2017年 06月 02日

天才スナッパー


わしって天才カメラマンかも。

「いい写真」「物語が想像できる」「ずっと見ていたい…」褒めてもらえる。自分でも悪くないと得心。センスがあるのだ。努力して勝ち得たものではない。生まれたときから備わっている類い稀なる感性、才能。わしって天才カメラマンかも。

なんて夢のような思い込みを、跡形もなく灰にされた出来事があったので報告しよう。

先日のこと。社員旅行の下見のため、後輩くんと某観光地へ向かった。わしはルートの確認を行い、後輩くんには現地の様子を撮影してもらうためiPadを渡した。

写真を撮りはじめた彼を見て、わしは戦慄した。

腰掛けているお婆ちゃん、店頭で饅頭を売る女の子、談笑しながら歩いているカップル彼らの前に立ち、真正面でiPadを掲げて堂々と撮っている。遠慮なくレンズを向けている。人目を気にする、距離を置く、そんな概念がかけらもない。泰然と踊るように何枚も撮っている。

「おま・・何してんの・・」
「撮っています」それはそうだけど。

彼が撮った写真を見る。人が明瞭に描写されており、背後の景観が過不足なく縦構図に落とし込まれている。スナップ特有の後ろめたさがない。さりとてノーファインダー撮影に散見される退屈さとも違う。いい写真。

当然撮影に気づいて眉をひそめる人もいる。しかし後輩くんの邪気のなさ、無害さはまるで子供のようなのだ。「子供が撮るなら仕方ない。ま、いっか」そんなニュアンスで目こぼしされている。

無断撮影されても気にならない。許せてしまう。
そうした人柄や雰囲気は、決してつくれるものではない。まさに生まれ持った才能。

自分にはそこまでできない。勝てる気がしない。
天才スナッパーの発見に、わしは立ち眩みを抑えることができなかった。



# by harurei | 2017-06-02 02:21 | カメラ雑感 | Comments(6)
2017年 05月 29日

上高地

d0316655_00445642.jpg
d0316655_00543703.jpg

バスツアーで上高地にきたんさ。
AM5:10、大正池。
ここから6時間自由行動。とても寒い。


d0316655_00451184.jpg
d0316655_00495779.jpg
d0316655_01051996.jpg

河童橋に到着。暖かな日差しが沁みる。
穂高連峰の山容が見える。
頂上から上高地を望んでみたい。


d0316655_00454020.jpg
d0316655_00454542.jpg

梓川沿いを歩く。水透明すぎ・・・
ニリンソウ群生中。鳥がひとり言を言っている。


d0316655_00455868.jpg
d0316655_00494770.jpg

最後に明神池へ。
異次元の美しさ。

本当に来てよかった。
いつの日か、テント担いで穂高岳に挑戦するぞー



# by harurei | 2017-05-29 01:41 | Leica Ⅲf | Comments(7)
2017年 05月 23日

初ソロキャンプ

d0316655_23483226.jpg

前回は友人とキャンプしたけれど、今回は初のソロキャンプ。
家から車で5分、無料のキャンプ場へ。
日曜に一泊して翌朝出社する計画だ。

テント設営して夕方から一人バーベキュー。
暗闇の下で肉を焼く(焼け具合不明)

ついつい何もせずだらけてしまう。
蚊取り線香を焚き、まったりツイート。
写真は気楽に撮りたくて、ライカチェキしか使わなかった。

日曜にテント泊する人なんていないらしく
やがてキャンプ場に一人となる(管理人のおじさんは17時に帰った)

終始虫とのたたかい。
円弧を描きながら緩やかに寄ってくる虫、一直線に突っ込んでくる蜘蛛。
テント内にだけは入らないように注意していたのに・・・い、いるし!!
最終的に、多少は気にしないことにして寝た(ぉ

でもおもしろかった。山のテント泊に向けて少し前進。
みんなソロキャンプはじめれば、ソロキャンプオフできるのに(どんな)



