅寺湖のセルリアンブルーが映り、意気が上がる。

d0316655_01274721.jpg


そして―

d0316655_01252330.jpg



頂上へ。
はじめて見下ろす日光山脈。


達成感がものすごい。
下りも意外ときつくて、その日は何も考えられなかったけれど
一日経ったらもう次に行きたい自分がいる。

大変だけど、山には得がたい何かがある。
フィルムカメラと一緒さね(←強引)

写真の一部、上に黒い線が入っているのだけど・・・これは帽子のつば(汗
次は気をつけようw



by harurei | 2014-07-13 23:56 | Leica Ⅲf | Comments(4)
Commented by モトシ at 2014-07-14 00:16 x
素晴らしい!
Commented by harurei at 2014-07-14 00:52
>モトシさ
やったよー!
ただバルナックのたすき掛けはリュックと併用し難いので、違う方法を探ろうと思って^^
Commented by tamuraBOW at 2014-07-14 01:59 x
まだ大丈夫ですよw
写真撮るだけ余裕です。
いかん時はライカと言えども捨てたくなりますよ^_^;
Commented by harurei at 2014-07-14 23:04
>tamuraBOWさ
写真だけはずっと撮ってたw
普段気にならないバルナックがだんだん重く感じてきてさ
本当につらいときは(持ってこなければ・・)・と頭をよぎった^^;
でも次も必ず持参するよん!
名前
URL
削除用パスワード


<< 創作系      新型コペン2 >>