<   2016年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 29日

イイネP


いい写真だなぁ。
紫陽花、横構図の写真が4枚連なっている。
ガク一枚一枚の繊細な描写。

スクロールする。
近況が簡単に綴られている。

このブログはほんといい。
写真も好きだし、何より記事を構成する雰囲気が優しい。
色合い、配置、フォント。
それぞれの要素をバランスよく封じ込めている。

スクロールする。記事はここまで。
いつものようにカーソルをイイネボタンの上に。クリック。
気の抜けた音が鳴り、吹き出し型のポップアップが浮いた。
     

 「イイネPが足りません 今すぐここをクリック」


イイネP?

どういうことだろう。
眉をひそめながら「ここ」 を押してみる。
記事の上に新しいウィンドウが建立された。


----------------------------------------------------

 気に入った記事にイイネをつけましょう
 あなたの気持ちが伝わります。

 いますぐG(ゴールド)を購入して
 イイネP(ポイント)を獲得してください。

 10イイネP = 1G
 1G = 1,000円
 5G = 4,500円(セール中)
 10G = 9,000円(セール中)

 いますぐGを買う
 入金する

----------------------------------------------------


写真系ブロガーに支持されたエキサイトブログ。
しかしTwitterやInstagram等のSNSの波にさらわれて失速。
広告収入は頭打ち。有料会員は減る一方。

そこで導入されたのがイイネ課金制らしい。

1回イイネするために実質100円かかる。
気軽にイイネできない。
しかし良い記事にはイイネをしたい。

結果・・・イイネの価値が飛躍的に高まった。
イイネ数は重みのあるものとなったし
単純なイイネ返しはなくなった。


イイネ課金化の経緯を調べた僕は
モニタの前で静かに激昂した。なんて改悪なのだろうか。

思わずコメント欄に打ち込んだ。

 とても素敵な紫陽花です。イイネしたのですが
 課金制に変わっていたのでできませんでした。
 以前に戻してほしいですね。

コメント送信ボタンを押す。
気の抜けた音が鳴り、吹き出し型のポップアップが浮いた。


 「コメントPが足りません 今すぐここをクリック」




by harurei | 2016-06-29 00:13 | 小説 | Comments(13)
2016年 06月 26日

むー

d0316655_00004121.jpg

わしが子猫になってから、むー(猫の名前)が頻繁にくっついてくるようになった。
子猫同士がくっついて丸くなっている感じ(ぉ

むーは鳴き声が女の子みたい。
「ァーン」「イァーン」「ゥアン」って鳴く(本当)

家にいるとき、仕事のお客さんから電話があり―

「あ、はい。その件はそうなっておりまして」「ァン」

電話口の向こうで、空気が張り詰めた気がした。



by harurei | 2016-06-26 14:47 | Leica M6 | Comments(13)
2016年 06月 25日

横浜中華街

d0316655_21515092.jpg

チャイナドレス姿の女性しかいない場所。

そんな噂(思い込み)を信じて訪れた横浜中華街。
いないし・・・



by harurei | 2016-06-25 02:07 | Leica M6 | Comments(6)
2016年 06月 23日

*汐風にふかれて葛西オフ*番外編

d0316655_21591609.jpg

水の噴射の撮影に夢中なジャスさ。
ローアングルで写したろ。撮られているとは思うまい。



d0316655_21585534.jpg

紫陽花の撮影に夢中なメンバーたち。
木陰から写したろ。撮られているとは思うまい。




今ならわかる。
後ろから撮られた人の・・・微妙な気分が(ぉ



by harurei | 2016-06-23 22:51 | Leica M6 | Comments(6)
2016年 06月 22日

はるれい39歳、子猫になる


子猫は遊び終わることがない。
疲れていることに気づかないまま・・・唐突に力を失う。
手足を伸ばして眠りにつく。穏やかな猫顔が横にある。

端から見たら猫との幸せな関係。
でも何か物足りない。こんなに近いのに距離を感じる。
心が通い合っていない。
わしは餌を運び、ネコジャラシを揺らしているロボット。
仲間として認識されていないのだ。

どうしたら猫と通じ合えるのだろう。

ふと腰を屈めて、柱の陰に隠れてみた。
顔だけ半分出してみる。子猫がこちらを見ている。
柱に隠れる。また少し顔を出す。
いつの間にか子猫も箱に隠れて半顔でこちらを伺っている。
真剣に、息を潜めて空気を固めている。わしは再度柱に隠れる。

