2016年 06月 14日

*汐風にふかれて葛西オフ*モノクロフィルム

d0316655_22411856.jpg
d0316655_23241760.jpg
d0316655_22413112.jpg
d0316655_22505123.jpg
d0316655_22503540.jpg
d0316655_22405904.jpg
d0316655_23323138.jpg
d0316655_22585589.jpg
d0316655_23233151.jpg
d0316655_23282636.jpg
d0316655_23020384.jpg
d0316655_23133358.jpg


# by harurei | 2016-06-14 23:35 | Leica M6 | Comments(9)
2016年 06月 13日

*汐風にふかれて葛西オフ*レポート


「撮影禁止です」

水族館のバックヤード見学ツアーに向かう直前のこと。係員が高らかに宣言。
写真のオフ会で「撮影禁止」の場所に進む事態に(^-^;)
そんなハプニングもあったけれど*汐風にふかれて葛西オフ*をレポートするさね。

今回の企画はベテラン幹事のyuhki*tomoさんによるもの。
londonphotoさんの帰国に合わせて予定を構成してくれた。
水族館で写真を撮って、園内を歩いて東京で飲む計画だ。

参加者はいつものメンバー6人+新しい方が3人。
この新しい仲間と会う間際の緊張感が結構好き。
みんな時間通りに来てもらえたので無事合流~
新しい方の印象を書こう。



まず主役。ロンドン在住のlondonphotoさん。
d0316655_23514550.jpg
帰国の間を縫って、このオフに参加してくれた。
ワイルドで体格のよい長身イケメン。眼鏡からのぞく双眸に知的な深み。
初参加の緊張感はどこにもない。時折帽子を回してスイッチを入れる。
関西ノリ+親しみやすい人柄に惹き込まれて自然と笑顔になれる。

オフに参加した理由「j-timeを体感してみたかったから」 にみんな爆笑w

そして彼は最近、ミャンマーもつれた時の輪という本を出版。
ミャンマーの情景が肌で感じられる旅行記なんよ。興味ある方はぜひ!



続いてjinさん。
d0316655_23562081.jpg
思った通りの柔らかい雰囲気と穏やかな物腰。
光のほそ道の良心と任命したい。(対極は光のほそ道の悪童ワルセド)
彼のハンドストラップとカメラは右腕と同化しており
ターフを駆ける馬の、美しさとしなやかさを以って最短距離で対象へ向かう。
捉えてシャッターを押すとき、物静かなjinさんから一瞬野生が放たれる。
瑞々しいスナップの秘訣を垣間見た。

「写真やっていてよかったな」彼の一言が忘れられない。



もう一人は動物写真家、bigtigerさん。
写真家の方が参加してくれる日が来るなんて。しかも名前は大きな虎。何だかこわそう・・・
d0316655_23531461.jpg
登場したbigtigerさんは、小柄なおじさんだった。
「小さいタイガーです」の一言に、みんな和んで胸をなで下ろす。
bigtigerさんは対象をよく観察している。
光、水槽、魚、来場者の流れを汲んで、求める場面を遠目から計算高く探っている。
長年の経験から、撮る前から撮る撮らないの判断ができるのだ。
漫然と歩いているように見えて、実は頭をフル回転させている―

「実は昨夜は30分しか寝ていないんです」
昼食時、タイガーさんの一言にびっくり。大丈夫だと言いながら
その後のコメントで「殆ど半分夢の中でございました」 と告白。
・・・頭フル回転していなかった(^-^;



いつものメンバーも適当に紹介しよう(ぉ



d0316655_23542052.jpg
いつ撮っているのかわからないスナップ力はさすがの一言。
そんな彼のセンサーが反応した瞬間の、とてもレアな一枚。



chocoyan2さん
d0316655_23554205.jpg
途中まで(何か足りない)と思ってたら彼女が大人しかった。
でもそれは気のせいで、いつも通りの楽しいchocoyan2さんだった。
(お昼に飲んでからスイッチが入った可能性・・・)



d0316655_23550622.jpg
先週幹事を成功させたことで、堂々として落ち着いてみえた。
でもそれは気のせいで、例のjasminetea-mさんだった。
いつも以上にj-timeにキレがあり、londonphotoさんを大いに喜ばせた(ぉ



Alcedoさん
d0316655_23523080.jpg
マイペース度合いで誰にも負けないAlcedoさん。
しかし、今回は頴娃さんという大物がいる。どっちがよりマイペースなのか!?
いい勝負になるかと思われたが、トイレ事件で頴娃さんが圧倒・・・w



d0316655_23571079.jpg
いつも通りの優しいyuhki*tomoさん。
幹事もすっかり慣れて、この無類のマイペース集団を柔らかくまとめて進行。
遠方からkikkoさんやlondonphotoさんが安心して参加できるのは彼女のおかげなのだ(^o^)



