<   2014年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 29日

MountainOceanSun

d0316655_22552317.jpg



by harurei | 2014-01-29 23:11 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2014年 01月 27日

水彩おこ

d0316655_21060800.jpg

たまに水彩画~
オコジョ・・・のつもりw
胴体ながすぎ!バランス難しかったな。

絵は見たままに描ける自信ある。
でも写真はまだまだ手探り~
その手探りが最高に楽しいさね(^o^)




by harurei | 2014-01-27 21:31 | 水彩画 | Comments(4)
2014年 01月 24日

ケンタ2

d0316655_23325726.jpg



by harurei | 2014-01-24 23:45 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2014年 01月 23日

しだれ桜

d0316655_23475394.jpg
d0316655_23365392.jpg
d0316655_23362052.jpg

枯れていても美しい・・・

まったく桜ってやつは・・・





あれ、これ柳かな(ぉ



by harurei | 2014-01-23 23:56 | Leica Ⅲf | Comments(5)
2014年 01月 19日

初スキャン

d0316655_22391506.jpg

前回の自家現像したフィルムをスキャン♪

スキャナーをどうするか散々迷ったんだれど、普通のスキャナーでも
をモトシさが教えてくれたので、一般的なフラットヘッドスキャナに的を絞った。

そしたらフィルム差し入れ口付きのフラットヘットスキャナGT-F570を発見。
ハードオフでジャンク扱い2,100円!
試すには後悔しない金額だし、どうせならフィルムそのままスキャンできたほうがいい。
まずは埃や指紋は気にせずに挑戦だ~
そしたら・・・

d0316655_23180319.jpg

できた、できたよ!
全然使える~


自分で撮影して、現像して、スキャンしてブログにUPまでできた。
絵を描き上げる感慨とは違うものがあるんだけど
写真に対する愛着が増幅する感じさね。

これでラボで現像してデータ化するよりも、早いし安くアップできる。

しかし―


自分でやるのは結構手間(^_^;)

現像は温度管理大変だし、終始気が抜けない。
スキャンも時間かかるし、埃入らないようにするのが大変。
慣れと気持ちの余裕が必要だとよくわかった。
でもこれは挑戦してみないとわからなかった実感さね。

だから余裕あるときは自分で現像して、時間ないときはトイラボに依頼する。
そんな使い分けをしていこうと思ったよ(^_^)



by harurei | 2014-01-19 23:36 | そのほか雑感 | Comments(4)
2014年 01月 18日

晴れた日に

d0316655_00441733.jpg

東京で、山手線沿線をまわって、撮って、フィルムたくさん使いたい。



by harurei | 2014-01-18 01:00 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2014年 01月 17日

カメラ雑誌

d0316655_01442326.jpg

1年前はカメラ雑誌なんてスルーして、サッカーダイジェストあたりを読んでいたけれど
今は本屋に行ったらまずカメラ雑誌。手当たり次第に立ち読みして、気に入ったら購入。

唯一 Camera Magazine はフィルム情報中心で気に入っていたのだけど
最近はデジタル情報比率が高くなってかなしいな(・_・、



by harurei | 2014-01-17 02:11 | Leica Ⅲf | Comments(6)
2014年 01月 16日

エルマーと竜

d0316655_00205836.jpg


エルマーと竜を表現してみますた。



は?どこが?

うっすら飛行機雲が見えるでしょ。

これが竜。

そしてレンズがエル(ばしっ



by harurei | 2014-01-16 00:39 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2014年 01月 15日

snap

d0316655_00495150.jpg
d0316655_00513529.jpg
d0316655_00500110.jpg

現像成功した(^o^)イヤッホー
しかしフィルムスキャナがないので、取り込めない・・・
ただいまスキャナ厳選中。GT-X970がベストチョイスっぽいかな!

せっかくいいペースで更新続いているから
とりあえず前に撮ったスナップ貼ろうw



by harurei | 2014-01-15 01:00 | Leica Ⅲf | Comments(3)
2014年 01月 12日

初自家現像

d0316655_22283434.jpg


自 家 現 像 初 挑 戦 !


現像には暗室が必要だと思い込んでいたけれど
実はそうではない~

フィルム写真が完成するプロセスには3つの段階があって

撮影 → 現像 → プリント

暗室が必要なのは最後のプリントだけ。
現像まではどこでもできるんよ。

といっても明るい部屋で未現像のフィルムに光を当てたら
全て感光して真っ黒になってしまう。

そこで―
ダークバッグという便利アイテムがある。
名の通り真っ黒な袋。

ここに撮影したフィルムと現像タンクを入れる。
そして手をつっこんで、中でフィルムを抜き出し、タンクに巻いてフタをしめる。
タンクの中には光が入ってこない仕組みになっているから
セットした後は外に出しても平気なんさね。

後は外で数種類の薬品を入れたり振ったりして現像されるのだ。

暗室がいらないなら、現像まではわしにもできそう。
そう思い、機材を譲っていただいたり、ネットで調べたりして、
とうとう今日実践したのさー!


結果―



d0316655_23152642.jpg



現像キター!!

いい具合に像が浮か・・・

あ、あれ?

半分、いや半分以下しか現像されてない。
なにこれ?

現像タンクに隙間があって、上半分が光に浸かってしまったのか。
そう考えて力が抜ける。
ちゃんとセットしたはずなのに、どうすればよかったのだろう。

「液量が少ないのでは?」との意見をいただき・・・わかった!
ネットで250MMのマスコタンクでの手順を参考にしながら
250MM分の薬剤を調合して注いでいたのだけど、
わしが使用していたのは450MM相当のリールタンクだった。

そう、フィルムが液に浸りきっていなかったのである・・・


華麗に失敗してしまったけど、現像された部分は美しい像を描いていた。
そのフィルムをカメラで撮り画像処理でネガを反転させたのがTOPの画像。
いい感じ!手順は間違っていなかったのだろう。

寒い部屋で液温を管理する難しさ、手順の煩雑さがよくわかった。
でも撮った写真により愛着がわいてくるさね~

次は・・・成功させたいw



by harurei | 2014-01-12 23:43 | そのほか雑感 | Comments(4)