<   2014年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 30日

ここにおれがいるから

d0316655_15242011.jpg


「そこに山があるからじゃない。ここに、おれがいるからだ」


小説"神々の山嶺”にて孤高の単独登攀者の羽生が、山に登る理由について答えた言葉。
何だか感銘受けたった。

"神々の山嶺"は主人公がネパールで古いカメラを見つけたことからはじまる物語。
ヴェストポケット・オートグラフィック・コダック・スペシャル というオールドカメラなんだけど
撮影済みのブローニーフィルムを見つければエヴェレスト登頂の歴史を覆す事実が明らかになるかも・・・
という話。面白かったなぁ(^_^)



by harurei | 2014-08-30 15:44 | Leica Ⅲf | Comments(0)
2014年 08月 27日

朝モス

d0316655_23203951.jpg



by harurei | 2014-08-27 23:23 | Leica Ⅲf | Comments(0)
2014年 08月 26日

鹿の湯

d0316655_00483484.jpg


茶臼岳帰りに寄った温泉。
硫黄臭に硫黄臭を重ねたような(どんな)
いいお湯だったな~



by harurei | 2014-08-26 00:52 | Leica Ⅲf | Comments(0)
2014年 08月 24日

nori

d0316655_22024642.jpg

PC不調から回復~
また写真取り込める。

8/25からプロフィールが変更されて、ブログメイトと連携できる仕組みになるらしい!
今までは重くて使いづらかった。便利になるといいな。



by harurei | 2014-08-24 22:14 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2014年 08月 18日

大平山

d0316655_00390317.jpg

富士登山から4日後の8月13日、栃木の太平山に登った。
標高341mの低い山。

間違えて錦着山を登ってしまった過去 からずっと頭にあった山なんよ。
やっとしっかり登ることができた。

登山をはじめる前は、歩いて登るなんて考えたこともなかった。
車で行ける所は車で行くのが普通だったのに。

観光名所にままある「登山道」
リュックとピック姿の中高年が向かっていくのを見ていたけれど
今はそこを歩きたいな。



by harurei | 2014-08-18 01:01 | Leica Ⅲf | Comments(0)
2014年 08月 15日

富士山に登って

d0316655_21433937.jpg


8月8日、富士山へ。
台風の懸念があったけれど、免れそうなので決行することに。

富士山に登るといっても標高ゼロからではない。
車とバスで5合目まで登り、そこから頂上までを自力で向かう。
途中8.5合目で山小屋に泊まり、早朝に頂上を目指す。

しかし、富士山5合目駐車場はすでに雨に包まれていた。
先行き不安になるも早々に止んで、曇天の空も時折晴れ間を見せる。

標高が上がっていくと、折り重なるように冷気が迫り熱を奪う。
日が落ちて風が強まり寒さ倍増。心根まで凍らせる勢い。
フリース、ダウン、ネックウォーマーと準備していたけれど
全部使用しても足りないくらい寒くて震える。

やっとのことで山小屋に転げこむ。
風を防げる有難さといったら。

山小屋にはお風呂も洗面所もない。トイレはある(1回200円)
男女関係なく狭い二段ベットに押し込まれる。
シングルベットに3人並んで寝るような狭さだ。
天井に吊られた鉤にザックを引っ掛けてその下で寝る。
高度3,000mの狭い部屋で150人が密集して眠る。

寝られない。
周囲の音は特に気にならない。寝返りが打てないのも我慢できる。
でも・・・頭が痛い!
高山病?不快な感覚のまま時間は過ぎる。とうとう一睡もできず。

頭痛は同行者の皆にも平等に訪れていたようだった。
早々に出発して頂上でご来光を迎える計画は断念。
わしともう一人がすぐに動ける状態ではなかったため
山小屋でご来光を見ることに。

外に出てご来光を見ていたら頭痛はきれいに消えていた。
なんというご来光効果!と思ったけれど
密集空間から抜けて吸える空気量が増えて回復したのだろう。

その後頂上へ。全員で辿り着けてよかった。
日本の頂上に立って考えていたことは
「飛行機はもっと上を飛ぶんだよなぁ」だったよ(ぉ

頂上の天候は目まぐるしく、
雲海を望めていた数分後には霧の中。
風の勢いが地上とは違う。
飛ばされないよう踏ん張りながら
お鉢を巡り剣ヶ峰に立ちコーヒーで祝杯。

そして下山。
降りて地上から空を見る。
雨で煙って富士山はもう見えなくなっていた。


富士山を登る。
そう宣言してから、いろんな方が応援してくれた。
実際は険しくはないし、トイレも水も食料も補充できる安全度の高い山。
ただ富士山の持つ、日本一という概念と、そこに挑戦する意気込みに
感じ入ってもらえたのかもしれない。

頂上で見る雲海は何者にも代え難い感動だった。
登ってよかった。
でも山小屋は・・・もう少し眠りやすいといいな!



by harurei | 2014-08-15 11:33 | Leica Ⅲf | Comments(6)
2014年 08月 12日

富士山

d0316655_21402813.jpg
d0316655_21572917.jpg
d0316655_21404746.jpg
d0316655_21405875.jpg
d0316655_21411325.jpg
d0316655_21530568.jpg
d0316655_21423319.jpg
d0316655_21431935.jpg
d0316655_21475137.jpg
d0316655_21432737.jpg
d0316655_21435444.jpg
d0316655_21440340.jpg
d0316655_21442624.jpg
d0316655_21444013.jpg
d0316655_21485069.jpg
d0316655_21452154.jpg
d0316655_21453681.jpg
d0316655_21454503.jpg
d0316655_21462804.jpg


by harurei | 2014-08-12 22:06 | Leica Ⅲf | Comments(13)