それでは、今回のj-time

ロンドン「僕は麺類が好きで、うどんで育ったんです」
ジャス「それでそんなに大きくなったんですね! 」


今回のジャス&あるバトル

ジャス「私、品がありそう?」
あるせど「ないね」

ジャス「私、品がありそう?」
ロンドン「上品じゃないですか」

ジャス「私、品がありそう?」
ちょこ「育ちがいい感じですよー」

ジャス「ほら、みんな上品ですって」
あるせど「上品な人が"ジャス姐さん"とか言われないだろww」

※他のj-timeは割愛しますw



今後、みんなのブログでもオフの様子が更新されていくはず。楽しみ。
課題も残ったけれど、今回気づいたことを少しずつ改善していけるといいな。

みんなお疲れさま。わしも楽しかったよ!
それではまた、次の光のほそ道で。




# by harurei | 2016-06-13 02:22 | オフレポート | Comments(14)
2016年 06月 04日

暗室猫

d0316655_20270508.jpg

テント暗室の蒸し暑さが心地良いみたい。
引き伸ばし機の傍で、薄目で伸びていた。



# by harurei | 2016-06-04 23:15 | Leica M6 | Comments(15)
2016年 06月 03日

更新できない理由


最近更新が滞りぎみ。
なぜなら・・・
子猫が家にきたから!

名前はむー。3月生まれ。まだ小さい。

ツンデレなんよ。散々空を飛び、噛みまくり、駆け回り
抱っこすると嫌がって鰻のように手から滑り落ちるのに
疲れると胡坐の上で丸くなって喉を鳴らしている。

あぁ~~
もう何もできなくなる!!!

・・・という訳で、更新が滞っているんよw


場つなぎで、以前に書いた雑感をピックアップ。
わしの写真に対する少し独特な考え方が見える。
よかったら読んでみてね。

 このブログで最初に書いた記事。

 モノクロ好きには2タイプあるという話。

 わしの変わったポートレート観。

 かっこいい写真は満足できないという話。

 高い志でカメラを使いはじめた結果・・・

 構図についての考え方。



# by harurei | 2016-06-03 01:18 | カメラ雑感 | Comments(9)
2016年 05月 25日

池袋

d0316655_23423698.jpg

わし 「店内、写真撮っても平気ですか?」
店員 「どうぞどうぞ!」

そして撮るのは水だけ・・・



# by harurei | 2016-05-25 23:47 | Leica M2 | Comments(6)
2016年 05月 23日

ルノワール展

d0316655_22392133.jpg

国立新美術館で開催中のルノワール展を見た。
"ムーラン・ド・ラ・ギャレット”の原画を見られる日が来るなんて。

「好きな画家は?」という質問に対して
「ルノワールと自分」と答えるほどルノワール好きのわし。

やさしい光の色彩。
柔らかく、人の感情を浮かせる筆跡。
原画を見たらどんな気持ちになるだろう・・・

さすがに混んでいた。
人波の隙間から、ムーラン・ド・ラ・ギャレットを見る。

思ったより感動しないのう。
ルノワールの絵は時を経て、少しくすんでいた。
光の力が衰えて、古く感じた。

ゴッホのひまわりの原画を見たときは驚きがあった。
油絵具の厚みに実体があり、生の迫力を知ったさね。

生の絵は、生き物と同じでそれぞれに寿命があるのだと思う。



# by harurei | 2016-05-23 23:08 | Leica M2 | Comments(10)
2016年 05月 23日

熊本VS水戸

d0316655_02141413.jpg

熊本地震復興支援マッチを観戦。
場所は日立柏サッカー場。
J2ロアッソ熊本のホームスタジアム代替地として選出された。

熊本は連携ミスやパスの粗さが目立つ。
トレーニング不足の影響が見える。
少しずつ立て直っていってほしい!

d0316655_02123452.jpg



# by harurei | 2016-05-23 02:38 | Leica M2 | Comments(3)
2016年 05月 15日

門前地区

d0316655_19463691.jpg

写真を撮りたくて、車で20分。真岡市の門前地区へ。
空き店舗を改修した雑貨店やカフェが並んでいる。
古い町並みをいい感じに撮れたら。フィルム2本持っていこう。

歩き始めて早々、猫発見。

d0316655_19495993.jpg
d0316655_19471901.jpg
d0316655_19481001.jpg
d0316655_19482450.jpg
d0316655_19483589.jpg

フィルム2本、猫で終わった・・



# by harurei | 2016-05-15 21:21 | Leica M2 | Comments(20)
2016年 05月 14日

引き伸ばし機

d0316655_23571356.jpg

フィルムカメラは"景色を取り込む"機械。
引き伸ばし機は"景色を取り出す"機械。

手で触れられるような、景色を取り出してみたい。
(女子に触れられるような、ではない)←誰も言ってない



# by harurei | 2016-05-14 03:16 | テント暗室 | Comments(5)
2016年 05月 11日

BlackBerry Priv

d0316655_00421010.jpg

AT車より、MT車
ハイレゾ音源より、レコードプレーヤー
デジタルカメラより、フィルムカメラ

iPhoneより、BlackBerry



# by harurei | 2016-05-11 01:23 | Leica M2 | Comments(7)
2016年 05月 10日

トロマル2

d0316655_23561239.jpg
d0316655_23555279.jpg
d0316655_23575334.jpg
d0316655_23564402.jpg

