2017年 07月 02日

行くだらじゃ!伊豆下田開国オフレポート【中編】

---------------------------------------

前編 のあらすじ

初のお泊まりオフ。
男子部屋から忽然と消えた箱氏。
捜索が行き詰る中、悲鳴が上がる。
廊下に置かれたダンボーの怪。
一体、この宿で何が起きているのか。

---------------------------------------


(これは箱くんのダンボイイングメッセージではないか?)

箱くんは言わずとしれたダンボー撮りの名手。
彼はいつでも小さなダンボーを持ち歩いている。
ということは・・・

「奴だ、奴はいる!!」

僕の叫びに、ゆうほさんが憤然と立ち上がる。
今度はみんなで男子部屋に向かった。

「天井に張り付いているんじゃない?」呑気に予想するぽてさん。
あきさんは半笑い。しかし僕とゆうほさんは目を血走らせたまま。
部屋を2回も調査したのに発見できなかったのだ。
(彼の身に何かあったのでは?)という懸念を払拭できずにいた。

先陣を切ってゆうほさんが部屋に流れ込む。
トイレも押し入れも確認済み。あとは・・・

半開きのクローゼット。
にじり寄る彼女。すると―

「ひぃやkぁっくぁwせdrftgyふじこlp!!」

奇声をあげて跳ね返ってくるゆうほさん。

「びっくりしたぁぁぁぁ!いたいたいた!!」

にやけながら箱くん登場。
彼女の動転っぷりにみんな大爆笑。
最初から、ずっとクローゼットにいたらしい。

箱くんの報告はこうだった。

集合部屋での企みは、声が筒抜けですべて聞こえていた。
(たしかにどちらの部屋も開けっ放しだった・・・)
「額に肉と書いてこよう」という謀略を耳にした彼は
咄嗟にクローゼットに滑り込んで息を潜めた。
僕たちの機先を制して驚かせてやろう、それだけの目的だったのだ。

しかし思いがけず彼は発見されなかった。

2回目に来たときはさすがに気づいてもらえると思った。
しかし誰もクローゼットに近寄らない。
あまりに真剣な表情で探しているから、まず笑いをこらえるのが必死だった。

やがて集合部屋から「神隠し」だの「夜這いに行った」だの
勝手な予想が聞こえてくる。このままでは見つけてもらえそうにない。
そこで彼は、ダンボーを廊下の中央に置いてヒントを残したのだった。

こうして箱失踪事件は幕を閉じた。

この騒動でゆうほさんと僕は心の傷を負い、いつかの復讐を誓い合った。
ぽてさんとあきさんはいい酒の肴とばかりに笑っている。
箱くんは会心の笑みが止まらない。
ちょこさんとじゃすさんは夢の中。

気づくと0時を超えていた。
「また明日~」散会して各々部屋へ戻る。
不安と笑いの伊豆の夜は、こうして雨音に溶けて更けてゆく。


後編に続く

---------------------------------------

失踪事件だけで長くなってしまったので中編に(;´∀`)
後編では、オフの総括と各メンバーについてお届けするさね!



# by harurei | 2017-07-02 22:09 | オフレポート | Comments(10)
2017年 07月 02日

油画茶屋

d0316655_01370829.jpg

下田、ぽてさが案内してくれた喫茶店、油画茶屋。
オールドカメラが並ぶ店内にみんな興奮。
これは現役の大判カメラ。生きているレンズの輝き。

喫茶店なのだけど、カメラに触れたり、フィルムを購入したり(←ともさ)
また、店主に写真を撮る際の心得を伝授していただいた。

d0316655_01372440.jpg

2つ、感銘を受けた教えがあったので紹介するさね!


