カテゴリ:カメラ雑感( 37 )


2017年 04月 22日

師匠


"師匠"と呼ばれることがある。


写真歴も実績もないのに師匠・・・?

いったい、わしの変わった写真観に共感を得たからだろうか。
そもそも弟子にすると認めた覚えがないし、一方的に呼ばれているから完全に押しかけだ。
といっても(気持ちだけは)うら若き女子に持ち上げられるのは悪い気分ではない。

そうなると認めた覚えはないけれど、一応弟子(仮)の写真が気になってくる。
ま、まあ師匠として見ておいてやるかという不遜な目線。
彼女たちが良い写真を載せていると誇らしい(←何も教えていない)
写真が他の方に褒められていると誇らしい(← 〃 )
微妙な写真を載せているときは・・・そっと顔をそむける(ぉ

何も教えないわしだけど、弟子に一つだけ言いたいことがある。

”自分のセンスを活かして”

人のセンスを真似して背伸びしても光はのらない。
そういう写真は見てわかってしまう。顔そむける(ぉ
せっかくそれぞれのセンスを持っているのだから
自分の目線で、こだわりで、光を紡いでほしい。

それでも・・・
もしわしのように撮りたいと言うのなら

・フィルムしか使わない
・露出補正をしない
・傾き補正をしない
・トリミングをしない
・ウォーターマークを入れない
・タイトルにこだわらない

以上を守ること(要するに何もしない・・・)
これはわしだから活かせるわしのセンスなんよ。
なぜ何もしないことが良いのか、自分には解釈がある。
ただ真似してもコピーになるだけ(そもそも真似したくないさねw)


でもなぁ・・・
どうせ弟子を取るならもっと素直でやさしい子がよか(バシッ



by harurei | 2017-04-22 00:02 | カメラ雑感 | Comments(8)
2017年 03月 17日

昔の写真


PC不調により、古いノートPCを引っ張り出したんよ。
ここにはフィルムカメラをはじめた頃の写真が入っている。
当時はどんな感じだったかな。

d0316655_23363952.jpg

いい・・・!

何も考えずに撮っていたスナップの数々が出てきた。
迷いがないし澱みもない。

d0316655_23292869.jpg

どの写真も何か雰囲気がいいんだ。
当時のわし、やるのう。

最近のわしは変な理屈をこねてばかりさ。
昔と比べて良くなっているのだろうか。あやしい。

先日撮った写真と比べてみよう。

d0316655_00463988.jpg

いい・・・!

結論:わしは自分の写真が好き(ぉ



※もうすぐ環境戻るので、ブログ&サークル活動再開するさねm(_ _)m



by harurei | 2017-03-17 00:17 | カメラ雑感 | Comments(14)
2017年 01月 27日

三脚


最終的にライカとローライに行き着く。

中古カメラ屋の店主の言葉。
カメラは数あれど・・・
ベストはライカとローライだと言い切っていたんさ。

カメラ界は、ブランド力と実力が一致している感じがする。
(例えばゲーム界は一致していない)

ところで、以前の記事で「自分には三脚が必要!」と思い至ったわし。
三脚について何も知らないので調べたし、店頭で動かした。
いいと思った三脚はブランド力MAXのジッツォ。
評判を見ても相当愛されている。実際使い易いのだろう。
しかし高すぎる・・・とても買えない(約10万)

最終的にライカとローライに行き着く。
店主の言葉がよぎる。

三脚も同様で、最終的にはジッツォに行き着くのではないか?
写真に真剣に取り組むのであれば、迷わず手に入れるべきなのでは?

トラベラーやマウンテニアなど各シリーズの違いを知り
実売価格、オークションの落札相場も確認。目星もついた。

そうして―
遂に購入した三脚がこちら。












重量312g
軽い、簡単、めっさ楽!