カバンを整理していたら、出てきた1本のフィルム。
NEOPAN400PRESTOだった。久しぶりに使えて嬉しかったな(^_^)



# by harurei | 2016-05-10 00:06 | Leica M2 | Comments(0)
2016年 05月 08日

トロマル

d0316655_23012226.jpg
d0316655_23055872.jpg
d0316655_22593967.jpg



# by harurei | 2016-05-08 23:22 | Leica M2 | Comments(7)
2016年 05月 05日

横浜文体

d0316655_02103677.jpg

女子プロレス団体アイスリボンの、横浜文化体育館大会を観てきた。
女子プロレスは感情のぶつかり合い。
体格差とか経験では比較できない。
戦って、素を曝け出して主張する姿に熱くなる。
クールなわしが涙ぐんでしまうほどに。

外見?露出目当て?と思われがちな女子プロレス。
そうではない。筋肉の躍動とは違う次元の、感情の昇華がここにはある。

外見は、重要な要素では決して・・・

d0316655_03072066.jpg

決して・・・



# by harurei | 2016-05-05 03:14 | Leica M2 | Comments(4)
2016年 05月 01日

写真の夏への扉

d0316655_02055959.jpg

夏を求めて、猫は扉を開けていく。
扉、箱、空間、気になる場所全て。
そこに夏(理想)があると信じて。

写真にも、夏への扉がたくさんある。

一眼の扉、マクロの扉、望遠の扉、オールドレンズの扉、RAW現像の扉
二重露光の扉、三脚の扉、ポラリエの扉、フィルムの扉、モノクロの扉
中判の扉、大判の扉、ベスト判の扉、写ルンですの扉、中古カメラの扉
ローライフレックスの扉、ライカの扉、ピンホールの扉、暗室の扉、写真展の扉・・・

「ライカは最高」
「暗室で印画紙に像が浮かび上がる瞬間といったら」

先人たちの言葉には真実がある。
いろいろ開けてきた。わしには少しわかる。
写真をはじめたころ記号でしかなかった単語が、今は手触りある言葉。

次はネット写真展の扉。夏はもうすぐ。



# by harurei | 2016-05-01 21:01 | カメラ雑感 | Comments(6)
2016年 05月 01日

太平山

d0316655_02063334.jpg

8月八ヶ岳に向けて、山登り再開(^o^)ヤルゾー



# by harurei | 2016-05-01 02:37 | Leica M2 | Comments(2)
2016年 04月 28日

お茶

d0316655_00582622.jpg



# by harurei | 2016-04-28 00:59 | Leica M2 | Comments(7)
2016年 04月 25日

新宿駅南口

d0316655_22243440.jpg
d0316655_22242832.jpg


# by harurei | 2016-04-25 23:38 | Leica M2 | Comments(2)
2016年 04月 24日

ピンホール写真展

d0316655_18323332.jpg


見応えのある素晴らしい写真展。
自分の中の、ボケ、ブレの捉え方が変わった~

ピンホール写真って、全てにピントが合うからボケはないのだけれど
光と時間の流れが、そのままボケやブレ的な効果となって
作品に柔らかく暖かい生命を注いでいる。

ほんと、自然で肌触りのある写真の数々に惹きこまれた。
5月22日まで開催しているので、興味ある方は(^o^)ゼヒ



# by harurei | 2016-04-24 21:38 | Pinhole | Comments(6)
2016年 04月 21日

餃子居酒屋

d0316655_08224999.jpg
d0316655_08225934.jpg


# by harurei | 2016-04-21 08:24 | Leica Ⅲf | Comments(6)
2016年 04月 20日

よかとこばい


上下に揺れる機体。ざわめく乗客。

「ただいま気流が不安定のため揺れますが、心配ございません」

心配になるアナウンス。
左右に揺れる機体。ざわめく乗客。
スキーのエッジを立て直すように
傾いては戻し、傾いては戻し。
つんのめったり、引っ張られたり。
やがて胸だけ宙に浮くような感覚が続き―
イナズマのような衝撃。
滑走。

「当機は阿蘇くまもと空港に着陸しました」

おおっー
わき上がる歓声と拍手。
あれ?着陸って・・・こんなにドラマチックだったっけ?
あまりの揺れにもうダメかと思ったけど何とか熊本に到着。


2010年4月―
そうして訪れた熊本。
当時J2に降格した柏レイソルとロアッソ熊本の試合を観戦。
その後向かった熊本城の武者返しに感動。芸術的な石積み。
アーケード街は活気に満ちている。
水がおいしい。栃木の水もイケてると思っていたけれど
熊本の水は圧倒的にうまい。
また行きたい場所。


わしがフィルムに陶酔するきっかけを築いてくれた
熊本のフィルム現像所 "トイラボ"
今は営業できない状況に陥っている。

みんなに好かれている熊本。
その風色のよい風土、県民性は必ずまた。



# by harurei | 2016-04-20 00:55 | そのほか雑感 | Comments(3)