2017年 06月 23日

恋するライカ8


凜々花の結婚宣言は美しい調べであった。
だけど僕は知っている。アイドル一人を愛することの苦しさを・・・


「何見てんの?」

背後から賀奈子が絡みついて、風呂上がりの火照った頬を寄せた。
しまった。耳からイヤホンを引き抜いてスマホを伏せたけれど遅かった。

「AKBじゃん」賀奈子はiPhoneを引ったくり、漆喰の壁に叩きつけた。
フローリングに滑る長方体を尻目に、彼女は「死ね」と言い落として寝室へ消えた。


工藤賀奈子はご当地アイドルグループ「HH365」の一員だった。

中でも一番人気。小柄で清楚な顔立ち、サイドポニーテール。
星の弾けるような笑顔の正統派美少女で、クッカーと呼ばれて愛されていた。

当時の僕は有名無名問わずあらゆるアイドルをチェックしていたので
時間の許す限り気になるライブに駆けつけていた。
学生の頃は自由な時間があったけれど、就職後もその情熱は変わらない。
土日を費やして顔を出し、給料は全てグッズに注いだ。

そんなアイドル中心の生活は僕の青春だった。
顔見知りの仲間も増えて、情報交換や場所取りを繰り返すうちに団結。
アイドルたちとの交流、オタクたちとの絆。
そんな環境に幸せを感じ得ていた日々。

しかし、HH365の撮影会で僕の人生は変わった―

フラッシュとシャッター音の連弾の中、ライカM2を構えてピントリングを
調整している僕に対して、あの工藤賀奈子が声を掛けてきたのだ。

「ライカ、わたしも好き!」

父親がライカを所有しており、よく撮られていたらしい。
人気アイドルが、まさかのライカ好き。
一眼レフが並ぶ中、ライカを小さく構える僕の姿は逆に目立っていたのかもしれない。
翌日、彼女のTwitterへ写真を送ってあげると
「お気に入り☆」そんなコメントが返ってきて有頂天になった。


「今度2人で話しませんか?」

TwitterにDMが届いた。送り主は工藤賀奈子。
コメントに返信することはあっても、アイドルが個人にDMすることはあり得ない。
何かの間違いか、オタク仲間の手の込んだいたずらだと疑った。
しかし、握手会で「DMしちゃった」と賀奈子にささやかれて本人の確信を得た。

その後の展開は夢のようだった。
数回やり取りした後、こっそり会い「一目惚れした」と告白を受けた。
ライカを構えている姿が忘れられなかったという。
こんな奇跡があっていいのだろうか。断る理由はない。
僕とアイドルとの交際がはじまり、秘密のデートを重ねた。
表向きは恋愛禁止のアイドル。もちろん誰にも言ってはいけない。
自然、オタク仲間たちと距離を置くようになったし
ライブに顔を出すこともなくなった。

そんな交際をはじめてから1年後。
僕は彼女の親に呼び出されて伝えられた。「娘が妊娠している」
そんな予感がしていた僕は結婚しますと即答。
彼女は事務所と揉めた末「体調不良」を掲げてHH365を脱退した。

ライカがきっかけで彼女は僕の人生の伴侶となったのだ。


壊れたiPhoneを拾いながら、その後の日々を思い返す。
そんな事由だから、オタク仲間に紹介も自慢することもできないし
地元を2人で歩くことも難しかった。見つかったら大変なことになる。
そして僕は他のアイドルのライブに行くことも、動画を見ることも禁止された。
また、彼女以外の写真を撮ることは許されなかった。
僕は彼女以外見てはいけなかった。彼女だけの生活となった。

ただアイドルたちの動向はこっそりスマホでチェックしていた。
先日ニュースで見た凜々花の結婚宣言は、どうしてもスピーチが聞きたくて
彼女の風呂タイムを狙って動画を見た。それがいけなかったのだ。