1. 写真を撮るときは、まず目で見ること。
 
被写体に対して、ファインダーを覗くのではなくて、まず直接目で見ること。
しっかり観察して、撮りたい位置に体を運んで、そこで初めてカメラを掲げる。


2. ポートレートは 最適な表情を捉えること。

人の表情は瞬間瞬間で変化している。
いい表情を見つけた瞬間にシャッターボタンを押したとしても
実際は何十分の1のラグタイムがあり、表情の山を捉えることは難しい。

昔の肖像写真は三脚を立ててレリーズを用いていた。
相手と談笑しながら表情を引き出して「ここぞ!」というタイミングで撮ることで
印象に残るポートレートを引き出すことができたのだ。


写真サークルらしく、勉強になったひと時。
その後、みんなの撮り方が変わった気がするようなしないような(ぉ



# by harurei | 2017-07-02 02:16 | Leica M6 | Comments(8)
2017年 06月 30日

大川端通り

d0316655_22545962.jpg
d0316655_22550594.jpg
d0316655_22553465.jpg
d0316655_22553075.jpg
d0316655_22552679.jpg
d0316655_22553822.jpg


# by harurei | 2017-06-30 23:06 | Leica M6 | Comments(10)
2017年 06月 30日

おろりこ号

d0316655_01165911.jpg
d0316655_01172832.jpg

オフ会写真あるある。
カメラを向けると顔を背けるので、顔写真がほぼ残らない(^-^;

d0316655_01162868.jpg

ちょこさんのライカM10(左)、ともさんのライカⅢg(右)、誰かの黒烏龍茶。
転げ落ちたのはどれ?



# by harurei | 2017-06-30 01:31 | Leica M6 | Comments(8)
2017年 06月 29日

行くだらじゃ!伊豆下田開国オフレポート【前編】


「先に行ってるから」

布団に張り付いている箱くんに伝えて男子部屋を出る。
2つ隣の集合部屋に合流すると、湯気を纏ったあきさん、ぽてさん
ゆうほさんが髪を乾かしていた。色とりどりの浴衣姿が眩しい・・・

今回は写真サークル光のほそ道、初のお泊まりオフ
『 行くだらじゃ!伊豆下田開国オフ 』をレポート。
下田の自然と味を体感する、下田を撮る、下田になることが目的の旅。
みんなこの日を本当に楽しみにしていた。

参加者は8名。
akiさん、jasmine-teaさん、ゆうほさん、chocoyan2さん、RoundWalkさん
yuhki*tomoさん(残念ながら日帰り)、そして幹事のpote-salaさんとわし。

初の泊まりはどんな様子だったのか―
詳細にレポートしよう。

1日目の夜。夕食を終えた僕たちは、温泉の後に一つの部屋に合流することにしていた。
ちょこさんとじゃすさんは疲労により先に就寝したけれど
他のメンバーは翌日に影響が出ない程度に飲むつもりだった。

「箱くん(RoundWalk)が起きなくて・・・こっそり額に肉と書いてきてよ」

僕の提案にゆうほさんが目を輝かせる。
今まで彼の巧妙な悪戯に辛酸を舐めてきたのだろう。
復讐のチャンスとばかりに身を乗り出してペンを取った。

「音を立てないようスリッパ履かないで行く」
バスタオルで半顔を隠したゆうほさんの姿はまるでくノ一。
彼女と僕は部屋を出て、忍のように廊下をよぎる。

男子部屋は開けたままだから、扉を擦って音を立てる心配はない。
事は簡単に進みそうだった。
箱くんが額に気づいて狼狽する様子を想像すると、自然と笑いがこみあげてきた。

復讐に燃えるゆうほさんが率先して部屋に侵入。
後から僕が続く。入り口から手前が僕の布団。
奥が箱くんの布団で、彼はそこで寝息を立てているはずだった。

「あれ」

布団に膨らみがない。そこに人はいなかった。
トイレの扉を開ける。いない。まさか押し入れで寝ている?いない。
風呂へでかけたのかと思ったけれど、タオルはある。鍵をかけずに行くとは思えない。
写真を撮りに宿の外へ?カメラも財布も部屋に置かれたままだ。それも考えられない。

いったい、僕が集合部屋に行って戻ってくる数分間に、彼はどこへ消えたのだろう。

集合部屋に戻り事態を報告すると、メンバー達は騒然となった。
彼の行先について議論が交わされる。
元々彼は「星を撮りに行きたい」と宣言していた(曇りで断念した)ので
勝手に飛び出す可能性がないとは言えなかった。
しかし愛機のカメラを置いたままではおかしい。

