2017年 07月 02日

油画茶屋

d0316655_01370829.jpg

下田、ぽてさが案内してくれた喫茶店、油画茶屋。
オールドカメラが並ぶ店内にみんな興奮。
これは現役の大判カメラ。生きているレンズの輝き。

喫茶店なのだけど、カメラに触れたり、フィルムを購入したり(←ともさ)
また、店主に写真を撮る際の心得を伝授していただいた。

d0316655_01372440.jpg

2つ、感銘を受けた教えがあったので紹介するさね!


1. 写真を撮るときは、まず目で見ること。
 
被写体に対して、ファインダーを覗くのではなくて、まず直接目で見ること。
しっかり観察して、撮りたい位置に体を運んで、そこで初めてカメラを掲げる。


2. ポートレートは 最適な表情を捉えること。

人の表情は瞬間瞬間で変化している。
いい表情を見つけた瞬間にシャッターボタンを押したとしても
実際は何十分の1のラグタイムがあり、表情の山を捉えることは難しい。

昔の肖像写真は三脚を立ててレリーズを用いていた。
相手と談笑しながら表情を引き出して「ここぞ!」というタイミングで撮ることで
印象に残るポートレートを引き出すことができたのだ。


写真サークルらしく、勉強になったひと時。
その後、みんなの撮り方が変わった気がするようなしないような(ぉ



by harurei | 2017-07-02 02:16 | Leica M6 | Comments(8)
Commented by lily1406 at 2017-07-02 10:06
さすが師匠まとめて下さってありがとうございます♪
私も書いておこうと思ったのでこれをコピペさせてもらいます(ぉ
人を撮りたい私としては本当に勉強になった~。
また行きたいね。
chocoさんの写真とてもいいーーー☆
Commented by chocoyan2 at 2017-07-02 10:07
あっ何言ってたんだ、私(^。^;
ここでは本当に勉強になりました。
1500枚撮るなんて目標じゃなくて
被写体と向き合うを目標に頑張りたいと思います(>o<)ノ
Commented at 2017-07-02 10:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by harurei at 2017-07-02 11:22
>ともさ
うむ、勉強になっただろう(わしが教えたわけではないw)
「表情の微細な変化」はなるほど!と思わされたさね。
実際、昔の肖像写真の表情に惹きつけられることが多かったから
その事由が分かった気した(^.^)
店内薄暗くてグラス微妙だったのでちょこさ載せたったw

>ちょこさ
被写体と向き合ってからの1500枚目標で!(ぉ
ちょこさは元々対象への吸い込まれ感が超強いから
見た時点で向き合えているんだと思う。写真が軽くない~

>鍵コメさ
ほーんと、話し出すと止まらなくて・・・
ぽてさが切り上げなかったら閉店時間まで留まることになる勢いだった(;^_^A

写真の深いところまで潜った人たちは、一定の論理と自信を持っているから
それがベストと思っているけれど、どう汲み取るかは人それぞれなんよね。
若い人や女子の目線で"写真"の良し悪しの意味合いは変わってきている今は
共感できる部分を活かしていけるといいと思うんさ(^.^)
Commented by jinsnap at 2017-07-02 12:00
わぁ、ステキですね。
こちらに伺いたいなぁ。

以前に参加した写真のワークショップでもシャッターを切るタイミングのことを伺いました。
"その人が持っているタイミングが個性"で、"だから同じところで同じように撮っても違うんだよね。"、と。

うんうんと頷きながらharuさんのエントリーを拝見し、ポートレートを撮る側と撮られる側の距離感が波のように感じ、その時のことと重ね合わせていましたw
それと、今嵌っているホルガ135PCで1枚を仕上げる楽しさにも通じる感じがあって、今、撮ってもいや、とっても心地良い気分です。

写真を通じていろいろと知ることができて楽しいw
ホント面白い。
光のほそ道に感謝です。
Commented by harurei at 2017-07-02 15:47
>じんさ
普通に珈琲もおいしかったし、いいお店だったよ!
その人が持っているタイミングが個性、まさにそうだよね。
そこにカメラやレンズや背の高さや体調や、いろんな要素があって1枚ができる。
何枚か写した中でどの写真を選んで載せるのか、という部分にも個性が出るんよね。

たしかにピンホールだと、気軽にシャッターを押して撮ることができないから
対象との距離感や置き方をよく考えてセットしないといけない。
普通に撮るときにも活かせる経験になるよー
光のほそ道ででいろんな個性を知ることができてわしも感謝しかない(^.^)
Commented by pote-sala at 2017-07-02 21:12
ここに来て店主の話を聞いてるくせに、
私自身ファインダー覗いたままウロウロしてる状態です。
大判カメラの上に掲げられた店主が撮った写真がまさにその「目で見て」を実践されていたものなんです。特に動いてる人をひたすら追って観察して、さらに予測して・・、祭り人の写真は
そうじゃなきゃ撮れないと思いました。
下田の祭り、ちょっとでも店主の言葉を実践して撮ってみたいと思うのでした。

・・って、今日の私真面目じゃん!!
Commented by harurei at 2017-07-02 21:51
>ぽてさ
どうしてもまずファインダーを覗いてしまうよね・・・
確かに、祭りの写真は「予測」が大事かもしれない。
地元だからこそ動きを知っているし、撮れる写真があると思う~
bigtigerさも、動物をずっと観察しているって言ってたし。
ぜひぜひ下田の祭りで実践を!
ぽてさはおもしろレディに見えて、実は結構真面目女子(ぉ
名前
URL
削除用パスワード


<< 行くだらじゃ!伊豆下田開国オ...      大川端通り >>