ジッツォなんて忘れて、安さと手軽さに走った(ぉ
M型ライカくらいなら平気そう。
早速週末のミニオフで実践投入じゃ(^O^)


d0316655_00134750.jpg


by harurei | 2017-01-27 00:23 | カメラ雑感 | Comments(16)
2017年 01月 13日

図書館


図書館を出て車に乗る。
枯野色の空、雨粒が糸を引いている。
冷えても胸は熱を帯びたまま。

4時間ほど写真集を見ていた。
図書館に並んでいたモノクロフィルムの写真家は
アンリカルティエブレッソン、ドアノー、木村伊兵衛、土門拳。
彼らの写真を何枚も見たのは初めて。
ライカ、ローライ、大判、使っているカメラを意識しながら写真をなぞる。

わしは美術館で絵を見ると「自分も描ける」と思う。
実際描けるかは置いておいて(置くんかい)
こうやったら描けそうだ・・・と自分の中で解釈できるんさね。

写真はそう思えるだろうか。
見ると、自分の写りとまったく違っていた。
1枚1枚が作品だったんさ。スナップなのに。
具体的に感じた違いは、写りの明快さと構図。
自分の写真は心底ぼんやりした写りで、意図がなかった。

でもおそろしいことに「自分には撮れない」と思わなかったんよ。
こうやったら撮れそうだ・・・と想定したことは

1. 三脚を用意すること。
2. 自家現像の停止工程は停止液を使うこと(水で代用していた)
3. 撮るときの心掛け(作品をつくる意識)を持つ。

往年の写真からこれだけ自分の取り組みを改めるきっかけができた。
もっといろんな図書館に寄って写真を見ていきたいのう。

図書館によって蔵書している写真集が様々だと思うので
いろんな地域で立ち寄ってみると面白そう(^_^)



by harurei | 2017-01-13 01:26 | カメラ雑感 | Comments(8)
2017年 01月 09日

俳句のつくりよう


昨年末、スナップを撮る意欲を失い写真から離れた。

表現が狭められていく写真より、俳句のほうがいい。
何かに縛られることなく思うままに詠める。
今からはじめれば、60歳頃にはそれなりに詠めるかも・・・

高浜虚子の「俳句のつくりよう」という本を読み、文中の一節に手を止めた。

同じ一輪の落椿を見てもまた一羽の揚雲雀を見ても、
そこにその人が人生に対して深い味を持っている人と、
持たない人にとっては大変な相違がある。

同じ対象について詠んでも
その句が纏う気配や情感は、詠む人によって違うという。

写真にも通じる。
誰が撮っても同じ写真ができるのではなくて
深みのない人が撮ると薄い作品になるということ。
深みとは、人生経験や人柄や、鬱屈した精神など色々だと思う。

洋々と人を撮り、載せて、スナップの閉塞感の打破をうそぶいていても
深みがなければサガミ並みに薄い。本物とはいえない。
深みがあれば、ただ目に留まる情景を撮るだけで相応の写真を描けるのだ。

スナップをどう撮るか?という次元ではなくて
まず普通の場面を普通以上に撮れるようになること。
スナップを語るのはその後の話だと気づいたった。

そして、ちゃんと昔の巨匠の写真を見ようと思った。
過去に影響されると新しい表現ができない。
過去に習うことは特にない、と思い込んでいたけれど
また高浜虚子の言葉にそうではないと気づいて。

新しいと申すことは古いことを十分に研究した上で申すべきことであります。
「新」ということは相対のことであります。
十分に古いことを研究せねば何が新しいのだか古いのだか判ろうはずがありません。

新しい句は、目をねむって古人の句を見ずにおればできるというのは
卑怯な申し分であります。古人の句を見るがために古人の句になずんでしまって、
それ以外に一歩も踏み出すことができぬという人は、たとえ古人の句を見ずにおったところで、
それ以外に一歩も踏み出すことの出来ぬ人であります。
少しでも芸術的才能を持っている人であったら、
たとえあけくれ古人の句中につかっていてもいつしかその個人性を発揮して
何人も模倣することをゆるさない自己の新境地をひらき得るのであります。

まったく写真に通じる。
モノクロフィルムの偉大な先人たちが大勢いる。ライカ使いも共通。
今まで避けていたのがもったいない。刺激を受けないわけがない。
意欲出てきた。俳句は先の楽しみにして、今改めて写真に臨むさね。



by harurei | 2017-01-09 10:48 | カメラ雑感 | Comments(8)
2016年 12月 04日

Life Is Strange

d0316655_01365156.jpg

写真学校に通う女子高生を操作するゲームをしている。

アンリ・カルティエ=ブレッソンやダゲレオタイプなど
写真好きなら何か聞いたことあるような単語がよく出てくるんよ。
ポラロイドやライカ(っぽい)カメラ、所々機材や写真が置かれていて楽しい。

