<   2017年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 23日

初ソロキャンプ

d0316655_23483226.jpg

前回は友人とキャンプしたけれど、今回は初のソロキャンプ。
家から車で5分、無料のキャンプ場へ。
日曜に一泊して翌朝出社する計画だ。

テント設営して夕方から一人バーベキュー。
暗闇の下で肉を焼く(焼け具合不明)

ついつい何もせずだらけてしまう。
蚊取り線香を焚き、まったりツイート。
写真は気楽に撮りたくて、ライカチェキしか使わなかった。

日曜にテント泊する人なんていないらしく
やがてキャンプ場に一人となる(管理人のおじさんは17時に帰った)

終始虫とのたたかい。
円弧を描きながら緩やかに寄ってくる虫、一直線に突っ込んでくる蜘蛛。
テント内にだけは入らないように注意していたのに・・・い、いるし!!
最終的に、多少は気にしないことにして寝た(ぉ

でもおもしろかった。山のテント泊に向けて少し前進。
みんなソロキャンプはじめれば、ソロキャンプオフできるのに(どんな)



by harurei | 2017-05-23 01:57 | Leica SOFORT | Comments(11)
2017年 05月 18日

釈迦ヶ岳

d0316655_03002336.jpg

本来はツツジの名所。


d0316655_23454716.jpg

本来は美しい展望。


d0316655_23462930.jpg

小雨霞む中、登り4時間、下り3時間。
時期も気候も良くない、何もない山道をストイックに歩いた。

「熊が行動している形跡があります。充分注意してください」

登山口にそんな貼り紙があったので(遭遇したらどうする?)とシュミレートしながら歩く。
幸い鉄の塊(バルナックライカ)を首に提げている。これを振り回そう。
基本的に熊は人をおそれているし、臆せず大声を出せば逃げてくれる(はず)
しかし人を襲ったことがある熊は、実は人が弱いことを知っている。逃げるしかない。
できれば写真・・・1枚くらい撮りたい・・・無理か・・・・


d0316655_23471947.jpg

そんな緊張感もありつつ無事に下山。
テント泊デビュー目指して、徐々に経験値上げていくぞー



by harurei | 2017-05-18 03:52 | Leica Ⅲf | Comments(8)
2017年 05月 16日

Cafe LeSiNa

d0316655_01164113.jpg


by harurei | 2017-05-16 01:20 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2017年 05月 11日

いい写真


いい写真とは何か。

写真を撮る人はすべからくこの命題に突き当たる。
評価の高い作品に同調できなかったり、名もない写真に惹かれたり。
商業写真と芸術写真の「いい」は異なるから難解だ。

感性や経験、気分で写真の見え方は変わる。
大衆的な好みはあるけれど、正解はなさそう。
実際は人それぞれ、自分なりの基準で「いい写真」を判別している。

わしが思う「いい写真」の基準は、鼻につくかつかないか。
鼻につかない写真はいい写真。
どんなに上手い写真でも、鼻につくともうダメ。

例えばモデルさんのポートレイト。
美人、過不足のないライティング、良い構図。
そこにカメラマンの得意げなニュアンスが透けていると・・・
途端に鼻につく。自分の女気取りかっと思う(思い込み)

例えば絶景。
有名なロケーション。最適な天候と位置取り、意図したタイミングで捉えた1枚。
美しく夢のような写真だとしても、そこに虚栄心のテカりが見えるともうダメ。
途端に鼻につく。自分がこの情景を引き寄せたとでも言いたげだ(言ってない)

例えばフィルム写真。
ノートリミング、ノーフォトショでこの写り、どうよ?
的な自尊心がせりあがっている写真を見ると、呆れて肩をすくめてしまう。
聞いていないのに無加工アピールは鼻につく(わしやん)

例えば猫。
猫ブームだか何だか、猫撮っておけばいい風潮。
ブログタイトルに猫つけとけば見に来てもらえる的な(もらえない)
かわいい仕草、面白いポーズ、表情。みんな呆れるほど猫を撮るけれど
ひたすらあざとくて、鼻につ・・・かない!

結論: 猫写真はいい写真



by harurei | 2017-05-11 03:09 | カメラ雑感 | Comments(14)
2017年 05月 09日

虹たるる

d0316655_00130080.jpg



by harurei | 2017-05-09 00:23 | Leica M6 | Comments(3)
2017年 05月 06日

初キャンプ ふれあいキャンプ場

d0316655_02042168.jpg

GW、友人たちとキャンプ。
好天のキャンプ場。ファミリーでにぎわっている。
ソロの人なんていない。ソロキャンプブームとは何だったのか・・・

友人の持ってきた大型テントの横に、自分の1人用テントを設置。
この機に練習だ~

d0316655_02052747.jpg

即効で友人の子供に奪われるマイテント。

d0316655_02070672.jpg

お肉とてもおいしい。
わしはみんみんの餃子とイチゴを持っていった(栃木らしさ)

d0316655_02303603.jpg
d0316655_02080298.jpg

焚火とボードゲームで更ける夜。

d0316655_02335217.jpg

朝晩の冷え込み。
家のテント泊経験を活かして、防寒対策を強化したのでよく眠れた。
朝はホットサンドとコーヒーをいただく。
ソロキャンプだったら、こんな充実した朝は望めない。

d0316655_02100634.jpg

初キャンプとても楽しかった。
要領が少しわかったさね。
ソロで行うのは勇気いるけれど、やるぞ~



by harurei | 2017-05-06 02:52 | Leica M6 | Comments(10)
2017年 05月 02日

レンズカフェ "ズマール編"



「ズマールをお願いします」


ボケ玉ズマール。
人によって好き嫌いが分かれるというこのレンズ。
人によって、というところがいかにもレンズ心を撫でる。
そう言われたら(自分なら使いこなせる)と信じて挑みたくなる。

ズマールを持ってきたホロゴンさんは肩をすくめた。
「これは気持ちが盛り上がらないレンズです」
不意の毒舌に面食らう。「見た目が地味で、ライカらしくなくて」

エルマー50/3.5と同じ沈胴式レンズ。
先端を引っ張り、半回転させてロックする機構。
確かに、エルマーの放つ老紳士然とした佇まいがズマールにはない。
ただカメラから張り出した円筒といえる。

「でも目を見張る写りをするときがあるので、一部に熱狂的な信者がいますね」
あなたはどうかしら。試されている気がする。


d0316655_00155911.jpg
d0316655_00243379.jpg

d0316655_00152000.jpg
d0316655_00154900.jpg

撮っていても手ごたえがなかった。
確かに気持ちが盛り上がらない。フィルム消費が進まない。

しかし、地味ならではの良さ。
人に向けても警戒されにくいと感じる・・・
何気ない場面、情景を自然にスナップできる稀有なレンズかもしれない。


次はどのレンズにしようかな。
悩んだ末、僕はホロゴンさんを呼んだ。

「注文します。借りたいレンズは―」



--------------------------------------------

ま、まさかの続編(1年以上ぶり・・・)
レンズカフェって何?という方は こちらをぜひ(^.^)



by harurei | 2017-05-02 02:22 | レンズカフェ | Comments(7)