# by harurei | 2017-05-23 01:57 | Leica SOFORT | Comments(13)
2017年 05月 18日

釈迦ヶ岳

d0316655_03002336.jpg

本来はツツジの名所。


d0316655_23454716.jpg

本来は美しい展望。


d0316655_23462930.jpg

小雨霞む中、登り4時間、下り3時間。
時期も気候も良くない、何もない山道をストイックに歩いた。

「熊が行動している形跡があります。充分注意してください」

登山口にそんな貼り紙があったので(遭遇したらどうする?)とシュミレートしながら歩く。
幸い鉄の塊(バルナックライカ)を首に提げている。これを振り回そう。
基本的に熊は人をおそれているし、臆せず大声を出せば逃げてくれる(はず)
しかし人を襲ったことがある熊は、実は人が弱いことを知っている。逃げるしかない。
できれば写真・・・1枚くらい撮りたい・・・無理か・・・・


d0316655_23471947.jpg

そんな緊張感もありつつ無事に下山。
テント泊デビュー目指して、徐々に経験値上げていくぞー



# by harurei | 2017-05-18 03:52 | Leica Ⅲf | Comments(8)
2017年 05月 16日

Cafe LeSiNa

d0316655_01164113.jpg


# by harurei | 2017-05-16 01:20 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2017年 05月 11日

いい写真


いい写真とは何か。

写真を撮る人はすべからくこの命題に突き当たる。
評価の高い作品に同調できなかったり、名もない写真に惹かれたり。
商業写真と芸術写真の「いい」は異なるから難解だ。

感性や経験、気分で写真の見え方は変わる。
大衆的な好みはあるけれど、正解はなさそう。
実際は人それぞれ、自分なりの基準で「いい写真」を判別している。

わしが思う「いい写真」の基準は、鼻につくかつかないか。
鼻につかない写真はいい写真。
どんなに上手い写真でも、鼻につくともうダメ。

例えばモデルさんのポートレイト。
美人、過不足のないライティング、良い構図。
そこにカメラマンの得意げなニュアンスが透けていると・・・
途端に鼻につく。自分の女気取りかっと思う(思い込み)

例えば絶景。
有名なロケーション。最適な天候と位置取り、意図したタイミングで捉えた1枚。
美しく夢のような写真だとしても、そこに虚栄心のテカりが見えるともうダメ。
途端に鼻につく。自分がこの情景を引き寄せたとでも言いたげだ(言ってない)

例えばフィルム写真。
ノートリミング、ノーフォトショでこの写り、どうよ?
的な自尊心がせりあがっている写真を見ると、呆れて肩をすくめてしまう。
聞いていないのに無加工アピールは鼻につく(わしやん)

例えば猫。
猫ブームだか何だか、猫撮っておけばいい風潮。
ブログタイトルに猫つけとけば見に来てもらえる的な(もらえない)
かわいい仕草、面白いポーズ、表情。みんな呆れるほど猫を撮るけれど
ひたすらあざとくて、鼻につ・・・かない!

結論: 猫写真はいい写真



# by harurei | 2017-05-11 03:09 | カメラ雑感 | Comments(14)
2017年 05月 09日

虹たるる

d0316655_00130080.jpg



# by harurei | 2017-05-09 00:23 | Leica M6 | Comments(3)
2017年 05月 06日

初キャンプ ふれあいキャンプ場

d0316655_02042168.jpg

GW、友人たちとキャンプ。
好天のキャンプ場。ファミリーでにぎわっている。
ソロの人なんていない。ソロキャンプブームとは何だったのか・・・

友人の持ってきた大型テントの横に、自分の1人用テントを設置。
この機に練習だ~

d0316655_02052747.jpg

即効で友人の子供に奪われるマイテント。

d0316655_02070672.jpg

お肉とてもおいしい。
わしはみんみんの餃子とイチゴを持っていった(栃木らしさ)

d0316655_02303603.jpg
d0316655_02080298.jpg

焚火とボードゲームで更ける夜。

d0316655_02335217.jpg

朝晩の冷え込み。
家のテント泊経験を活かして、防寒対策を強化したのでよく眠れた。
朝はホットサンドとコーヒーをいただく。
ソロキャンプだったら、こんな充実した朝は望めない。

d0316655_02100634.jpg

初キャンプとても楽しかった。
要領が少しわかったさね。
ソロで行うのは勇気いるけれど、やるぞ~



# by harurei | 2017-05-06 02:52 | Leica M6 | Comments(10)
2017年 05月 02日

レンズカフェ "ズマール編"