寝室の彼女に「ごめん」と言葉を置いて横に潜る。

これでよかったのだろうか。
生き甲斐だったオタク活動と仲間を損ない、写真の自由を失い・・・
僕は一人の元アイドルを得た。

僕が見ていたのは ”アイドル” という肩書で
彼女が陶酔したのは ”ライカ” というブランドだったのかもしれない。


------------------------------------------------------------------------

時事ネタ(;^_^A
もちろん今回も妄想100パーセントでお届け。

他の恋するライカシリーズと、短編小説は「小説」カテゴリから。
よかったらぜひm(__)m


# by harurei | 2017-06-23 12:02 | 小説 | Comments(10)
2017年 06月 20日

川越

d0316655_21060641.jpg
d0316655_21033246.jpg
d0316655_21035675.jpg

小江戸川越、小江戸栃木。
どちらも似たようなレベルだと思っていたんよ。

初めて川越に訪れた結果・・・

栃木惨敗。
栃木が小江戸レベル5だとしたら、川越は小江戸レベル200だったよ。



# by harurei | 2017-06-20 21:14 | Leica M6 | Comments(2)
2017年 06月 19日

JURIN's GEO

d0316655_22245995.jpg


# by harurei | 2017-06-19 22:29 | Leica M6 | Comments(0)
2017年 06月 18日

選挙活動

d0316655_23453630.jpg
d0316655_23455573.jpg
d0316655_23454719.jpg

こ、ここで!?




# by harurei | 2017-06-18 23:50 | Leica M6 | Comments(3)
2017年 06月 13日

GEN

d0316655_00125584.jpg


# by harurei | 2017-06-13 00:14 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2017年 06月 12日

真岡りす村ふれあいの里

d0316655_00263497.jpg
d0316655_00263912.jpg

りすと仲間たちに触れ合える動物園、真岡りす村。
栃木屈指のB級感。ゆるくて好き。


d0316655_00291795.jpg
d0316655_00265766.jpg
d0316655_00270220.jpg
d0316655_00271332.jpg


# by harurei | 2017-06-12 00:36 | Leica Ⅲf | Comments(3)
2017年 06月 09日

カメラ熱


こんばんは、栃木のプリンスことわしです(ぉ

お気づきの方もいるかもしれないが…
今わしの中で、空前絶後のアウトドアブーム到来中。

d0316655_22180224.jpg

常に空想パッキング。動画で気になるギヤチェック。
キャンプ系ブログをクリック。アウトドア雑誌片っ端からストック。

果たしてわしのカメラ熱は冷めてしまったのか―

例えば3万円あったとする。
以前だったら(レンズ出物あるかな、中古フィルムカメラも欲しい)と悩んださね。
今だったら・・・いい寝袋買うにきまってる!!

素敵な景観の写真撮りたい → 山登ろう~だったのが
山に登りたい、テント泊したい → ついでに写真撮るか・・・になっている。

曲りなりにもわしはカメラサークルの管理人。それがこの有様である。
写真に対する愛情が薄れているとしか思えないこの現状。メンバーに示しがつかない。

この際、ブログメイト名を「光のほそ道(アウトドアサークル)」に替えたりして。
撮影オフと思って参加したら、気づいたらキャンプ場にいた的な(ぉ

メンバーの困った表情が走馬灯のように駆け巡る。
ダンボー、カエル、ダンボー、カエル・・・

( ゚д゚)ハッ!

何を考えていたんや。写真があったから今のわしがある。
写真のおかげで楽しいメンバーたちとのつながりができた。
カメラあってこその仲間、カメラあってこそのわしだ~~
みんな、わしが間違っていた。
アウトドアサークルにしようと企んだりしてごめん(ぉ

そこで自分なりにアウトドアと写真の両立を考えてみた。

例えばキャンプ場で自家現像に挑戦してみる。
現像だけなら、現像タンクと各種液体を持ち込めばいい。
もちろん垂れ流すことはせず、使った液体は全て回収するんさ。
現像後の水洗行程が課題さね。とにかくやってみよう。
テントと木の間にハングストラップ渡して、フィルムを留めて棚引かせていたら絵になりそうでしょ。

もしくは、中判カメラを持ち込んで三脚に乗せて他の方のキャンプスタイルを撮らせてもらう。
お洒落なテントが多くて眺めているだけでも楽しい。声を掛けたら応じてもらえる気がする。
写真もアウトドアもより楽しめそう。

