2018年 08月 21日

franka solida III

d0316655_07490036.jpg

ライカで撮る山は、繊細で、情景を吸い寄せる写りをしてくれるけれど
もっとこう、迫るような、よりリアリティのある山を撮ってみたかった。
そこで中判がいいのでは、と思うようになる。

中判でも軽量で持ち運びしやすいほうがいい。
というわけで蛇腹カメラに着目。
マミヤ6、マミヤ7、マキナ67と有名どころは間違いないけれど
調べていくうちにまったく知らない蛇腹カメラに一目惚れした。
それがこちら。

franka solida III
1950年代の、ドイツ製の中判カメラさね。
調べても日本語の情報はほとんど出てこない。
状態は良さそうだし高価ではないし落札。

蛇腹初めてだけど、オートコードで中判は経験しているので
フィルム装填の要領はすぐわかった。
距離計が連動しないのは戸惑う。でも慣れれば何とかなりそう。
さっそく山に持っていってみよう~



by harurei | 2018-08-21 08:15 | franka solida III | Comments(2)
Commented by mon21mon at 2018-09-04 00:19
おっ!
全くのアウトオブ眼中でしたが、シュナイダーなのですね。80/2.9って、また微妙なシボリ値ですが、正直と感じました。ISOだって、400ないでしょ?
320とか、250でしょ?ってフィルムが沢山ありますからね。目の付け所がいいですね。
私も最近、fujica gs645proってのをゲットしました。中判で持ち運びに便利で手が届くお値段と言う選択です。fujinon 75/3.4とこれまた微妙なシボリ値です。写りは、現像してないのでまだわかりません
Commented by harurei at 2018-09-05 00:42
>monさ
GS645羨ましいー!
ほんと山用ならより軽量にGS645よかmakinaがベストさね~
わしも蛇腹に味をしめたら次の段階で考えたい(^O^)

frankaは下調べもなく一目惚れ落札(安い)だけど状態がとても良くて。
フィルムはacros100一択なので、ほんと絞り微妙だし手持ちだと厳しい写り・・・
三脚を用いた描写はかなり好き。

中判カメラにフィルム装填して、自家現像して、PCに取り込む一連の作業を
スマートに行える自分に酔う、というのが一番幸せな楽しみ方なのかもw
名前
URL
削除用パスワード


<< 古賀志山でレンゲショウマ      七ツ石山2 >>