2013年 10月 06日

バルナックライカⅢf


写真を見ている中で、稀に柔らかさと立体感のある作品に出会う。
キャプションを見ると総じてライカ。特にモノクロには「何か」あると感じる。
良さに気づいて以来、ライカについて少しずつ調べるようになった。

ライカには旧式のバルナック型とM型とあり、もっぱらM型が主流らしい。
バルナックを改良して使いやすくしたのがM型。当然人気がある。

しかしわしはバルナック型の美しさにやられた。
バルナックは使いづらいという。それでもよかった。
価格帯がM型ほど高価ではないことも魅力だった。

手が出る範囲の価格帯で見つかったら欲しい・・・
使いづらいといってもKONSTRUKTOR程ではないだろう―

そんな折、大変安価なバルナックライカⅢfに出会う。
店員に返品不可を強調される。綺麗だし大丈夫な気がした。

使えなかった場合を考えてレンズは慎重に選定。
とにかく安いL型レンズを探す。
ロシア製のジャンクレンズを発見。見た目だけエルマー。
M8で試写させてもらう。かなり眠い絵を描く。それでもよかった。

そうしてわしはバルナックライカを手に入れた。


d0316655_21121781.jpg



格好いい・・・。
際立つレンズの妖しさ。


レンジファインダ―の二重像は薄いけど見える。
各部の操作も大体わかった。

バルナックの一番の難関はフィルム装填。
フィルムの先を11cmカットして入れるという独特のやり方。
試しに切らずに入れてみたら入る。
巻き上げ、巻き戻しノブが正常に連動している。
何だか切らなくてもよさそう・・・


早速試写。無事に撮れていますように・・・
現像が終わるまで不安しかない。


そして―


d0316655_21151252.jpg



撮れてた~!
レンズがレンズなのでぼんやりやむなし。
とにかく撮れていてよかった・・・

絵よりも絵のような写真を求めて―
ライカとも上手く付き合っていけるといいな(^o^)

# by harurei | 2013-10-06 21:26 | Leica Ⅲf | Comments(10)
2013年 10月 05日

有楽町


d0316655_2250247.jpg
d0316655_2249842.jpg
d0316655_22531353.jpg


「どんな写真撮ってるの?」そう問われると言葉に詰まる。
テーマも目的もなく、撮れそうなものを探ってカメラに手をかける。

「本質を・・・撮っているのさ」
そう答えられるようになりたいw

# by harurei | 2013-10-05 23:00 | Nikon F3 | Comments(0)
2013年 10月 04日

猫とブレ

d0316655_0573564.jpg


猫の写真はちょいブレがいい。
とらえようのない感じで。(言い訳)

# by harurei | 2013-10-04 01:02 | Nikon F3 | Comments(3)
2013年 10月 02日

水彩猫

d0316655_2372222.jpg


久しぶりに水彩猫。
葉書に描いてそのまま友達にあげたんさ~
喜んでもらえて(^o^)ヨカタ

# by harurei | 2013-10-02 23:14 | 水彩画 | Comments(4)
2013年 09月 29日

これから

d0316655_17435022.jpg
d0316655_17435920.jpg


F3でも撮ったんさ(^o^)

# by harurei | 2013-09-29 17:47 | Nikon F3 | Comments(2)
2013年 09月 28日

135mm

d0316655_18303434.jpg


Triotar135mmレンズでさっそく撮影。
オールドレンズらしい写り!