それに今月は秩父、下田と撮りたい旅が続く。
カメラ熱はまだまだ消えない(^.^)



# by harurei | 2017-06-09 23:26 | カメラ雑感 | Comments(8)
2017年 06月 06日

上高地2

d0316655_21242294.jpg
d0316655_21242744.jpg
d0316655_21243578.jpg
d0316655_21243915.jpg
d0316655_21244352.jpg


# by harurei | 2017-06-06 21:28 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2017年 06月 05日

5 HORN 上高地店

d0316655_22215323.jpg

濃厚で滑らかなくちあたりのクリームチーズと
果実味たっぷりで、酸味をおさえたブルーベリーソース。
上高地でしか味わえない五千尺伝統の味をご堪能ください。

レア・チーズケーキとコーヒーのセット、1,350円・・・
頼むしかなかった(;´Д`)



# by harurei | 2017-06-05 22:35 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2017年 06月 05日

つくばねオートキャンプ場

d0316655_01122088.jpg
d0316655_01012317.jpg
d0316655_01031441.jpg
d0316655_01013549.jpg
d0316655_01014049.jpg

ソロキャンプ2回目は、筑波山ふもとにある「つくばねオートキャンプ場」へ。

前回の無料キャンプ場と違って、何もかも整っていて利便的。
広場に出ると筑波山を眼前に望める。

のんびり豚肉とにんにくの芽で簡単バーベキュー。夜焚火。
朝はウインナーとコーヒー(ウインナーコーヒーではない)

虫少ない、洗い場きれい。トイレ近い(前回は歩いて5分・・)
とても気持ちいいキャンプ場だったさね。また来たい(^.^)



# by harurei | 2017-06-05 01:28 | Leica Ⅲf | Comments(0)
2017年 06月 02日

天才スナッパー


わしって天才カメラマンかも。

「いい写真」「物語が想像できる」「ずっと見ていたい…」褒めてもらえる。自分でも悪くないと得心。センスがあるのだ。努力して勝ち得たものではない。生まれたときから備わっている類い稀なる感性、才能。わしって天才カメラマンかも。

なんて夢のような思い込みを、跡形もなく灰にされた出来事があったので報告しよう。

先日のこと。社員旅行の下見のため、後輩くんと某観光地へ向かった。わしはルートの確認を行い、後輩くんには現地の様子を撮影してもらうためiPadを渡した。

写真を撮りはじめた彼を見て、わしは戦慄した。

腰掛けているお婆ちゃん、店頭で饅頭を売る女の子、談笑しながら歩いているカップル彼らの前に立ち、真正面でiPadを掲げて堂々と撮っている。遠慮なくレンズを向けている。人目を気にする、距離を置く、そんな概念がかけらもない。泰然と踊るように何枚も撮っている。

「おま・・何してんの・・」
「撮っています」それはそうだけど。

彼が撮った写真を見る。人が明瞭に描写されており、背後の景観が過不足なく縦構図に落とし込まれている。スナップ特有の後ろめたさがない。さりとてノーファインダー撮影に散見される退屈さとも違う。いい写真。

当然撮影に気づいて眉をひそめる人もいる。しかし後輩くんの邪気のなさ、無害さはまるで子供のようなのだ。「子供が撮るなら仕方ない。ま、いっか」そんなニュアンスで目こぼしされている。