そしてまた顔を・・・出しかけた瞬間。
茶色の疾風が牙を剥き、顔に触れる寸前で消えた。

腰を抜かして尻を付くわしを尻目に子猫は箱に舞い戻る。今のは何?
隠れてまた半分顔を出す。子猫は同じ表情でこちらを貫いている。
また飛びかかってくるのだろうか。

一旦柱に隠れてもう一度顔を・・・
「おわーっ!?」鼻先に猫パンチ到来。何という速さ。
わしを驚かせて元の位置へ逃げていく。

やられてばかりでは面白くない。再び柱に隠れたフリをして
いきなりこちらから飛び出して子猫の元へ。
軽くひるがえって子猫は奥へ飛び退く。
遅くて話にならないと見下された感じがする。

今度は地面にへばりつきながらにじり寄る。子猫は神妙にこちらを見ている。
逃さない。駆ける方向を予測して飛びかかる。慌てる子猫。
まんまと目の前に到達。捕らえて報復とばかりにお腹をこねる。
子猫は甘く噛みついて、四肢でわしの手の腹を適度な力で殴打する。
やられたフリして逃げる。追いかけてくる。
急に飛びかかる。逃げる。繰り返す。

とうとう胴体をへの字にして横走りをはじめた子猫。尻尾がふくらんでいる。
負けじとわしもへの字になって横走り。

「ニアー!」「キッシャー!(←わし)」

疲れ果てて横になる。
そばに寄ってくる子猫。

わしを見る表情に心が入っている。
仲間(子猫同士)だと認めてくれたのだろう。
もう距離は感じない。

梅雨、アリスブルーの空の下
はるれい39歳、子猫になる。




by harurei | 2016-06-22 00:58 | そのほか雑感 | Comments(8)
2016年 06月 20日

鎌倉の海

d0316655_22511769.jpg

バスの車窓から。

社員旅行。鎌倉は混んでいた。
江ノ電40分待ち。長谷寺のあじさい1時間半待ち。

日中、何も撮れなかったな・・・
ほろ酔いで、夜の砂浜へ。
潮風が胸に沁みわたる。
細かいビーズのような砂が指の間を零れていく。

朝、この海を撮りに来よう。
江ノ電も紫陽花もいらなかったんや。海が撮りたい。

決意して立ち上がる。
スマートフォンを落とす。

blackberryの隙間に・・・
す、砂が~!!

翌朝寝すぎて、海を撮れずに出発・・・



by harurei | 2016-06-20 23:57 | Leica M6 | Comments(8)
2016年 06月 20日

鎌倉大仏

d0316655_00360433.jpg



by harurei | 2016-06-20 00:46 | Leica M6 | Comments(8)
2016年 06月 17日

スマイルスマイル

d0316655_00372747.jpg



by harurei | 2016-06-17 00:39 | Leica M6 | Comments(2)
2016年 06月 14日

*汐風にふかれて葛西オフ*モノクロフィルム

d0316655_22411856.jpg
d0316655_23241760.jpg
d0316655_22413112.jpg
d0316655_22505123.jpg
d0316655_22503540.jpg
d0316655_22405904.jpg
d0316655_23323138.jpg
d0316655_22585589.jpg
d0316655_23233151.jpg
d0316655_23282636.jpg
d0316655_23020384.jpg
d0316655_23133358.jpg


by harurei | 2016-06-14 23:35 | Leica M6 | Comments(9)
2016年 06月 13日

*汐風にふかれて葛西オフ*レポート


「撮影禁止です」

水族館のバックヤード見学ツアーに向かう直前のこと。係員が高らかに宣言。
写真のオフ会で「撮影禁止」の場所に進む事態に(^-^;)
そんなハプニングもあったけれど*汐風にふかれて葛西オフ*をレポートするさね。

今回の企画はベテラン幹事のyuhki*tomoさんによるもの。
londonphotoさんの帰国に合わせて予定を構成してくれた。
水族館で写真を撮って、園内を歩いて東京で飲む計画だ。

参加者はいつものメンバー6人+新しい方が3人。
この新しい仲間と会う間際の緊張感が結構好き。
みんな時間通りに来てもらえたので無事合流~
新しい方の印象を書こう。



まず主役。ロンドン在住のlondonphotoさん。
d0316655_23514550.jpg
帰国の間を縫って、このオフに参加してくれた。
ワイルドで体格のよい長身イケメン。眼鏡からのぞく双眸に知的な深み。
初参加の緊張感はどこにもない。時折帽子を回してスイッチを入れる。
関西ノリ+親しみやすい人柄に惹き込まれて自然と笑顔になれる。

オフに参加した理由「j-timeを体感してみたかったから」 にみんな爆笑w

そして彼は最近、ミャンマーもつれた時の輪という本を出版。
ミャンマーの情景が肌で感じられる旅行記なんよ。興味ある方はぜひ!



