2015年 11月 14日

ライカが高い理由


ライカには魔力がある。あるらしい。
魔力とか霊力はよくわからないけれど
明らかに他と一線を画していることがある。

それは値段。

ライカMモノクローム ¥972,000
ライカM-P ¥1,077,840
ライカS ¥2,797,200

たっか!

性能、精度、特性が突出している訳ではない。
国産のハイスペック機と比べても、値段相応とは言えない。

どうしてこんなに高いんよ。
「魔力があるから」「工芸品だから」「ブランド力」
そんな曖昧な概念ではなく、明快な理由が知りたい。

竹田正一郎著 "神聖ライカ帝国の秘密"にその点が触れられていた。
ついに、その破廉恥な値段の構造がわかったので報告しよう。


(この値段には)排除価格というウラがあるのだ。
買ってほしくない相手、持ってほしくない客を排除するのだ。
そのへんのツマンナイヤツに買われて、持たれるとブランドのネウチが下がる。
だからそんなヤツラが買えないような、ベラボーなネダンを付ける。

引用元:神聖ライカ帝国の秘密「ブランド・カメラ」


ファッー!
納得した。激しく納得した。

高くても売れるという目算ではなく、あえて高くしていたのだ。
価格を貫き、歴史を経て、ライカは憧れのステータスとなった。
もちろん高度な商品性を保っているからこそ。
これはライカに限らず、世のブランドの共通項とも言える。


わしも、ライカを持っている。

値段的に縁がないカメラだったけれど
中古市でジャンク扱いの安いライカⅢf(¥18,000)を見つけて購入したんよね。

つまり―
わしのようなお小遣い月40,000円でやり繰りしている貧民層が
排除価格をくぐり抜けて、ライカセレブ界に紛れこんでしまったのである!
ライカのブランドイメージへの損害たるや・・・

※お小遣いが高いというコメントはお控えください(今後に影響するw)

フィルムカメラの価値が暴落しているのは確かで
今やライカでもフィルム式は手の届く金額で推移している。
しかしライカはライカ。持つ喜び、撮る感触は何も変わらない。

でもライカの似合う男に・・・なれるかのう(^-^;


以前書いたヴィトンとライカという記事も
少し話題が共通するのでよかったら(^o^)



by harurei | 2015-11-14 09:37 | カメラ雑感 | Comments(5)
Commented by lily1406 at 2015-11-14 10:24
haruさん おはよう~(^^)/
お小遣い40,000円で貧民層と言ってはいけないよ~。
世の平均より。。。おっとここまでにしておいてあげよう(^o^)
私もこれからライカ(フィルムの方)持つけど似合う女性になれるかな(^_^;)
お互い似合うと言われる人になれるといいね(*^^)v
Commented by aki-carvinglover at 2015-11-14 17:28
そ、そうなのか〜。
でも意外に芸術家はお金なかったりするのにね。

Commented by harurei at 2015-11-14 19:54
>ともさ
そこで「お小遣い少なすぎ!」って言わな(ぉ
ライカに手を出したら戻れないよ~
似合うかはわからないけれど、手にしていると
自ずとライカの目になっていくさね(^o^)

>あきさ
今はともかく昔は限られた人しか持てなかっただろうね。
でも薄幸そうなヴィヴィアン・マイヤーも、何気にライカとローライ使っていたのうw
Commented by river_kingfisher at 2015-11-17 00:31
お小遣い4万円は少ない!!
それじゃ、ろくなレンズは買えない!!
そんな少ないお小遣いでやりくりしているharureiさんは偉い人だ。


これでいいんですかい?
Commented by harurei at 2015-11-17 00:50
>あるせどさ
パーフェクト!!w
ほんとそう、値上げが必要だあ(ぉ
名前
URL
削除用パスワード


<< 雨宿り      谷田便利軒 >>