無断撮影されても気にならない。許せてしまう。
そうした人柄や雰囲気は、決してつくれるものではない。まさに生まれ持った才能。

自分にはそこまでできない。勝てる気がしない。
天才スナッパーの発見に、わしは立ち眩みを抑えることができなかった。



# by harurei | 2017-06-02 02:21 | カメラ雑感 | Comments(6)
2017年 05月 29日

上高地

d0316655_00445642.jpg
d0316655_00543703.jpg

バスツアーで上高地にきたんさ。
AM5:10、大正池。
ここから6時間自由行動。とても寒い。


d0316655_00451184.jpg
d0316655_00495779.jpg
d0316655_01051996.jpg

河童橋に到着。暖かな日差しが沁みる。
穂高連峰の山容が見える。
頂上から上高地を望んでみたい。


d0316655_00454020.jpg
d0316655_00454542.jpg

梓川沿いを歩く。水透明すぎ・・・
ニリンソウ群生中。鳥がひとり言を言っている。


d0316655_00455868.jpg
d0316655_00494770.jpg

最後に明神池へ。
異次元の美しさ。

本当に来てよかった。
いつの日か、テント担いで穂高岳に挑戦するぞー



# by harurei | 2017-05-29 01:41 | Leica Ⅲf | Comments(7)
2017年 05月 23日

初ソロキャンプ

d0316655_23483226.jpg

前回は友人とキャンプしたけれど、今回は初のソロキャンプ。
家から車で5分、無料のキャンプ場へ。
日曜に一泊して翌朝出社する計画だ。

テント設営して夕方から一人バーベキュー。
暗闇の下で肉を焼く(焼け具合不明)

ついつい何もせずだらけてしまう。
蚊取り線香を焚き、まったりツイート。
写真は気楽に撮りたくて、ライカチェキしか使わなかった。

日曜にテント泊する人なんていないらしく
やがてキャンプ場に一人となる(管理人のおじさんは17時に帰った)

終始虫とのたたかい。
円弧を描きながら緩やかに寄ってくる虫、一直線に突っ込んでくる蜘蛛。
テント内にだけは入らないように注意していたのに・・・い、いるし!!
最終的に、多少は気にしないことにして寝た(ぉ

でもおもしろかった。山のテント泊に向けて少し前進。
みんなソロキャンプはじめれば、ソロキャンプオフできるのに(どんな)



# by harurei | 2017-05-23 01:57 | Leica SOFORT | Comments(13)
2017年 05月 18日

釈迦ヶ岳

d0316655_03002336.jpg

本来はツツジの名所。


d0316655_23454716.jpg

本来は美しい展望。


d0316655_23462930.jpg

小雨霞む中、登り4時間、下り3時間。
時期も気候も良くない、何もない山道をストイックに歩いた。

「熊が行動している形跡があります。充分注意してください」

登山口にそんな貼り紙があったので(遭遇したらどうする?)とシュミレートしながら歩く。
幸い鉄の塊(バルナックライカ)を首に提げている。これを振り回そう。
基本的に熊は人をおそれているし、臆せず大声を出せば逃げてくれる(はず)
しかし人を襲ったことがある熊は、実は人が弱いことを知っている。逃げるしかない。
できれば写真・・・1枚くらい撮りたい・・・無理か・・・・


d0316655_23471947.jpg

そんな緊張感もありつつ無事に下山。
テント泊デビュー目指して、徐々に経験値上げていくぞー



# by harurei | 2017-05-18 03:52 | Leica Ⅲf | Comments(8)
2017年 05月 16日

Cafe LeSiNa

d0316655_01164113.jpg


# by harurei | 2017-05-16 01:20 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2017年 05月 11日

いい写真


いい写真とは何か。

写真を撮る人はすべからくこの命題に突き当たる。
評価の高い作品に同調できなかったり、名もない写真に惹かれたり。
商業写真と芸術写真の「いい」は異なるから難解だ。

感性や経験、気分で写真の見え方は変わる。
大衆的な好みはあるけれど、正解はなさそう。
実際は人それぞれ、自分なりの基準で「いい写真」を判別している。

わしが思う「いい写真」の基準は、鼻につくかつかないか。
鼻につかない写真はいい写真。
どんなに上手い写真でも、鼻につくともうダメ。

例えばモデルさんのポートレイト。
美人、過不足のないライティング、良い構図。
そこにカメラマンの得意げなニュアンスが透けていると・・・
途端に鼻につく。自分の女気取りかっと思う(思い込み)

例えば絶景。
有名なロケーション。最適な天候と位置取り、意図したタイミングで捉えた1枚。
美しく夢のような写真だとしても、そこに虚栄心のテカりが見えるともうダメ。
途端に鼻につく。自分がこの情景を引き寄せたとでも言いたげだ(言ってない)

例えばフィルム写真。
ノートリミング、ノーフォトショでこの写り、どうよ?
的な自尊心がせりあがっている写真を見ると、呆れて肩をすくめてしまう。
聞いていないのに無加工アピールは鼻につく(わしやん)

例えば猫。
猫ブームだか何だか、猫撮っておけばいい風潮。
ブログタイトルに猫つけとけば見に来てもらえる的な(もらえない)
かわいい仕草、面白いポーズ、表情。みんな呆れるほど猫を撮るけれど
ひたすらあざとくて、鼻につ・・・かない!

