タグ:自家現像 ( 391 ) タグの人気記事


2017年 10月 17日

奥野ビル

d0316655_23134695.jpg

奥野ビルの一角でおかしな個展(*1)をしている人がいると思ったら
ナダールのグループ展でおかしな展示(*2)をしていた人だった。

まだまだ世の中にはいろんな撮り手がいる。

*1 腕にパンを巻いた写真を何枚も展示
*2 写真展なのに絵を展示



by harurei | 2017-10-17 23:29 | Leica M6 | Comments(0)
2017年 10月 15日

普通のロシアレンズ

d0316655_22224303.jpg

綺麗になって戻ってきた某ロシアレンズの写り。
ふ、普通だ~

d0316655_20342709.jpg

傷が多くて写真展に出せなかった謎のロシアレンズの一枚(ネガが擦れていた)
印画紙をスキャンしてPCで傷を取ったさね(^.^)イイ



by harurei | 2017-10-15 05:55 | Leica Ⅲf | Comments(0)
2017年 10月 13日

カフェ ラ・ボエム

d0316655_22580635.jpg


by harurei | 2017-10-13 23:03 | Leica M6 | Comments(0)
2017年 10月 12日

日暮里あたり

d0316655_21055998.jpg



by harurei | 2017-10-12 21:06 | Leica M6 | Comments(2)
2017年 10月 11日

京紫 灯花繚乱

d0316655_01051316.jpg



by harurei | 2017-10-11 01:10 | Leica Ⅲf | Comments(3)
2017年 10月 01日

monochrome life 終了


フィルム写真月間、monochrome life 終了。
来場された方、応援してくれた方、ありがとう!

フランサは―
この展示を最後に、謎のロシアレンズと共に遠い旅へ(ぉ

d0316655_21323490.jpg
d0316655_21323999.jpg

今回展示した4枚。
ロシアレンズでまとめたかったのだけど、良いプリントができなくて
右上の1枚だけズマロンで写した写真を載せたんさ。

ただこの写真、よく見てほしい。

d0316655_22113676.jpg

「映りこみが美しい!」と褒められたのだけど・・・

d0316655_22093664.jpg

逆さに展示していたぁぁ
これが正解。展示数日後に気づいて戻したんよ。
「逆さのままでいい」と言ってくれた方もいたのだけど
並べてみると確かに逆さまでも良かったのう(^-^;

ナダールは小さなギャラリー。だけど等身大のまま作品と向き合える心地よい場所で。
FILM LOVERSさぁやさの、展示への想い、出展者への愛情の深さと相まって
つながりのないグループ展なのに、謎の一体感ができて皆の作品がより映えていたさね。
初めてのわしでも仲間のように受け入れてもらえて、楽しい数日だった。

そしていただいたコメントやメッセージ、とても嬉しかった。
見ていただいた方に、何か得るものがあったならいいな。
自分は写真への刺激と共に、サークル(光のほそ道)への向き合い方にも影響受けたので
また一歩前に進みまし。そして次は”はるれい”としての初展示目指してwプリントしていこう。



by harurei | 2017-10-01 23:36 | リアル写真展 | Comments(6)
2017年 09月 29日

中屋珈琲店

d0316655_00510127.jpg



by harurei | 2017-09-29 00:39 | Leica M6 | Comments(5)
2017年 09月 28日

手作りカレー

d0316655_00563444.jpg

八ヶ岳2日目の夜は手作り(?)カレー。
わしの役割は飯盒でご飯を炊くことだったのだけど、下山して疲れていたし、外は雨だし
めんどくさくなって炊飯器で炊いた(^-^;



by harurei | 2017-09-28 01:02 | Leica M6 | Comments(0)
2017年 09月 27日

【悲報】謎のロシアレンズ、逝く

d0316655_22413433.jpg

わしは野望を抱いていた。
今回の写真展で、謎のロシアレンズの良さを広く知ってもらえるといいなと。

謎のロシアレンズはジャンク品。レンズ前面が網目状に曇っている。
ヘリコイドが重くてピント合わせに永遠に時間がかかる。
絞り調整の部位が硬すぎて腕がもげそうになる。とにかく使い勝手が悪い。
でも・・・他にはない写りをするんよ。

写真展で興味を持ってくれる方がいるかもしれない。
そしたらこのレンズをもっと頻繁に使っていきたい。
そう思って修理に出したんさ。

滑りが良くなれば問題なくメインで扱える。
ただ、このレンズの良さ(幽玄な空気感、ときに繊細な描写)の主因は曇りにあるので
くれぐれも曇りは取らないように強調して修理をお願いしたさね。

そして先日―
修理から謎のロシアレンズが返ってきたんよ。



上から、下から、光に当てて、どこから見ても一片の曇りも見えない。
水晶のように輝いている。さすがプロの修理士、いい仕事するのう。



って、うわああああああああああああ!!



曇りがない(;´Д`)

わしは咆哮をあげて修理店に戻り、レンズを突き返して激昂した・・・りせず
(自分の伝え方が悪かったのだ、、普通は曇りが取れたら喜ばれるものだ、、)
と思ってあきらめた。どう怒っても、もう謎のロシアレンズは帰ってこない。

さよなら、謎のロシアレンズ。
いみじくも、このレンズ最後の描写となった尾瀬の木道のプリントを
monochrome life の展示場でぜひ!

はぁ・・・



by harurei | 2017-09-27 00:13 | Leica Ⅲf | Comments(12)
2017年 09月 22日

蓼科山

d0316655_00490612.jpg

台風近づく3連休。
毎年恒例、友人たちと八ヶ岳2泊3日へ。

台風の進行状況によっては、山を諦めるつもりだった。
その場合、40歳のおじさん4人が、ペンションの下で2日間滞留することになる。
PS4、ニンテンドースイッチ、ボードゲーム各種を持参して体制を整える(学生か)

d0316655_01014122.jpg

終始、不穏な空模様。
短いルートなら雨雲前に降りられるとみて、決行することに。

d0316655_00491570.jpg
d0316655_01042869.jpg
d0316655_00505928.jpg
d0316655_00490157.jpg
d0316655_01065722.jpg

霧が晴れている場面もあったけれど、頂上はガスの中。
でも登ることができてよかった。下山と同時に雨が降る。

その後ペンションでウイイレ大会が開催された。



by harurei | 2017-09-22 01:15 | Leica M6 | Comments(5)