・・・でも、写真を上達させて入賞を目指すゲームではない(ぉ






どんなゲームか興味ある方はよかったら(^_^)ミテネ



by harurei | 2016-12-04 02:02 | カメラ雑感 | Comments(8)
2016年 11月 12日

ストリートスナップ


以前、サークルの掲示板でストリートスナップのお題になったときに
ストリートスナップから派生して肖像権の話題になったんよね。
この機に抜き出してみた。


No.1097 by (=^・^=)ねこ さん 08/10 19:11
こんにちは。
streetsnapの意味がわからず、みなさまの写真を拝見して
勉強させていただいておりました。
「街フォト」と理解すればよろしいのでしょうか?

No.1098 by teruvanvan さん 08/10 22:13
広義的には、『街フォト』ですね。『street』→『街道』→
『街の通り』→『街中の瞬間』みたいなイメージですかね?

No.1099 by アラミス頴娃@マスケティアズ さん 08/10 22:44
テーマについて、こんな風に質問があったことって、
多分これまで無かったんじゃあないでしょうか(^^)/ いいですね、かういふの。
スナップって、撮るべき対象が明確にカテゴライズされてない「その他」になると思います。
だから、出展者がstreetsnapですといえば、それはstreetsnapなんだと思ってます(^^)。
それだけ、曖昧なもの。でも、写真ってものの本質には、一番近い。といふ、個人意見です。

No.1100 by おおじろう さん 08/10 23:10
たしかにStreet Photoとはといわれると本当に曖昧ですね。
道を歩いていて出会った気になるものを、
その一瞬の心躍った気持ちを、色あせる前に撮った写真といったところでしょうか。

Street Photoらしいといえば、都会のコンクリート道路を散歩していて、
出会った人物や看板や小物を、広角レンズでとって、
道路が背景に写っていたらなお、Street Photoらしいなぁと感じますが。

ただ言葉の意味から捉えるに
田舎道だろうが山道だろうが獣道だろうが
道は道なのだと私は思うのです。

そう考えると選ぶ写真も広がりませんかね。

No.1101 by londonphoto さん 08/11 15:28
私もstreet snapというのはかなり広い範囲でとらえてますね。
まあ、私の場合はもともとが単純で大雑把な人間なのですが。

No.1103 by (=^・^=)ねこ さん 08/11 19:09
道が写ってりゃいいのかな

No.1104 by kirin さん 08/11 22:12
こういうお題を提示されるとやっぱり、道が写っている方が良いのかな…
などと思ったりしますが、自称ストリートスナップは、
道をぶらぶらして目についたものを撮るスタイルです。
ここ2年くらい一番気に入っているスタイルです*^^
王道はやはり、森山大道さんでしょうねー*^^*

No.1105 by アラミス頴娃@マスケティアズ さん 08/11 22:17
悩みながら迷いながらやつてますよ?あたしなんざ何年も(^^;
で、たまに今月みたいな写真雑誌の記事を横目で見て一喜一憂したりしてね。
撮る対象が明らかな分野ですと、撮りたいもの、例へば鳥とか花とか
電車とかを研究するやうですが、スナップですと、写真そのものを研究するやうだと思ってます。
明快に答えられるヒトはなかなかいないのではないか知ら。

No.1108 by pote-sala さん 08/12 07:48
道で撮ればストリートスナップ?
道が写っていればストリートスナップ?
でも風景写真とも違って、そこに写る人間模様があったり、
流行があったり、さりげない生活観があったり。
あ!動物模様もあるよね!!
皆さんのお写真見ながらお散歩気分味わっています。
ねこさんが「ストリートスナップって?」って投げかけてくださったことで
自分ももう少し考えなきゃな・・って| 柱 |ヽ(-´ω`-。)反省。

