2015年 12月 11日

恋するライカ 2


いらっしゃいませ
ベビーピンクの照明があやしくゆらめく店内。
呼び込みのギャル男くんが明かりの向こうへ手を向ける。

席に着いて、おしぼり、灰皿。
「よろしくお願いしまぁす」
隣に来たのはショートツインテールの女の子。
眉まで隠れた前髪。くっきりとしたアイライン。
きゃりーに似ているかもしれない。
19歳くらいだろうか。

水割りを頼むと彼女は笑顔でうなずいて
まるで演舞のような所作でグラスを操った。
「どこかお店寄ってきたの?」グラスを置いて、彼女は切り出した。
「一件飲んできて、その後呼び込みに引っかかってね」
きゃりーは興味なさそうに笑った「そなんだ」

呼び込みのギャル男くんに向けて乾杯をあげた後
他愛もない話をはじめる。すっかり寒くなってきたね云々。
彼女はやはり19歳だという。
何を話題にしたらいいのかわからない。

ふとテーブルに置かれた彼女のスマホを見てオレは声をあげた。

「その待ち受け・・・」

液晶画面に、渋い錫色に輝くカメラの姿が写っている。
彼女は誇らしげに画面を指さした「カッコいいカメラでしょ?」
見覚えのある形、唯一無二のデザイン。

「ライカだ」

「えっ!わかるの?」
「オレも同じカメラ使っているからね」
「マジで」

彼女は彼氏(?)からこのライカをプレゼントされたのだが
別れた後もカッコいいから手元に置いていると明かした。
使い方がわからないというので、今度教えてあげると言うと
喜んで連絡先を教えてくれた。
まどろんだ空気から一転して盛り上がる二人。

「ライカ使っている人と会うなんて・・・興奮して喉渇いちゃった」
きゃりーは大げさに喉のあたりをさすった「飲み物頼んで、イイ?」

うなずくと彼女はオレの腕に絡みついてお礼を言った―



---------------------------------------------

なんというあり得なさ・・・
今回も妄想100%でw



by harurei | 2015-12-11 00:23 | 小説 | Comments(7)
Commented by haneymoon at 2015-12-11 00:56

?? 妄想小説家
ハルさぁぁぁん????

今回のは・・??
チョット無理があるねっ????

星一つデスなぁぁ〜っ??(-_^*)??

今度は私をモデルにした
妄想小説をぜひぜひ
書いてくだされーーッ??(*^ー^)ノ??

楽しみにして
待ってマァーース????✨✨
Commented by harurei at 2015-12-11 01:00
>ハニーさ
星少なっw
恋するライカ 48 くらいでハニーさが登場するかもね(ぉ
Commented by pote-sala at 2015-12-11 06:45
そんな出会いはあり得ないかもしれないけど、
ライカは大事にとってある・・っていう女子はいるかもしれない♪
そうさせる何かがライカにはあるんじゃ・・。

次はポニテとライカか?
Commented by lily1406 at 2015-12-11 09:33
haruさん おはよう~(^^)/
恋するライカ2 こんなに早く読めるなんてラッキ~☆
これは連載?
主人公の描写が全くないとどうしても同じ人をイメージして私は読んじゃう。
連載ならそれでいいのかもしれないけど同じ人かな~?別の人かな~?と想像できると尚いいのになぁ♪と私は思ったよ~(*^^)
恋するライカ3も楽しみにしてるね~♪
Commented by harurei at 2015-12-11 23:02
>ぽてさ
いるかもだね~!
まあこの話の男子は完全にカモられているけれど(^-^;
ポニテとライカ・・・いいかも(ぉ

>ともさ
過去作の焼き直しなのでどんどん書くよ!
読み切り連載だから、主人公は別人ってことで(^o^)
いろんなシチュエーションで書いていくさね~
Commented at 2015-12-14 08:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by harurei at 2015-12-14 22:45
>鍵コメさ
ありがとう(^o^)
名前
URL
削除用パスワード


<< 恋するライカ 3      恋するライカ 1 >>