結論: 猫写真はいい写真



# by harurei | 2017-05-11 03:09 | カメラ雑感 | Comments(14)
2017年 05月 09日

虹たるる

d0316655_00130080.jpg



# by harurei | 2017-05-09 00:23 | Leica M6 | Comments(3)
2017年 05月 06日

初キャンプ ふれあいキャンプ場

d0316655_02042168.jpg

GW、友人たちとキャンプ。
好天のキャンプ場。ファミリーでにぎわっている。
ソロの人なんていない。ソロキャンプブームとは何だったのか・・・

友人の持ってきた大型テントの横に、自分の1人用テントを設置。
この機に練習だ~

d0316655_02052747.jpg

即効で友人の子供に奪われるマイテント。

d0316655_02070672.jpg

お肉とてもおいしい。
わしはみんみんの餃子とイチゴを持っていった(栃木らしさ)

d0316655_02303603.jpg
d0316655_02080298.jpg

焚火とボードゲームで更ける夜。

d0316655_02335217.jpg

朝晩の冷え込み。
家のテント泊経験を活かして、防寒対策を強化したのでよく眠れた。
朝はホットサンドとコーヒーをいただく。
ソロキャンプだったら、こんな充実した朝は望めない。

d0316655_02100634.jpg

初キャンプとても楽しかった。
要領が少しわかったさね。
ソロで行うのは勇気いるけれど、やるぞ~



# by harurei | 2017-05-06 02:52 | Leica M6 | Comments(10)
2017年 05月 02日

レンズカフェ "ズマール編"



「ズマールをお願いします」


ボケ玉ズマール。
人によって好き嫌いが分かれるというこのレンズ。
人によって、というところがいかにもレンズ心を撫でる。
そう言われたら(自分なら使いこなせる)と信じて挑みたくなる。

ズマールを持ってきたホロゴンさんは肩をすくめた。
「これは気持ちが盛り上がらないレンズです」
不意の毒舌に面食らう。「見た目が地味で、ライカらしくなくて」

エルマー50/3.5と同じ沈胴式レンズ。
先端を引っ張り、半回転させてロックする機構。
確かに、エルマーの放つ老紳士然とした佇まいがズマールにはない。
ただカメラから張り出した円筒といえる。

「でも目を見張る写りをするときがあるので、一部に熱狂的な信者がいますね」
あなたはどうかしら。試されている気がする。


d0316655_00155911.jpg
d0316655_00243379.jpg

d0316655_00152000.jpg
d0316655_00154900.jpg

撮っていても手ごたえがなかった。
確かに気持ちが盛り上がらない。フィルム消費が進まない。

しかし、地味ならではの良さ。
人に向けても警戒されにくいと感じる・・・
何気ない場面、情景を自然にスナップできる稀有なレンズかもしれない。


次はどのレンズにしようかな。
悩んだ末、僕はホロゴンさんを呼んだ。

「注文します。借りたいレンズは―」



--------------------------------------------

ま、まさかの続編(1年以上ぶり・・・)
レンズカフェって何?という方は こちらをぜひ(^.^)



# by harurei | 2017-05-02 02:22 | レンズカフェ | Comments(7)
2017年 04月 29日

庭でテント泊

d0316655_16342165.jpg
d0316655_16285308.jpg

準備できた♪
雲行きあやしい。雷鳴っている。

悪天候シミュレーションしよう・・・
やばいときは家に帰ろう(ぉ



# by harurei | 2017-04-29 16:42 | Leica M6 | Comments(9)