No.1113 by アラミス頴娃@マスケティアズ さん 08/12 22:12
やつぱりね、あたしも、人なんです。興味の矛先は。
人の営み、生活感。
このくらいにしますが、なにかしら推測できるやうな痕跡が、
あると楽しいのですね(^^)ベタに申しました(^^)/

No.1114 by (=^・^=)ねこ さん 08/13 16:53
思い出しました。
ちょっとだけ昔には わたしもばんばんスナップを撮っていたのです。
あるとき、「肖像権」について、自分なりに深く勉強する機会がありまして。
舞台で演奏する友人に聞いても、勝手に載せられるのは嫌だ、と。

そのあたりからですねぇ。
ヒトのはいった写真をほとんど撮れなくなったのは。
ヒトをいれるにしても 身体の一部か、点景か、
とにかく どこのだれかを特定されないこと、というのが鉄則になりました。
あ、これは 「ねこの掟」です。

だからなのかぁ・・・・
ず~~っと 花を撮り続けていたのは・・・・

ちょっと頭を切り替えてみたくなりました。
こちらの掲示板のおかげです。

みなさま ありがとうございます。

No.1115 by kirin さん 08/13 17:30
ほんとそれな^^;
上手く顔が隠れてくれたらナイス!って感じです。
後ろ姿なら、勝手にOKにしています。

No.1116 by bigtiger さん 08/13 18:53
確かに肖像権はストリートスナッパーにとって重大問題ですよね。
おっしゃるように私も人物は後ろ姿、顔はせいぜい横顔で見せる程度、
場合によっては、このお作品のようにマネキン?を入れてみたりと
色々やっています。勿論ひとこと承諾のお願いをしたりもしますが
これが結構勇気がいるのですよね。

No.1117 by jin さん 08/13 22:02
肖像権。
難しいですが、わたしも気にしています。
スポーツを撮影する有名な方にお聞きしましたが、
スポーツの写真の写真展を行うときは”報道”という名のもとに実施されるとか。
むろん、職業になさっている方なので注意深く対処されていらっしゃるようです。
個人的には、人の価値観もそれぞれなので、正解は沢山あるように感じています。

No.1118 by Alcedo さん 08/13 23:02
僕は街中でカメラを構えるのはハズカシイし、写す人に許可を貰うのはもっとハズカシイから、
ストリートスナップはほとんど撮らないです。でも、海外だと結構平気で写しますね。
やっぱり観光地だから「あんたを撮りたいわけじゃないんです」オーラが出ているんでしょう。

No.1122 by アラミス頴娃@マスケティアズ さん 08/14 22:26
街中写真でいろいろご意見と取り組みを拝見しました(^^)
撮りたいと思う気持ちはある(けど撮らない)って方が、圧倒的に多いですね。
安心しました。やっぱり魅力的なんです。人間。
あと、自分が旅行者の時には、気にせず撮れる。ってご意見。
私も以前そう思ってたんです。
なら、常に旅行者でいればいいんじゃないか。
近所だろうとホントの旅先だろうと、初めてここに来た人の気分で、
自分はいつもいる場所を歩いてるわけじゃない、非日常にいるって常に思って撮ってます。
権利関係云々は、皆様のご存知の通り。相互に権利のある状態です。
問題のある行為をしているわけではないので、その辺りは自信を持ってやってます(^^)/

No.1123 by teruvanvan さん 08/14 23:23
スナップは、堂々と撮れる物と隠し撮り的に撮る物とが有りますかね?
誹謗中傷的な物や、猥褻な物で無ければ良いかな?と位な感覚で撮ってます。