ではサブカメラを持って車で出かけたのだ。
あきさんが推理を確かめるように窓を開けて眼下を望む。
彼の車は駐車場に行儀よく収まっていた。

念のため、再度ゆうほさんと男子部屋を確認してみる。やはりいない。
僕が部屋を出たときそのまま、財布とカメラがテーブルに載っている。
人の姿だけが抜けていた。

「いなかった」僕の報告に、集合部屋は疑念に巻かれて沈痛な雰囲気となった。
この状況を鑑みて、彼に起きている事態を推察すると・・・

・神隠しにあった
・他の宿泊客の部屋に夜這いに行った(若い二人組の女子がいた)
・殺された

いずれにしても問題しかない。
彼は近々海外出張を控えていると言っていた。
神隠しや殺しにあったのだとしたら、彼の両親や会社に何と説明したらよいのだろう。
もし夜這いに向かったのだとしたら、なぜ僕を誘わな(バシッ
張り詰めた表情の僕を見て、みんなの双眸にも影が落ちる。

そのとき、あきさんの悲鳴が響きわたった。

「廊下に・・・」

彼女は目を見開いて、腰を抜かして部屋の外を指差している。

「どうした!?」

慌てて廊下に飛び出す。
柑子色の灯りの下、スポットライトのように照らされて
小さな人形が微笑を固めてこちらを見ていた。何かいる。

丸い目、三角形の鼻ー
それは手のひら大のダンボーだった。


中編に続く



# by harurei | 2017-06-29 00:06 | オフレポート | Comments(10)
2017年 06月 27日

下田富士

d0316655_15005996.jpg

下田で目にした、とても気になる山容。
もこさの記事で知ったのだけど下田富士というらしい!

標高191m、30分くらいの山。登りたい(^O^)

d0316655_14595516.jpg

下田は海だけでなく、山近くて勾配あり
猫多く、人も皆優しい街だった。



# by harurei | 2017-06-27 23:29 | Leica M6 | Comments(4)
2017年 06月 27日

行くだらじゃ!伊豆下田開国オフ "海編"

d0316655_01481550.jpg
d0316655_01481872.jpg
d0316655_01562121.jpg

ぽてさ愛する下田の海へ。
朝から雨。無理だと思ったけれど止んだ合間に。

波の鼓動と砂の肌が心地いい。
それぞれ思い思いに散らばって、無心に海を撮っていた。

d0316655_01483381.jpg
d0316655_01483644.jpg
d0316655_01484088.jpg
d0316655_02041093.jpg
d0316655_02225282.jpg
d0316655_01504185.jpg
d0316655_01492682.jpg
d0316655_01492948.jpg

ちょこさに借りた10mmの超広角レンズ。疾走感。

d0316655_01493673.jpg

背中を押される5秒前。

d0316655_01494459.jpg
d0316655_01504496.jpg

ずっと居たかった。
来られて本当によかった(^.^)



# by harurei | 2017-06-27 02:24 | Leica M6 | Comments(5)
2017年 06月 26日

光のほそ道サスペンス「伊豆・おろりこ号失踪事件 ~消えた箱の謎~」

d0316655_15035185.jpg

伊豆、くつろぎのお宿で起きた失踪事件。
神隠し?夜這い?メンバー間で募る疑心暗鬼。
飛び交う怒号、はだける浴衣、余るポンジュース。
その真相はダンボーだけが知っている。
近日公開予定!



# by harurei | 2017-06-26 19:49 | Leica M6 | Comments(6)
2017年 06月 23日

恋するライカ8


凜々花の結婚宣言は美しい調べであった。
だけど僕は知っている。アイドル一人を愛することの苦しさを・・・


「何見てんの?」

背後から賀奈子が絡みついて、風呂上がりの火照った頬を寄せた。
しまった。耳からイヤホンを引き抜いてスマホを伏せたけれど遅かった。

「AKBじゃん」賀奈子はiPhoneを引ったくり、漆喰の壁に叩きつけた。
フローリングに滑る長方体を尻目に、彼女は「死ね」と言い落として寝室へ消えた。


工藤賀奈子はご当地アイドルグループ「HH365」の一員だった。

中でも一番人気。小柄で清楚な顔立ち、サイドポニーテール。
星の弾けるような笑顔の正統派美少女で、クッカーと呼ばれて愛されていた。

当時の僕は有名無名問わずあらゆるアイドルをチェックしていたので
時間の許す限り気になるライブに駆けつけていた。
学生の頃は自由な時間があったけれど、就職後もその情熱は変わらない。
土日を費やして顔を出し、給料は全てグッズに注いだ。

