<   2014年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 29日

新型コペン

d0316655_23340147.jpg

ほすぃ・・・



by harurei | 2014-06-29 23:35 | Leica Ⅲf | Comments(5)
2014年 06月 28日

ライカは人を呼ぶ

d0316655_15093575.jpg
d0316655_15091606.jpg
d0316655_15085068.jpg


絵は人を写す鏡。
線と色、筆の運びで、その人が何となく見えてくる。
ルノワールの明るい色彩が年代によって移ろいゆくのは、心境や体調の変化に合致する。

写真は違う。機械が撮るものだから誰が撮っても同じ。
まして人の感情が出るものではない。
わしはそう思っていた。

でも・・・自分の写真を見て「やさしそう」「暖かい」と感じてもらえることがあり
それは何なのかと考えたとき、気づいたことがある。

ライカも人を写す鏡なのではないか。

レンジファインダーだから、機械式だから、フィルムだから。
理由はよくわからない。総じて「ライカだから」と言うしかない。
人は、ライカの写真に捉われる。撮った人の感情が見えるから。

ライカは人を呼ぶ、と聞いたことがある。
それって正しくは「ライカで写された写真から浮かぶ人物像に対して、
他人が共感を得て、つながりができる」ことを言うのかもしれない。


d0316655_15102452.jpg



by harurei | 2014-06-28 16:11 | カメラ雑感 | Comments(4)
2014年 06月 27日

逃げない猫

d0316655_23480930.jpg


ふああ、逃げない猫発見!
猫バリアを侵して逃げられる日々、心が折れかけていた。
ようやく逃げない猫に出会えた。うれしい。
君を待っていたんよ。思う存分撮らせて。まずは一枚、ピントを合わせて―

そのとき路地から高校生集団あらわる。
「あ、ねこだ」「かわいー!」
わしは空気の読める大人・・・。慌てて撮って、やんわりその場を後にする。

そんな唯一の一枚(>_<)



by harurei | 2014-06-27 00:05 | Leica Ⅲf | Comments(4)
2014年 06月 26日

スカイツリー

d0316655_00262154.jpg

曇ってた~!



by harurei | 2014-06-26 00:28 | Leica Ⅲf | Comments(4)
2014年 06月 24日

SNAFFLE'S


d0316655_23173275.jpg

洋菓子やさん。
サッカー押しをしていてさ、選手入場のときに流れるFIFA公式アンセムを流し続けていたよ。
わしはちょっとあがったけど、ケーキを選ぶ雰囲気はなかったw


d0316655_23172539.jpg



by harurei | 2014-06-24 23:30 | Leica Ⅲf | Comments(0)
2014年 06月 23日

函館の夜

d0316655_23202855.jpg



by harurei | 2014-06-23 23:55 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2014年 06月 22日

丸亀製麺

d0316655_20213136.jpg
d0316655_20212363.jpg


by harurei | 2014-06-22 21:01 | Leica Ⅲf | Comments(3)
2014年 06月 21日

大広間

d0316655_01225954.jpg

旧函館区公会堂の大広間。
よく撮れたと自画自賛(^_^)v



by harurei | 2014-06-21 01:40 | Leica Ⅲf | Comments(4)
2014年 06月 19日

飛行機

d0316655_23270939.jpg
d0316655_23271868.jpg


『すべての電子機器の電源をお切りください』


飛行機の離陸着時、流れるアナウンス。
携帯はもちろん、デジタルカメラも電源を落とさなくてはならない。

そこに颯爽とフィルムカメラ登場!!!

バルナックは完全機械式だから電子機器など皆無。
どや、これなら使っても文句あるまい。

まあ、みんな座っていて、特に撮るものないのだけどw



by harurei | 2014-06-19 23:46 | Leica Ⅲf | Comments(3)
2014年 06月 18日

函館市写真歴史館

d0316655_22371183.jpg


横浜、長崎と共に、海外に門戸を開いた函館。
早くから写真文化が流れてきた土地らしく、往年のカメラが展示されていた。

思いがけずレトロカメラと対面できてわし興奮。
大判カメラのピント調整部分を触ることができたりして面白かったなぁ(^_^)



by harurei | 2014-06-18 22:57 | Leica Ⅲf | Comments(0)