カテゴリ:Leica Ⅲf( 247 )


2017年 10月 15日

普通のロシアレンズ

d0316655_22224303.jpg

綺麗になって戻ってきた某ロシアレンズの写り。
ふ、普通だ~

d0316655_20342709.jpg

傷が多くて写真展に出せなかった謎のロシアレンズの一枚(ネガが擦れていた)
印画紙をスキャンしてPCで傷を取ったさね(^.^)イイ



by harurei | 2017-10-15 05:55 | Leica Ⅲf | Comments(0)
2017年 10月 11日

京紫 灯花繚乱

d0316655_01051316.jpg



by harurei | 2017-10-11 01:10 | Leica Ⅲf | Comments(3)
2017年 09月 27日

【悲報】謎のロシアレンズ、逝く

d0316655_22413433.jpg

わしは野望を抱いていた。
今回の写真展で、謎のロシアレンズの良さを広く知ってもらえるといいなと。

謎のロシアレンズはジャンク品。レンズ前面が網目状に曇っている。
ヘリコイドが重くてピント合わせに永遠に時間がかかる。
絞り調整の部位が硬すぎて腕がもげそうになる。とにかく使い勝手が悪い。
でも・・・他にはない写りをするんよ。

写真展で興味を持ってくれる方がいるかもしれない。
そしたらこのレンズをもっと頻繁に使っていきたい。
そう思って修理に出したんさ。

滑りが良くなれば問題なくメインで扱える。
ただ、このレンズの良さ(幽玄な空気感、ときに繊細な描写)の主因は曇りにあるので
くれぐれも曇りは取らないように強調して修理をお願いしたさね。

そして先日―
修理から謎のロシアレンズが返ってきたんよ。



上から、下から、光に当てて、どこから見ても一片の曇りも見えない。
水晶のように輝いている。さすがプロの修理士、いい仕事するのう。



って、うわああああああああああああ!!



曇りがない(;´Д`)

わしは咆哮をあげて修理店に戻り、レンズを突き返して激昂した・・・りせず
(自分の伝え方が悪かったのだ、、普通は曇りが取れたら喜ばれるものだ、、)
と思ってあきらめた。どう怒っても、もう謎のロシアレンズは帰ってこない。

さよなら、謎のロシアレンズ。
いみじくも、このレンズ最後の描写となった尾瀬の木道のプリントを
monochrome life の展示場でぜひ!

はぁ・・・



by harurei | 2017-09-27 00:13 | Leica Ⅲf | Comments(12)
2017年 08月 18日

尾瀬で一番滑った男

d0316655_00235087.jpg

雨の尾瀬。どうしてもテント泊がしたくて連休最後に訪れた。
テント、寝袋、着替えや湯沸し道具を入れたザックは鉛。

尾瀬1日目
鳩待峠 → アヤメ平 → 見晴(テント泊)
徒歩5時間、雨時々曇り、木道で転倒6回。

雨の日に歩いてはいけないルートだった・・・
笹に覆われて、濡れた木道が渇くことがないから本当に滑る。
この日、尾瀬で一番滑った男と言っても過言ではない(ぉ
ぬかるんだ山道に靴下もズボンも泥だらけ。
(前記事の写真が撮れたことだけが救い)

尾瀬2日目
見晴 → 山ノ鼻 → 鳩待峠
徒歩4時間、雨時々曇り、転倒なし。

やっと尾瀬ヶ原を満喫。
しかし湿気にさらされ続けたマイライカが不調に。
フィルム送りノブを回すと嫌な手ごたえ。うまく送れない。
ピント合わせの窓が真っ白。ピント合わせられない。
今度晴れた日にまた撮りに来よう。

念願の山のテント泊、ちょっと山と違うけれど良しとしよう。
本っ当にザックが重くて景観楽しむどころではなかった・・・
そのうち慣れるんだろか(;´∀`)



by harurei | 2017-08-18 00:17 | Leica Ⅲf | Comments(5)
2017年 08月 17日

OZE

d0316655_00280702.jpg
d0316655_00183895.jpg
d0316655_00184565.jpg



by harurei | 2017-08-17 00:30 | Leica Ⅲf | Comments(9)
2017年 08月 03日

日影沢キャンプ場

d0316655_23171967.jpg

高尾山の麓にある日影沢キャンプ場でソロキャンプ。
無料なのにとても快適。トイレきれい、虫少ない。

高尾山に登るつもりで選んだ場所なのだけど、まったりしてしまい気力が・・・
案外、登山とキャンプのセットは難しいのやも。
登るときは登る。キャンプするときはキャンプに集中するのが良いね(^-^;

d0316655_23173288.jpg

テント張るのはもう6度目。慣れたものである。
隣に来たのは家族の集合体。ちっか。おとなしくしていよう・・・

d0316655_23173716.jpg

脇の林でオコジョ?を発見。
うす暗い中、細かく動くオコジョに対して・・・
フルマニュアル、ISO200で捉えたこの凄さ、誰かわかって(ぉ



以前描いたオコジョ。遭遇できる日が来るなんて!
夏は毛皮は茶色く、冬は白くなるらしい(^.^)



by harurei | 2017-08-03 00:51 | Leica Ⅲf | Comments(6)
2017年 07月 31日

猫とライカ

d0316655_22543091.jpg



by harurei | 2017-07-31 23:02 | Leica Ⅲf | Comments(4)
2017年 06月 13日

GEN

d0316655_00125584.jpg


by harurei | 2017-06-13 00:14 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2017年 06月 12日

真岡りす村ふれあいの里

d0316655_00263497.jpg
d0316655_00263912.jpg

りすと仲間たちに触れ合える動物園、真岡りす村。
栃木屈指のB級感。ゆるくて好き。


d0316655_00291795.jpg
d0316655_00265766.jpg
d0316655_00270220.jpg
d0316655_00271332.jpg


by harurei | 2017-06-12 00:36 | Leica Ⅲf | Comments(3)
2017年 06月 06日

上高地2

d0316655_21242294.jpg
d0316655_21242744.jpg
d0316655_21243578.jpg
d0316655_21243915.jpg
d0316655_21244352.jpg


by harurei | 2017-06-06 21:28 | Leica Ⅲf | Comments(2)