そんなアイドル中心の生活は僕の青春だった。
顔見知りの仲間も増えて、情報交換や場所取りを繰り返すうちに団結。
アイドルたちとの交流、オタクたちとの絆。
そんな環境に幸せを感じ得ていた日々。

しかし、HH365の撮影会で僕の人生は変わった―

フラッシュとシャッター音の連弾の中、ライカM2を構えてピントリングを
調整している僕に対して、あの工藤賀奈子が声を掛けてきたのだ。

「ライカ、わたしも好き!」

父親がライカを所有しており、よく撮られていたらしい。
人気アイドルが、まさかのライカ好き。
一眼レフが並ぶ中、ライカを小さく構える僕の姿は逆に目立っていたのかもしれない。
翌日、彼女のTwitterへ写真を送ってあげると
「お気に入り☆」そんなコメントが返ってきて有頂天になった。


「今度2人で話しませんか?」

TwitterにDMが届いた。送り主は工藤賀奈子。
コメントに返信することはあっても、アイドルが個人にDMすることはあり得ない。
何かの間違いか、オタク仲間の手の込んだいたずらだと疑った。
しかし、握手会で「DMしちゃった」と賀奈子にささやかれて本人の確信を得た。

その後の展開は夢のようだった。
数回やり取りした後、こっそり会い「一目惚れした」と告白を受けた。
ライカを構えている姿が忘れられなかったという。
こんな奇跡があっていいのだろうか。断る理由はない。
僕とアイドルとの交際がはじまり、秘密のデートを重ねた。
表向きは恋愛禁止のアイドル。もちろん誰にも言ってはいけない。
自然、オタク仲間たちと距離を置くようになったし
ライブに顔を出すこともなくなった。

そんな交際をはじめてから1年後。
僕は彼女の親に呼び出されて伝えられた。「娘が妊娠している」
そんな予感がしていた僕は結婚しますと即答。
彼女は事務所と揉めた末「体調不良」を掲げてHH365を脱退した。

ライカがきっかけで彼女は僕の人生の伴侶となったのだ。


壊れたiPhoneを拾いながら、その後の日々を思い返す。
そんな事由だから、オタク仲間に紹介も自慢することもできないし
地元を2人で歩くことも難しかった。見つかったら大変なことになる。
そして僕は他のアイドルのライブに行くことも、動画を見ることも禁止された。
また、彼女以外の写真を撮ることは許されなかった。
僕は彼女以外見てはいけなかった。彼女だけの生活となった。

ただアイドルたちの動向はこっそりスマホでチェックしていた。
先日ニュースで見た凜々花の結婚宣言は、どうしてもスピーチが聞きたくて
彼女の風呂タイムを狙って動画を見た。それがいけなかったのだ。