「ズマールをお願いします」


ボケ玉ズマール。
人によって好き嫌いが分かれるというこのレンズ。
人によって、というところがいかにもレンズ心を撫でる。
そう言われたら(自分なら使いこなせる)と信じて挑みたくなる。

ズマールを持ってきたホロゴンさんは肩をすくめた。
「これは気持ちが盛り上がらないレンズです」
不意の毒舌に面食らう。「見た目が地味で、ライカらしくなくて」

エルマー50/3.5と同じ沈胴式レンズ。
先端を引っ張り、半回転させてロックする機構。
確かに、エルマーの放つ老紳士然とした佇まいがズマールにはない。
ただカメラから張り出した円筒といえる。

「でも目を見張る写りをするときがあるので、一部に熱狂的な信者がいますね」
あなたはどうかしら。試されている気がする。


d0316655_00155911.jpg
d0316655_00243379.jpg

d0316655_00152000.jpg
d0316655_00154900.jpg

撮っていても手ごたえがなかった。
確かに気持ちが盛り上がらない。フィルム消費が進まない。

しかし、地味ならではの良さ。
人に向けても警戒されにくいと感じる・・・
何気ない場面、情景を自然にスナップできる稀有なレンズかもしれない。


次はどのレンズにしようかな。
悩んだ末、僕はホロゴンさんを呼んだ。

「注文します。借りたいレンズは―」



--------------------------------------------

ま、まさかの続編(1年以上ぶり・・・)
レンズカフェって何?という方は こちらをぜひ(^.^)



# by harurei | 2017-05-02 02:22 | レンズカフェ | Comments(7)
2017年 04月 29日

庭でテント泊

d0316655_16342165.jpg
d0316655_16285308.jpg

準備できた♪
雲行きあやしい。雷鳴っている。

悪天候シミュレーションしよう・・・
やばいときは家に帰ろう(ぉ



# by harurei | 2017-04-29 16:42 | Leica M6 | Comments(9)
2017年 04月 24日

ひとりバーベ

d0316655_23464039.jpg

山で一人テント泊がしたい。
山で一人バーベキューもしたい。

わしにはそんな野望がある。
しかしいきなりテン場デビューは敷居が高い。順を追って練習していこう。

① 庭で一人バーベキュー → 庭でテント泊
② キャンプ場で一人バーベキュー → キャンプ場でテント泊
③ 山で一人バーベキュー → 山でテント泊

この計画でいこう。
まずは庭で一人バーベキューや。

いつ買ったのかよくわからないコンパクトテーブルと
暗室に置いていた椅子を引っ張り出して庭に置く。

取り寄せたコンパクト焚火グリルを乗せて、あとは焼くだけ。




豚肉とししとうだけだと飽きる・・・

さぁ次は庭でテント泊に挑戦。
暗室テントでの経験を活かすぞ(活かせるのか)




# by harurei | 2017-04-24 00:49 | Leica Ⅲf | Comments(7)
2017年 04月 22日

師匠


"師匠"と呼ばれることがある。


写真歴も実績もないのに師匠・・・?

