2018年 11月 11日

初エクストリームアイロニング

d0316655_10522889.jpg

先日の記事で触れたエクストリームアイロニング
「極限状態の場所で平然とアイロン台を出し涼しい顔でアイロン掛けを行う」
・・・をどうしてもやりたくて、近くの古賀志山へ。

古賀志山の中腹にある岩場の上は、見晴らしもよく人も通らないので最適と思えた。
ここなら落ち着いて山でのアイロン掛けを体感できるだろう。

ULザックに小型のアイロン台とアイロンを入れる。
ULザックはフレームの入っていないペラペラの袋なのだけど
背面にアイロン台を入れることで割としっかりとした背負い心地になった。

アイロン台が1.1㎏、アイロンが775g
テントと寝袋を含めて同じくらいなので普段と変わらない負荷だ。

熱源確保は通常「小型発電機から電気を取る」か「バーナーで熱を当てる」で行う。
発電機は20㎏もあるから到底厳しい(運ぶ方もいる!)
バーナー同等品として、わしはアルコールストーブを使うことにした。
これで温めればアイロンの底金に熱を溜めることができる。


d0316655_10553452.jpg
d0316655_11404829.jpg
d0316655_10521997.jpg




崖の上、秋の日差しと柔らかな風を受けながらシワを伸ばす。
服のシワと共に心のシワも溶けていく。
山の上なのに部屋で掛けているような謎のシンクロ感。
集中できる環境、無駄のない空間だからこそ生まれる侘び寂び。
まるで茶室でお茶を点てるようなひととき。
これか、これが山でアイロンを掛けるということなのか。


d0316655_11481066.jpg
d0316655_10513309.jpg
d0316655_10523714.jpg
d0316655_10520301.jpg

最高の1日だった。
アイロニング中、通りかかった登山者は一人。
慌ててアイロン台を片づけてしまったわしはまだ経験不足。

日本でのエクストリームアイロニングの聖地は筑波山。
いつの日か、あの賑やかな山頂でアイロン掛けを。



by harurei | 2018-11-11 12:07 | 山&キャンプ | Comments(14)
Commented by river_kingfisher at 2018-11-11 12:45
片付けたんかい!(笑)
Commented by harurei at 2018-11-11 13:23
>あるさ
目立たないようによけて、過ぎていったらまた再開w
Commented by pote-sala at 2018-11-11 15:32
そのアイロニングの意義は私には見出せそうにないけど、
「アイロンがある風景」が妙に絵になるってのが気になる・・・。

Commented by harurei at 2018-11-11 18:44
>ぽてさ
でしょー!そこなんよ、妙に絵になるんよ。
わしもあまり無意味なことには惹かれないのだけど
「アイロンがある風景」の写真が気になってさ・・・
とうとう実践するまでに到ってしまた(^-^;
Commented by aki-carvinglover at 2018-11-11 23:21
でも私はそんな人を見かけたら怪しげな目で見てしまうだろうな〜w
なんだか、絵になるようなシュールなような。
それでもカラーよりモノクロだね。
カラーのポップな感じが山との比重差を壊す気がする。
Commented by harurei at 2018-11-12 00:36
>あきさ
それが自然な反応や(~_~;)
本当はアイロンを掛けている自分も入れて撮りたいw
モノクロだと雰囲気があってるよね!
でもいい天気だったのでカラーはカラーでいい感じなのだ(^.^)
Commented by mosottto at 2018-11-13 14:11
なぜ、なぜ、、そこまでつき動かされた原動力は、一体なんなのか、、!
アイロニストフォトグラファーの道へ進むしかないでしょう。
Commented by harurei at 2018-11-13 22:57
>もそっとさ
なぜそこまでアイロンにこだわるのかって?
なぜなら・・・そこにシワがあるから。(アイロニストの名言)

目指したい、アイロニストフォトグラファー!!(なんか言葉的に格好いい)
Commented by river_kingfisher at 2018-11-13 23:09
真面目に応援したいから、ちょっと考えてみた。

ヤザワ TVR54WH ミニミストアイロンなら消費電力25Wで重量185g。ヨドカメで¥1,640送料無料。
そして、電源は車用のジャンプスターター。Amazonお薦めのPUSHIDUN K24Sというのが10000mAh(ただし実力は5000mAh位らしい、でもスマホも充電できる)で962g、¥4,199円。
最後がDC-ACインバーター。例えばセルスター DC/ACインバーター HG-150だと出力150Wで、490g。Amazonで¥2,238円。

TLの重量1,637g、¥8,077円で、計算上は2時間くらいアイロンかけ放題ですよ!


なに、アイロンだけでなく洗濯もしたくなってきた?
そっちは手洗いでやってください。(笑)
Commented by harurei at 2018-11-14 00:14
>あるさ
おぉ、わしもそこらへんを調べている途中で・・・情報ありがとう!
100V変換の問題もあるけれど、どうにも消費電力がきびすぃ(>_<)
小電力のミニアイロンはそれなりなんよね(暖まらない、シワが取れない)
山で掛ける爽快感を得るには、相応のアイロンでシワを伸ばしたい!
しかして普通のアイロンの消費電力は1,000~1,400Wだから
現状では1.6kVAクラスのポータブル発電機しかなくて。
だから小電力高出力のアイロンを開発してください(ぉ
Commented by river_kingfisher at 2018-11-14 01:05
おう!ちゃんと検討してたんだ。そりゃそうだよね。
1000W越しちゃうと、キャンピングカーのサブバッテリーシステムが必要になるから、山の上に持ち上げるのは無理だよね。
アイロンを開発するのなら、いっそ昔に戻って炭を入れるタイプかな?
それなら、開発しなくてもひょっとすると骨董で使えるものが手に入るかもだよ。
要らなくなったアイロンを改造して、炭アイロン化するのも良いかもね。
ん〜、それなら普通のアイロンを12V化した方がいいかなぁ…
アイロンなんて、構造は簡単でニクロム線で温めるだけだから、意外に簡単に作れるかも。
Commented by harurei at 2018-11-14 02:02
>あるさ
真剣に考えてくれてありがとう!
そうそう、昔の炭を入れるアイロンならできるやんと思ったんだけど
たいそう重い上に服を焦がしがちらしい。でも試してみたいさね。
実際現代の素材を用いて構造をうまくすれば、適温で軽量な炭アイロンがつくれそう。
需要がないだけでw

EI(エクストリームアイロニング)界ではね、軽量で蓄電できるアイロンが
切実に求められているんよ(本当)
アイロンを掛けている風、ではダメなんさ。掛けることに意味がある。
だから、もし開発できれば世界各国のEI界から問い合わせが殺到する(と思う)
もうEIの未来はあるさにかかっていると言ってもいい(他につくる人がいないから・・)

ぜひぜひ、暇で仕方ないときあったら検討して~w
その際はわしも真剣に協力しまし!
Commented by R-GreenLife at 2018-11-22 09:38
く、くだらない・・・けどカッコイイ・・・w
いつか筑波山の山頂でアイロニングする時がきたら撮らせてほしい
私は絶対にやらないけどw
Commented by harurei at 2018-11-23 06:45
>るみさ
何かかっこいいでしょ!撮影ぜひ(^_^)/
どこかの山頂でアイロン掛けしているときにばったり会ったりして(ぉ
るみさもロン活するようにw
名前
URL
削除用パスワード


<< 日の出山でロン活      アイロニスト >>