寝室の彼女に「ごめん」と言葉を置いて横に潜る。

これでよかったのだろうか。
生き甲斐だったオタク活動と仲間を損ない、写真の自由を失い・・・
僕は一人の元アイドルを得た。

僕が見ていたのは ”アイドル” という肩書で
彼女が陶酔したのは ”ライカ” というブランドだったのかもしれない。


------------------------------------------------------------------------

時事ネタ(;^_^A
もちろん今回も妄想100パーセントでお届け。

他の恋するライカシリーズと、短編小説は「小説」カテゴリから。
よかったらぜひm(__)m


# by harurei | 2017-06-23 12:02 | 小説 | Comments(10)
2017年 06月 20日

川越

d0316655_21060641.jpg
d0316655_21033246.jpg
d0316655_21035675.jpg

小江戸川越、小江戸栃木。
どちらも似たようなレベルだと思っていたんよ。

初めて川越に訪れた結果・・・

栃木惨敗。
栃木が小江戸レベル5だとしたら、川越は小江戸レベル200だったよ。



# by harurei | 2017-06-20 21:14 | Leica M6 | Comments(4)
2017年 06月 19日

JURIN's GEO

d0316655_22245995.jpg


# by harurei | 2017-06-19 22:29 | Leica M6 | Comments(0)
2017年 06月 18日

選挙活動

d0316655_23453630.jpg
d0316655_23455573.jpg
d0316655_23454719.jpg

こ、ここで!?




# by harurei | 2017-06-18 23:50 | Leica M6 | Comments(3)
2017年 06月 13日

GEN

d0316655_00125584.jpg


# by harurei | 2017-06-13 00:14 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2017年 06月 12日

真岡りす村ふれあいの里

d0316655_00263497.jpg
d0316655_00263912.jpg

りすと仲間たちに触れ合える動物園、真岡りす村。
栃木屈指のB級感。ゆるくて好き。


d0316655_00291795.jpg
d0316655_00265766.jpg
d0316655_00270220.jpg
d0316655_00271332.jpg


# by harurei | 2017-06-12 00:36 | Leica Ⅲf | Comments(3)
2017年 06月 09日

カメラ熱


こんばんは、栃木のプリンスことわしです(ぉ

お気づきの方もいるかもしれないが…
今わしの中で、空前絶後のアウトドアブーム到来中。

d0316655_22180224.jpg

常に空想パッキング。動画で気になるギヤチェック。
キャンプ系ブログをクリック。アウトドア雑誌片っ端からストック。

果たしてわしのカメラ熱は冷めてしまったのか―

例えば3万円あったとする。
以前だったら(レンズ出物あるかな、中古フィルムカメラも欲しい)と悩んださね。
今だったら・・・いい寝袋買うにきまってる!!

素敵な景観の写真撮りたい → 山登ろう~だったのが
山に登りたい、テント泊したい → ついでに写真撮るか・・・になっている。

曲りなりにもわしはカメラサークルの管理人。それがこの有様である。
写真に対する愛情が薄れているとしか思えないこの現状。メンバーに示しがつかない。

この際、ブログメイト名を「光のほそ道(アウトドアサークル)」に替えたりして。
撮影オフと思って参加したら、気づいたらキャンプ場にいた的な(ぉ

メンバーの困った表情が走馬灯のように駆け巡る。
ダンボー、カエル、ダンボー、カエル・・・

( ゚д゚)ハッ!

何を考えていたんや。写真があったから今のわしがある。
写真のおかげで楽しいメンバーたちとのつながりができた。
カメラあってこその仲間、カメラあってこそのわしだ~~
みんな、わしが間違っていた。
アウトドアサークルにしようと企んだりしてごめん(ぉ

そこで自分なりにアウトドアと写真の両立を考えてみた。

例えばキャンプ場で自家現像に挑戦してみる。
現像だけなら、現像タンクと各種液体を持ち込めばいい。
もちろん垂れ流すことはせず、使った液体は全て回収するんさ。
現像後の水洗行程が課題さね。とにかくやってみよう。
テントと木の間にハングストラップ渡して、フィルムを留めて棚引かせていたら絵になりそうでしょ。

もしくは、中判カメラを持ち込んで三脚に乗せて他の方のキャンプスタイルを撮らせてもらう。
お洒落なテントが多くて眺めているだけでも楽しい。声を掛けたら応じてもらえる気がする。
写真もアウトドアもより楽しめそう。

それに今月は秩父、下田と撮りたい旅が続く。
カメラ熱はまだまだ消えない(^.^)



# by harurei | 2017-06-09 23:26 | カメラ雑感 | Comments(8)
2017年 06月 06日

上高地2

d0316655_21242294.jpg
d0316655_21242744.jpg
d0316655_21243578.jpg
d0316655_21243915.jpg
d0316655_21244352.jpg


