2017年 06月 02日

天才スナッパー


わしって天才カメラマンかも。

「いい写真」「物語が想像できる」「ずっと見ていたい…」褒めてもらえる。自分でも悪くないと得心。センスがあるのだ。努力して勝ち得たものではない。生まれたときから備わっている類い稀なる感性、才能。わしって天才カメラマンかも。

なんて夢のような思い込みを、跡形もなく灰にされた出来事があったので報告しよう。

先日のこと。社員旅行の下見のため、後輩くんと某観光地へ向かった。わしはルートの確認を行い、後輩くんには現地の様子を撮影してもらうためiPadを渡した。

写真を撮りはじめた彼を見て、わしは戦慄した。

腰掛けているお婆ちゃん、店頭で饅頭を売る女の子、談笑しながら歩いているカップル彼らの前に立ち、真正面でiPadを掲げて堂々と撮っている。遠慮なくレンズを向けている。人目を気にする、距離を置く、そんな概念がかけらもない。泰然と踊るように何枚も撮っている。

「おま・・何してんの・・」
「撮っています」それはそうだけど。

彼が撮った写真を見る。人が明瞭に描写されており、背後の景観が過不足なく縦構図に落とし込まれている。スナップ特有の後ろめたさがない。さりとてノーファインダー撮影に散見される退屈さとも違う。いい写真。

当然撮影に気づいて眉をひそめる人もいる。しかし後輩くんの邪気のなさ、無害さはまるで子供のようなのだ。「子供が撮るなら仕方ない。ま、いっか」そんなニュアンスで目こぼしされている。

無断撮影されても気にならない。許せてしまう。
そうした人柄や雰囲気は、決してつくれるものではない。まさに生まれ持った才能。

自分にはそこまでできない。勝てる気がしない。
天才スナッパーの発見に、わしは立ち眩みを抑えることができなかった。



by harurei | 2017-06-02 02:21 | カメラ雑感 | Comments(6)
Commented by aki-carvinglover at 2017-06-02 20:05
新人類、物怖じしないの巻。
確かにカメラを持って写真を…ってやってる人達より、
スマホやiPadの人達の方が何のためらいもなく写真を撮ってる気がします。
そして、そういう人の曇りなき写真の方が良かったりする…。
Commented by harurei at 2017-06-02 22:11
>あきさ
ほーんと感覚が違うさね。
わしも堂々としている方だと思っていたのに(;´∀`)
SNS世代にとってスマホで人を撮ることは自然なことなのかもさね!
Commented by pote-sala at 2017-06-02 23:14
恐ろしい子・・・!!

(・・ってharuさんにはわからないかなー・・)
Commented by harurei at 2017-06-03 01:16
>ぽてさ
マヤと白目はわかるんだけど、何が恐ろしいのかは知らん~w
Commented by cranberryca at 2017-06-03 02:01
一眼レフで真剣に撮った写真より
スマホで自然にカシャッ!と撮った
次男の写真の方が良かったりすること…あります(´;ω;`)
既にご存知の話かも知れませんが
イギリス(ロンドン)で、ホームレスの人に
使い捨てフィルムカメラを100個渡して
My London というテーマで写真を撮ってもらい
80個回収して現像してみたら、素晴らしい写真が沢山あったそうです。
http://www.boredpanda.com/cameras-homeless-london-my-calendar-cafe-art/
Commented by harurei at 2017-06-03 07:53
>くらんべりさ
わお、使い捨てフィルムカメラの写真、どれも本当にいい・・・!
ロンドンの素が見えるようで、面白いのう。
写真の良さってカメラの性能とか腕前では、計れない部分があるんよね~
次男さんやるのう!そもそもセンスがあるのかも(^.^)
名前
URL
削除用パスワード


<< つくばねオートキャンプ場      上高地 >>