続いてjinさん。
d0316655_23562081.jpg
思った通りの柔らかい雰囲気と穏やかな物腰。
光のほそ道の良心と任命したい。(対極は光のほそ道の悪童ワルセド)
彼のハンドストラップとカメラは右腕と同化しており
ターフを駆ける馬の、美しさとしなやかさを以って最短距離で対象へ向かう。
捉えてシャッターを押すとき、物静かなjinさんから一瞬野生が放たれる。
瑞々しいスナップの秘訣を垣間見た。

「写真やっていてよかったな」彼の一言が忘れられない。



もう一人は動物写真家、bigtigerさん。
写真家の方が参加してくれる日が来るなんて。しかも名前は大きな虎。何だかこわそう・・・
d0316655_23531461.jpg
登場したbigtigerさんは、小柄なおじさんだった。
「小さいタイガーです」の一言に、みんな和んで胸をなで下ろす。
bigtigerさんは対象をよく観察している。
光、水槽、魚、来場者の流れを汲んで、求める場面を遠目から計算高く探っている。
長年の経験から、撮る前から撮る撮らないの判断ができるのだ。
漫然と歩いているように見えて、実は頭をフル回転させている―

「実は昨夜は30分しか寝ていないんです」
昼食時、タイガーさんの一言にびっくり。大丈夫だと言いながら
その後のコメントで「殆ど半分夢の中でございました」 と告白。
・・・頭フル回転していなかった(^-^;



いつものメンバーも適当に紹介しよう(ぉ



d0316655_23542052.jpg
いつ撮っているのかわからないスナップ力はさすがの一言。
そんな彼のセンサーが反応した瞬間の、とてもレアな一枚。



chocoyan2さん
d0316655_23554205.jpg
途中まで(何か足りない)と思ってたら彼女が大人しかった。
でもそれは気のせいで、いつも通りの楽しいchocoyan2さんだった。
(お昼に飲んでからスイッチが入った可能性・・・)



d0316655_23550622.jpg
先週幹事を成功させたことで、堂々として落ち着いてみえた。
でもそれは気のせいで、例のjasminetea-mさんだった。
いつも以上にj-timeにキレがあり、londonphotoさんを大いに喜ばせた(ぉ



Alcedoさん
d0316655_23523080.jpg
マイペース度合いで誰にも負けないAlcedoさん。
しかし、今回は頴娃さんという大物がいる。どっちがよりマイペースなのか!?
いい勝負になるかと思われたが、トイレ事件で頴娃さんが圧倒・・・w



d0316655_23571079.jpg
いつも通りの優しいyuhki*tomoさん。
幹事もすっかり慣れて、この無類のマイペース集団を柔らかくまとめて進行。
遠方からkikkoさんやlondonphotoさんが安心して参加できるのは彼女のおかげなのだ(^o^)



それでは、今回のj-time

ロンドン「僕は麺類が好きで、うどんで育ったんです」
ジャス「それでそんなに大きくなったんですね! 」


今回のジャス&あるバトル

ジャス「私、品がありそう?」
あるせど「ないね」

ジャス「私、品がありそう?」
ロンドン「上品じゃないですか」

ジャス「私、品がありそう?」
ちょこ「育ちがいい感じですよー」

ジャス「ほら、みんな上品ですって」
あるせど「上品な人が"ジャス姐さん"とか言われないだろww」

※他のj-timeは割愛しますw



今後、みんなのブログでもオフの様子が更新されていくはず。楽しみ。
課題も残ったけれど、今回気づいたことを少しずつ改善していけるといいな。

みんなお疲れさま。わしも楽しかったよ!
それではまた、次の光のほそ道で。




by harurei | 2016-06-13 02:22 | オフレポート | Comments(14)