# by harurei | 2017-06-06 21:28 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2017年 06月 05日

5 HORN 上高地店

d0316655_22215323.jpg

濃厚で滑らかなくちあたりのクリームチーズと
果実味たっぷりで、酸味をおさえたブルーベリーソース。
上高地でしか味わえない五千尺伝統の味をご堪能ください。

レア・チーズケーキとコーヒーのセット、1,350円・・・
頼むしかなかった(;´Д`)



# by harurei | 2017-06-05 22:35 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2017年 06月 05日

つくばねオートキャンプ場

d0316655_01122088.jpg
d0316655_01012317.jpg
d0316655_01031441.jpg
d0316655_01013549.jpg
d0316655_01014049.jpg

ソロキャンプ2回目は、筑波山ふもとにある「つくばねオートキャンプ場」へ。

前回の無料キャンプ場と違って、何もかも整っていて利便的。
広場に出ると筑波山を眼前に望める。

のんびり豚肉とにんにくの芽で簡単バーベキュー。夜焚火。
朝はウインナーとコーヒー(ウインナーコーヒーではない)

虫少ない、洗い場きれい。トイレ近い(前回は歩いて5分・・)
とても気持ちいいキャンプ場だったさね。また来たい(^.^)



# by harurei | 2017-06-05 01:28 | Leica Ⅲf | Comments(0)
2017年 06月 02日

天才スナッパー


わしって天才カメラマンかも。

「いい写真」「物語が想像できる」「ずっと見ていたい…」褒めてもらえる。自分でも悪くないと得心。センスがあるのだ。努力して勝ち得たものではない。生まれたときから備わっている類い稀なる感性、才能。わしって天才カメラマンかも。

なんて夢のような思い込みを、跡形もなく灰にされた出来事があったので報告しよう。

先日のこと。社員旅行の下見のため、後輩くんと某観光地へ向かった。わしはルートの確認を行い、後輩くんには現地の様子を撮影してもらうためiPadを渡した。

写真を撮りはじめた彼を見て、わしは戦慄した。

腰掛けているお婆ちゃん、店頭で饅頭を売る女の子、談笑しながら歩いているカップル彼らの前に立ち、真正面でiPadを掲げて堂々と撮っている。遠慮なくレンズを向けている。人目を気にする、距離を置く、そんな概念がかけらもない。泰然と踊るように何枚も撮っている。

「おま・・何してんの・・」
「撮っています」それはそうだけど。

彼が撮った写真を見る。人が明瞭に描写されており、背後の景観が過不足なく縦構図に落とし込まれている。スナップ特有の後ろめたさがない。さりとてノーファインダー撮影に散見される退屈さとも違う。いい写真。

当然撮影に気づいて眉をひそめる人もいる。しかし後輩くんの邪気のなさ、無害さはまるで子供のようなのだ。「子供が撮るなら仕方ない。ま、いっか」そんなニュアンスで目こぼしされている。

無断撮影されても気にならない。許せてしまう。
そうした人柄や雰囲気は、決してつくれるものではない。まさに生まれ持った才能。

自分にはそこまでできない。勝てる気がしない。
天才スナッパーの発見に、わしは立ち眩みを抑えることができなかった。



# by harurei | 2017-06-02 02:21 | カメラ雑感 | Comments(6)
2017年 05月 29日

上高地

d0316655_00445642.jpg
d0316655_00543703.jpg

バスツアーで上高地にきたんさ。
AM5:10、大正池。
ここから6時間自由行動。とても寒い。


d0316655_00451184.jpg
d0316655_00495779.jpg
d0316655_01051996.jpg

河童橋に到着。暖かな日差しが沁みる。
穂高連峰の山容が見える。
頂上から上高地を望んでみたい。


d0316655_00454020.jpg
d0316655_00454542.jpg

梓川沿いを歩く。水透明すぎ・・・
ニリンソウ群生中。鳥がひとり言を言っている。


d0316655_00455868.jpg
d0316655_00494770.jpg

最後に明神池へ。
異次元の美しさ。

本当に来てよかった。
いつの日か、テント担いで穂高岳に挑戦するぞー



# by harurei | 2017-05-29 01:41 | Leica Ⅲf | Comments(7)