# by harurei | 2013-09-28 18:42 | Comments(0)
2013年 09月 28日

v3800NにTriotar

d0316655_12101139.jpg


すっかり活躍の場がなくなったVivitarv3800NにM42マウントをかませて
Triotar135mmをつけてみた。格好いい・・・。

# by harurei | 2013-09-28 12:12 | Comments(2)
2013年 09月 22日

台風のあと

d0316655_18391418.jpg



日が落ちる直前のあやうい美しさは表面しか写せないけど
記憶が少し補完してくれる。

# by harurei | 2013-09-22 18:50 | Nikon F3 | Comments(2)
2013年 09月 21日

神橋

d0316655_011457.jpg

# by harurei | 2013-09-21 00:14 | minolta autocode | Comments(0)
2013年 09月 19日

207段

d0316655_2218506.jpg

# by harurei | 2013-09-19 22:19 | minolta autocode | Comments(0)
2013年 09月 18日

それぞれの写り

d0316655_22523364.jpg
d0316655_2252265.jpg
d0316655_22524222.jpg


上: KONSTRUKTORでリバーサルフィルム。
中: NikonF3でカラーネガフィルム。
下: オートコードでカラーネガフィルム。

# by harurei | 2013-09-18 22:59 | minolta autocode | Comments(0)
2013年 09月 17日

倉式

d0316655_23293677.jpg


それティーカップ・・・

# by harurei | 2013-09-17 23:31 | Nikon F3 | Comments(0)
2013年 09月 17日

マネキン

d0316655_0225755.jpg


マネキンなら遠慮なく撮影できる!

と思ったけど、店員さんの目が気になって
結局遠慮しながら撮影したという・・・

# by harurei | 2013-09-17 00:29 | Nikon F3 | Comments(0)
2013年 09月 16日

逍遥園


ファインダーで見た通りに撮れる―


フィルム一眼カメラを使って、そんなことに驚いた。
完璧なプレビューが液晶に貼りつくデジカメでは当たり前のこと。
でもフィルムはすぐ見ることができないから
ファインダーの絵を信じて・・・
(こう撮れていますよう!)願いをこめて・・・
シャッター押すしかない。

すると、大抵そのように撮れてる。
むしろ、思っていたより幾分よくなってる気がする(ぉ



d0316655_11154412.jpg
d0316655_1117497.jpg


焦点位置も簡単に変えられる~



d0316655_11155945.jpg


花の咲いていない時期の庭園のひっそり感が好き。
唯一咲いていた萩。


-------------------

# by harurei | 2013-09-16 11:41 | Nikon F3 | Comments(0)
2013年 09月 15日

東照宮美術館

d0316655_20594974.jpg


東照宮の敷地内にある日光東照宮美術館。
横山大観、中村岳陵、荒井寛方、堅山南風―
日本画家たちの襖絵がそのまま飾られている。

混雑する東照宮と対照的に、閑かで落ちつく空間。
東照宮に立ち寄った際はぜひ(^o^)


--------------------

# by harurei | 2013-09-15 21:11 | Nikon F3 | Comments(2)
2013年 09月 14日

東照宮2

d0316655_21512018.jpg
d0316655_21504863.jpg
d0316655_21513030.jpg
d0316655_2151056.jpg



# by harurei | 2013-09-14 21:52 | Nikon F3 | Comments(0)
2013年 09月 14日

東照宮1

d0316655_2185093.jpg
d0316655_2191194.jpg
d0316655_21194813.jpg
d0316655_21103692.jpg



# by harurei | 2013-09-14 21:21 | Nikon F3 | Comments(0)
2013年 09月 09日

とんぼー

d0316655_2315212.jpg


カメラ近づけても泰然としていてくれるから好きw


------------------

# by harurei | 2013-09-09 23:07 | Nikon F3 | Comments(0)
2013年 09月 06日

横断歩道

d0316655_035678.jpg


横断歩道の群衆撮るの好き。
本来記憶に残らない場面だからね。


--------------------

# by harurei | 2013-09-06 00:39 | Nikon F3 | Comments(2)
2013年 09月 02日

二荒山神社

d0316655_165554.jpg


NikonFE2でも撮影~
F3よりシンプルだし軽いし性能いい。とても扱いやすい。

でも―
常に持ち歩くとしたらやっぱりF3かな。
そばにいるだけで満たされる感覚は他にない。

名機と言われるカメラは、作画の素晴らしさではなく
カメラそのものの魅力が讃えられているのだと思う。


--------------------

# by harurei | 2013-09-02 01:19 | Nikon FE2 | Comments(2)