いったい、わしの変わった写真観に共感を得たからだろうか。
そもそも弟子にすると認めた覚えがないし、一方的に呼ばれているから完全に押しかけだ。
といっても(気持ちだけは)うら若き女子に持ち上げられるのは悪い気分ではない。

そうなると認めた覚えはないけれど、一応弟子(仮)の写真が気になってくる。
ま、まあ師匠として見ておいてやるかという不遜な目線。
彼女たちが良い写真を載せていると誇らしい(←何も教えていない)
写真が他の方に褒められていると誇らしい(← 〃 )
微妙な写真を載せているときは・・・そっと顔をそむける(ぉ

何も教えないわしだけど、弟子に一つだけ言いたいことがある。

”自分のセンスを活かして”

人のセンスを真似して背伸びしても光はのらない。
そういう写真は見てわかってしまう。顔そむける(ぉ
せっかくそれぞれのセンスを持っているのだから
自分の目線で、こだわりで、光を紡いでほしい。

それでも・・・
もしわしのように撮りたいと言うのなら

・フィルムしか使わない
・露出補正をしない
・傾き補正をしない
・トリミングをしない
・ウォーターマークを入れない
・タイトルにこだわらない

以上を守ること(要するに何もしない・・・)
これはわしだから活かせるわしのセンスなんよ。
なぜ何もしないことが良いのか、自分には解釈がある。
ただ真似してもコピーになるだけ(そもそも真似したくないさねw)


でもなぁ・・・
どうせ弟子を取るならもっと素直でやさしい子がよか(バシッ



# by harurei | 2017-04-22 00:02 | カメラ雑感 | Comments(8)
2017年 04月 17日

桜を見る会

d0316655_00505993.jpg

安倍首相主催「桜を見る会」が開かれた新宿御苑に行ってきた。(招待はされていない)
まだ見頃。春日を受けて瞬いている。


d0316655_00585200.jpg
d0316655_01030523.jpg



# by harurei | 2017-04-17 01:12 | Leica Ⅲf | Comments(13)
2017年 04月 11日

陽射し

d0316655_23035762.jpg

陽射しが好き。

d0316655_23034270.jpg


# by harurei | 2017-04-11 23:09 | Leica Ⅲf | Comments(6)
2017年 04月 10日

Cherry Blossoms in Rain

d0316655_23103454.jpg



# by harurei | 2017-04-10 23:29 | Leica Ⅲf | Comments(7)
2017年 04月 10日

つがスポーツ公園

d0316655_00374177.jpg
d0316655_00451719.jpg



# by harurei | 2017-04-10 00:46 | Leica M6 | Comments(6)
2017年 04月 06日

東京国際フォーラム

d0316655_22180240.jpg

下田オフ会議は、東京国際フォーラムの一室で行われた。

d0316655_22155355.jpg

併設されたカフェの一室で(ぉ



# by harurei | 2017-04-06 22:24 | Leica M6 | Comments(6)
2017年 04月 06日

下田オフオフ


元々―
ぽてさ、ともさとは「ブログを楽しみたいサークル」で交流があり
わしが「光のほそ道」を立ち上げたとき、真っ先に参加してくれた超初期メンバー。

第一回目の高尾山オフは、遠方のぽてさは参加難しかったけれど
ともさ、あきさ(ともさが連れてきた)、まさこさ(元気かなー)、わしの4人で行われたんよ。

今回、下田オフオフ(下田オフを話し合うオフ)に集まったのが
まさにこの最初のメンバーに近い。

日本代表でいえば、長谷部、長友、本田、岡崎の招集といえる。

d0316655_01081478.jpg
d0316655_01093814.jpg
d0316655_01045785.jpg
d0316655_01164295.jpg
d0316655_01091445.jpg
d0316655_01145217.jpg

ち、ちゃんと話し合いもしたし!



# by harurei | 2017-04-06 01:23 | Leica M6 | Comments(10)
2017年 04月 05日

足利市民体育館

d0316655_01295690.jpg
d0316655_01422218.jpg
d0316655_01300570.jpg
d0316655_01301272.jpg
d0316655_01302076.jpg
d0316655_01303711.jpg
d0316655_01304455.jpg
d0316655_01415439.jpg
d0316655_01420039.jpg



# by harurei | 2017-04-05 01:44 | Leica M6 | Comments(2)
2017年 04月 04日

足利

d0316655_00071800.jpg

一度、一日に何度も更新をやってみたかった!




# by harurei | 2017-04-04 00:08 | Leica M6 | Comments(6)