2017年 08月 30日

オーバーホール

d0316655_00060214.jpg

スキヤカメラへライカⅢfのオーバーホールを依頼。
全体的に曇りがちで。シャッタースピードも怪しい。
M型にはない機動性と美しさ。ずっと使いたいのう。

謎のロシアレンズも預けたった。
ノブが重くて、ピントを合わせるだけで腕が張るので使えない。
スムーズになったらもっとこれで撮りたいな。
くれぐれもレンズは綺麗にしないようにお願いしたさね(^-^;



by harurei | 2017-08-30 00:42 | Leica M6 | Comments(9)
Commented by pote-sala at 2017-08-30 07:31
スキヤカメラヘライカって一気に読んじゃって、
「ライカって名前長ぇぇーー!」って思った私はアホでしょうか?
ちゃんと直るといいね。
「レンズはあまり磨かないように!」って言わないとね。
きれいになっちゃったらロシアレンズの謎が解かれちゃうからね。
Commented by chocoyan2 at 2017-08-30 07:56
ピントを合わせるだけで腕が張るって(^^;
謎のロシアン、良い味出してますからね。
無事戻ってくると良いですね(^^)
Commented by harurei at 2017-08-30 08:04
>ぽてさ
長ぇぇww
確かに読めるわ(^-^;
状態がひどい(レンズ曇りまくり)ので「受け付けられません」と言われたんだけど
「レンズはそのままで、ピントノブの調整だけで大丈夫です」とお願いしたんよw

>ちょこさ
重くて動かないうえに、バルナックの二重像合わせ窓も曇っていて
ピント合わせのストレス半端ないんよ・・・
ここらへん改善されたらもっと使っていけるさね(^.^)
Commented by kj_junk at 2017-08-30 18:37
OH、いいですねー
ファインダーがスッキリすると稼働率も上がりそう!

そして、レンズクリーニング禁止の指示、ナイスです!
Commented by harurei at 2017-08-30 22:14
>KJさ
M6は心強いのだけど、露出判断のランプを気にしてシャッターがワンテンポ遅れるんよ。
その点露出計のないライカは失敗もあるけど感覚ですぐ撮れるのがいいさねー
レンズをクリーニングしないレンズ調整も珍しいっしょw
Commented by thanks_hokkaido at 2017-08-30 23:02
ハル先輩を見習って、最近キャンプにはまっております。
いつでも遠出して写真が撮れるようにと、キャンプ道具をそろえだしてます。
まだまだ登山キャンプは敷居が高いので、キャンプツーリンググッズをあれこれと。

そしていつでも米を炊けるようにと、最近では家でキャンプ道具使って米を炊く練習をしてます。
30分水に浸して5分炊いてとかやってると、現像してた頃を思い出します。
きっと料理が上手な人は、現像が上手なのだろうなと思いました。
逆もしかり。

ハルレイさんの写真は白飛びが少なく、階調豊かな柔らかい印象です。
昨今のデジタル写真ばかり見ているだけになおさらそう感じます。
フィルムの良さを上手く表現されているようで
きっと、キャンプでも丁寧で美味しい料理をされているのではとそう思いました。
Commented by harurei at 2017-08-30 23:18
>おおじろうさ
そうそれ!
わしもキャンプ道具での炊飯や料理は自家現像的だと思ったww
時間を計って、チタンやアルミの容器に水や食材を入れたり火をかけたり。似てる。

白飛びの少なさ、階調の柔らかさは、まさにライカで写したモノクロフィルムの特徴なんよ~
そうした写真を撮りたくてライカに傾斜していったんさね。

キャンプはまりいいね!
きっとおおじろうさも思い知るだろう。
アウトドア沼はカメラ沼より深いことを・・・
で、キャンプいついく?(ぉ
Commented by aki-carvinglover at 2017-09-01 21:58
カメラ大丈夫そうですか?
元気になって戻ってくるといいね〜。

確かに謎のロシアンレンズ、味を消されちゃたまりませんなw
Commented by harurei at 2017-09-02 01:43
>あきさ
1か月くらいかかるらしいので気長に待つよー!
ほんと、謎のロシアレンズが普通のロシアレンズになってしまうさね(^-^;
名前
URL
削除用パスワード


<< 有楽町      CAFE NO.3 >>