<   2015年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 29日

*紅葉とアート*鎌倉オフ(カラーフィルム編)

d0316655_23111368.jpg
d0316655_22554923.jpg
d0316655_22564027.jpg
d0316655_22565685.jpg
d0316655_23104041.jpg
d0316655_22571675.jpg
d0316655_22573818.jpg
d0316655_23081240.jpg
d0316655_23060265.jpg



by harurei | 2015-11-29 23:31 | Leica M2 | Comments(7)
2015年 11月 29日

*紅葉とアート*鎌倉オフ(モノクロフィルム編)

d0316655_20094720.jpg
d0316655_20095470.jpg
d0316655_19410650.jpg
d0316655_19401078.jpg
d0316655_22264597.jpg
d0316655_19384383.jpg
d0316655_19385186.jpg



by harurei | 2015-11-29 22:35 | Leica M2 | Comments(8)
2015年 11月 23日

KITTE

d0316655_21505735.jpg

サークルの鎌倉オフに参加~
カラーとモノクロフィルムで2本ずつ。

レポートは時間あるときにゆっくり書きたいな。
写真は東京で1次会をして、その後立ち寄ったKITTEにて(その後2次会へw)

d0316655_21514813.jpg



by harurei | 2015-11-23 23:51 | Leica M2 | Comments(13)
2015年 11月 22日

長瀞

d0316655_00503419.jpg
d0316655_00504502.jpg



by harurei | 2015-11-22 00:54 | Leica M2 | Comments(7)
2015年 11月 20日

FOREVER21

d0316655_00110452.jpg

FOREVER21の由来を教えてください。

ベストアンサーに選ばれた回答
21歳という、人生で一番キラキラ輝いている時を永遠に。という意味です。
直訳すると「永遠の21歳」ですね。
FOREVERの社長は、若いとき、オシャレが大好きだったのに、
お金がなく、服を買うのを我慢してきたため、将来は安くて
可愛い服のお店を出そうと考えていたそうです。(Yahoo知恵袋より)

いい話や・・・



by harurei | 2015-11-20 23:55 | Leica M2 | Comments(2)
2015年 11月 20日

ボート

d0316655_00143840.jpg



by harurei | 2015-11-20 00:18 | Leica M2 | Comments(0)
2015年 11月 19日

モノクロに向かない度


常にモノクロフィルムで撮っているけれど
どうにもモノクロに向かない被写体がある。

d0316655_01285375.jpg
 食べ物系 向かない度★★★

 おいしそうに撮れた試しがない。


d0316655_01290590.jpg
 植物系 向かない度★★

 一輪ならいける。でも密集していると良さが出ない。


d0316655_01354387.jpg
 紅葉 向かない度★★

 銀杏はOK。でも紅葉(もみじ)は難すぃ・・
 赤が重なるとどうにも。



ツイッター上のアンケートでも「紅葉を撮るならカラー」という意見が多かった~
週末の鎌倉オフ、どうするか迷っていたけれど
晴れたら紅葉を撮るためにカラーフィルム。
曇ったらモノクロフィルムにしよう(^o^)



by harurei | 2015-11-19 02:09 | カメラ雑感 | Comments(6)
2015年 11月 16日

雨宿り

d0316655_00254387.jpg



by harurei | 2015-11-16 00:29 | Leica M2 | Comments(5)
2015年 11月 14日

ライカが高い理由


ライカには魔力がある。あるらしい。
魔力とか霊力はよくわからないけれど
明らかに他と一線を画していることがある。

それは値段。

ライカMモノクローム ¥972,000
ライカM-P ¥1,077,840
ライカS ¥2,797,200

たっか!

性能、精度、特性が突出している訳ではない。
国産のハイスペック機と比べても、値段相応とは言えない。

どうしてこんなに高いんよ。
「魔力があるから」「工芸品だから」「ブランド力」
そんな曖昧な概念ではなく、明快な理由が知りたい。

竹田正一郎著 "神聖ライカ帝国の秘密"にその点が触れられていた。
ついに、その破廉恥な値段の構造がわかったので報告しよう。


(この値段には)排除価格というウラがあるのだ。
買ってほしくない相手、持ってほしくない客を排除するのだ。
そのへんのツマンナイヤツに買われて、持たれるとブランドのネウチが下がる。
だからそんなヤツラが買えないような、ベラボーなネダンを付ける。

引用元:神聖ライカ帝国の秘密「ブランド・カメラ」


ファッー!
納得した。激しく納得した。

高くても売れるという目算ではなく、あえて高くしていたのだ。
価格を貫き、歴史を経て、ライカは憧れのステータスとなった。
もちろん高度な商品性を保っているからこそ。
これはライカに限らず、世のブランドの共通項とも言える。


わしも、ライカを持っている。

値段的に縁がないカメラだったけれど
中古市でジャンク扱いの安いライカⅢf(¥18,000)を見つけて購入したんよね。

つまり―
わしのようなお小遣い月40,000円でやり繰りしている貧民層が
排除価格をくぐり抜けて、ライカセレブ界に紛れこんでしまったのである!
ライカのブランドイメージへの損害たるや・・・

※お小遣いが高いというコメントはお控えください(今後に影響するw)

フィルムカメラの価値が暴落しているのは確かで
今やライカでもフィルム式は手の届く金額で推移している。
しかしライカはライカ。持つ喜び、撮る感触は何も変わらない。

でもライカの似合う男に・・・なれるかのう(^-^;


以前書いたヴィトンとライカという記事も
少し話題が共通するのでよかったら(^o^)



by harurei | 2015-11-14 09:37 | カメラ雑感 | Comments(5)
2015年 11月 11日

谷田便利軒

d0316655_23580708.jpg



by harurei | 2015-11-11 00:00 | Leica Ⅲf | Comments(11)