カテゴリ:レンズカフェ( 2 )


2017年 05月 02日

レンズカフェ "ズマール編"



「ズマールをお願いします」


ボケ玉ズマール。
人によって好き嫌いが分かれるというこのレンズ。
人によって、というところがいかにもレンズ心を撫でる。
そう言われたら(自分なら使いこなせる)と信じて挑みたくなる。

ズマールを持ってきたホロゴンさんは肩をすくめた。
「これは気持ちが盛り上がらないレンズです」
不意の毒舌に面食らう。「見た目が地味で、ライカらしくなくて」

エルマー50/3.5と同じ沈胴式レンズ。
先端を引っ張り、半回転させてロックする機構。
確かに、エルマーの放つ老紳士然とした佇まいがズマールにはない。
ただカメラから張り出した円筒といえる。

「でも目を見張る写りをするときがあるので、一部に熱狂的な信者がいますね」
あなたはどうかしら。試されている気がする。


d0316655_00155911.jpg
d0316655_00243379.jpg

d0316655_00152000.jpg
d0316655_00154900.jpg

撮っていても手ごたえがなかった。
確かに気持ちが盛り上がらない。フィルム消費が進まない。

しかし、地味ならではの良さ。
人に向けても警戒されにくいと感じる・・・
何気ない場面、情景を自然にスナップできる稀有なレンズかもしれない。


次はどのレンズにしようかな。
悩んだ末、僕はホロゴンさんを呼んだ。

「注文します。借りたいレンズは―」



--------------------------------------------

ま、まさかの続編(1年以上ぶり・・・)
レンズカフェって何?という方は こちらをぜひ(^.^)



by harurei | 2017-05-02 02:22 | レンズカフェ | Comments(7)
2016年 02月 07日

レンズカフェ "アンジェニュー"



「レンズカフェ"アンジェニュー"へようこそ」


女性店員が寄ってきて頭を下げた。
彼女は僕を席に導いて、メニューボードを広げて敷いた。

「当店はレンズ貸し出しとカフェを提供するレンズカフェでございます。
こちらがメニューになります」

レンズカフェ"アンジェニュー"

西川口にオープンしたのは半年ほど前のこと。
メイドカフェ、執事カフェ、猫カフェ。カフェ形態は数あれどレンズカフェは珍しい。
コーヒーを嗜みながら、レンズの鏡台を眺める変態志向のカフェではない。
マウント群から希望のレンズを借りて、自分のカメラに取り付けることができる。

価格体系は2通り。

・店外持ち出し不可。店内と屋上庭園で試写できる安価な『2時間レンタル』
・持ち帰り可能。ただし割高な『1週間レンタル』

手頃な『2時間レンタル』が人気らしい。
各テーブルにPCが備え付けられているから、撮影した画像を取り込んで閲覧できる。
珈琲を楽しみつつ、じっくりレンズの性能を精査するのだ。

しかし僕のようなフィルム派は1週間レンタルが望ましいと思えた。
その場で確認できないし、せっかくだからいろんな場面で写りを試してみたい。

メニューボードは葡萄色の額装で整えられていた。まるでワインリスト。
筆記体で列記されたレンズ名。その下にレンズの特徴とレンタル価格が併記されている。

「ご希望のレンズが決まりましたらお呼びください」

案内を終えると、女性店員は僕に笑顔を向けて丁重に頭を下げた。
サイドアレンジの毛束が、猫の尻尾のように頬の脇を流れる。
ふと胸元の名札を見ると「2代目ホロゴン」と書かれていた。

「ホロゴンさん?」思わず問いかける。
彼女は僕の目線に頷いて「はい、店員はレンズの名前を付けることになっていまして」
笑みを湛えたまま答えた「響きが可愛いので、私はホロゴンを選ばせてもらいました」
当初ホロゴンは他の女性が名乗っていたが、先日その女性が退社してしまったので
彼女が2代目ホロゴンを襲名したのだという。

どのレンズにしようか。
ライカ使いの僕は、L型、M型から選択することになる。
本来ライカレンズは高くて、中々手を出すことができない。
ここでなら気軽にレンズを試すことができそうだ。

悩んだ末、僕はホロゴンさんを呼んだ。

「注文します。借りたいレンズは―」




---------------------------------------------------ーーーーー

"恋するライカ"と並ぶ新コーナー"レンズカフェ"の導入編~

「レンズカフェで借りたレンズを試していく」という設定で
いろんなレンズの作例と感想を、追々記事にしていくさね。

実際、縁あってお借りしているライカレンズが手元にあるのだけど
今までレンズについて語ることはあまりなかった。知識ないし。
だから収差がどうこうとか、光学性能を語ることはできない。
でもわしはレンズを付けているときの心象を記したい。

例えば、大胆にスナップできるレンズと、躊躇するレンズがあるんよ。
スナップに向かう心意気が変わる。
それはレンズの性能とは離れた部分で写りに影響するんさね。

そうした観点から書いていこうと思う(^_^)/




by harurei | 2016-02-07 08:46 | レンズカフェ | Comments(15)