-----------------------------------------------------------------

スナップの広義の中で、みんな自分なりのルールを設定して
納得のいく解釈で撮影に望んでいるんさね。

一方で「魅力あるから撮る」と正面からスナップに取り組む人もいる。
それを(そういう写真撮って大丈夫かな・・)と周囲が問題視してしまう。

写し方は人それぞれ。確たる基準がないからみんな試行錯誤している。
窮屈な面もあるけれど、逆に捉え方から人柄が見える部分でもある。
そう考えると、やっぱり写真は面白い。



by harurei | 2016-11-12 22:52 | カメラ雑感 | Comments(6)
2016年 11月 11日

盗み撮り

先日投稿した写真について、リア友から指摘を受けた。
「盗み撮りのように見える」「人にカメラを向けるのはモラル的どうなの」

d0316655_21524955.jpg
d0316655_21525811.jpg

1枚目は後ろ姿。2枚目、顔は隠れている。
信号待ち、眼下の交差点を見る女性。
午前9時アメ横前の一コマを捉えた写真。

盗み撮り?
何て言い方。アンリ・カルティエ=ブレッソンや木村伊兵衛をはじめとした著名な写真家は
盗み撮り、すなわちスナップで名を残した。

しかし、スナップと言うと芸術味を帯びるけれど、実体は盗撮と変わらない。
このネット時代。「撮られること」は「未知の誰かに見られること」と同義といえる。

友人の指摘を真摯に咀嚼してみる。

要するに、現代におけるスナップは単なる「盗撮」で「モラルに欠ける行為」
しかも見る人に(大丈夫なのかな)と不安、あるいは不快感をもたらす写真であり
即ち撮影者は常識的感覚に乏しいと判断される。

スナップは表現方法として許される手法と思いこんでいた。
確かに写真文化の浅い当時は確立していたのかもしれない。
しかし今では大衆感覚からかけ離れて・・・とっくに死んでいるのだ。

いいと感じた瞬間をそのまま撮ることが写真の神髄。
そう考えて堂々とスナップに取り組んでいた。今は限界と窮屈さを感じる。

世間との隔たりを気にせず邁進するか、違う表現(俳句)へ向かうのか。
それとも、迷いを道程と捉えて新たな光を探すのか。

気づいたら、光のほそ道が俳句サークルに(ぉ



by harurei | 2016-11-11 23:48 | カメラ雑感 | Comments(14)
2016年 10月 07日

フィルム


最初はわしもデジタルで写真を撮っていた。
何枚も撮り、画像補正して、トリミングして、角度変えて、自分の感性に引き寄せる。
それは刺激のある作業で、納得できるまで調整を繰り返した。

写真は面白いなぁ!と満足していたけれど
フィルム写真を見て手を止めた。

奥行きがあり、空気が充ちている。デジタルと違う・・・

d0316655_00295851.jpg

フィルムは空気も一緒に写しているように見えた。

自然の感性そのままの肌触りがあるから、見る人は共感できるし、シンプルに受け取れる。
(フィルム写真を見て心地よさや馴染みを感じるのはそのためだと思う)

デジタルの美しさは目を惹くけれど
わしはフィルムの俳味に心を奪われた。
フィルムに画像補正は必要ない。そのままがベスト。

野良シャムとの微妙な空気感が伝わるはず(ぉ



by harurei | 2016-10-07 01:28 | カメラ雑感 | Comments(12)
2016年 09月 07日

山とカメラ


山登りにカメラを持っていくのは大変。

コンパクトカメラなら手軽だけど
一眼や金属製カメラの重さは堪える。

ザックを背負い、その上からカメラを提げるから
とにかく首回りが耐え難い。

そこで紹介する便利アイテムがこちら。

これを取り付けることにより
ザックの中央上あたりにフックが追加される。
そこにストラップを引っかけて使用するんよ。
ストラップが首回りに当たらないので負担を軽減できる。

わしは2年前からこれを使って登山している。
重いライカや二眼を持ち歩いても平気なんよね。

また最近こんな商品を発見。

これを用いるとショルダーベルトの
上部2カ所にフックが追加される。
ツルカメに比べて引っかけやすいし、安定して良い。
用途は一緒。でもこっちのほうがより良いかも。

ザックの種類にも左右されるので要確認だけど
山でのカメラの取り回しに悩んでいた方におすすめ。
正直高いけれど価値はある。

あとこちらの漫画もおすすめ!

影響を受けてメスティン(飯ごう)買ったったw

週末八ヶ岳に行ってくる~
昨年は星撮りに挑戦したんよね。
今年の目標は、ネット写真展に載せられるような
熱い写真を撮ることじゃ( ^o^)ノ



by harurei | 2016-09-07 13:45 | カメラ雑感 | Comments(8)