2018年 11月 11日

初エクストリームアイロニング

d0316655_10522889.jpg

先日の記事で触れたエクストリームアイロニング
「極限状態の場所で平然とアイロン台を出し涼しい顔でアイロン掛けを行う」
・・・をどうしてもやりたくて、近くの古賀志山へ。

古賀志山の中腹にある岩場の上は、見晴らしもよく人も通らないので最適と思えた。
ここなら落ち着いて山でのアイロン掛けを体感できるだろう。

ULザックに小型のアイロン台とアイロンを入れる。
ULザックはフレームの入っていないペラペラの袋なのだけど
背面にアイロン台を入れることで割としっかりとした背負い心地になった。

アイロン台が1.1㎏、アイロンが775g
テントと寝袋を含めて同じくらいなので普段と変わらない負荷だ。

熱源確保は通常「小型発電機から電気を取る」か「バーナーで熱を当てる」で行う。
発電機は20㎏もあるから到底厳しい(運ぶ方もいる!)
バーナー同等品として、わしはアルコールストーブを使うことにした。
これで温めればアイロンの底金に熱を溜めることができる。


d0316655_10553452.jpg
d0316655_11404829.jpg
d0316655_10521997.jpg




崖の上、秋の日差しと柔らかな風を受けながらシワを伸ばす。
服のシワと共に心のシワも溶けていく。
山の上なのに部屋で掛けているような謎のシンクロ感。
集中できる環境、無駄のない空間だからこそ生まれる侘び寂び。
まるで茶室でお茶を点てるようなひととき。
これか、これが山でアイロンを掛けるということなのか。


d0316655_11481066.jpg
d0316655_10513309.jpg
d0316655_10523714.jpg
d0316655_10520301.jpg

最高の1日だった。
アイロニング中、通りかかった登山者は一人。
慌ててアイロン台を片づけてしまったわしはまだ経験不足。

日本でのエクストリームアイロニングの聖地は筑波山。
いつの日か、あの賑やかな山頂でアイロン掛けを。



# by harurei | 2018-11-11 12:07 | 山&キャンプ | Comments(12)
2018年 11月 02日

アイロニスト


最近ハマっているもの。
それがこれ。


アイロンである。


わしは今までアイロンを掛けたことがなかった。
何だかめんどくさいし、特に必要としていなかった。
シワになりづらい服を選び、ときにはクリーニングに出していた。

しかし・・・
ツイッターで「エクストリームアイロニング」の存在を知り、意識が変わる。

エクストリームアイロニングとは「極限状態の場所で平然とアイロン台を出し
涼しい顔でアイロン掛けを行う」ことを言う。

例えば山頂。
アイロン台を抱えて山を登り、山頂で雲海を眺めながらアイロン掛け。

例えばサーフィン。
ボードにアイロン台を乗せて、波乗りしながらアイロン掛け。

ありえない画像に肩をすくめながらも
(外でアイロン掛けって、気持ちよさそう)と思う自分がいた。

風を受けながらアイロンを掛ける。
スチームの音、漂う熱、伸びるシワ・・・

さすがに山では厳しいけれど、庭でならできるのではないか。
想像したら途端にアイロン掛けがしたくなり、そして―




気持ちいい!

シワが伸びて、綺麗に畳めて、着るとき気分が上がる。
なんて楽しいんだ。もっと早くはじめればよかった。
いつか山でもやりたい(ぉ



# by harurei | 2018-11-02 01:01 | そのほか雑感 | Comments(4)
2018年 10月 16日

赤岳3


道迷い、転倒、滑落
嵐、雷、熊遭遇。

登山ではあらゆるリスクを想定する必要がある。

ソロではそれなりに意識して望むけれど
グループで行動しているとき、仲間に災難が起きたら何ができるのか。
そんな命題を突き付けられた一日となった。


赤岳山頂を堪能した僕たちは、意気揚々と下りはじめた。
行者小屋を経て赤岳山荘へ戻る。
余裕のあるルートとはいえ、先日の雨を抜け、今日の難所を超えてきた。
ほとんどのメンバーが1年ぶりの登山。
「膝にきた」「足の裏ヤバい」「爪先が痛い」
やがてそれぞれ問題を抱えはじめた。

一方、定期的に登っている僕はいたって快調。
極力衝撃を伝えないように、段差を避ける工夫をして
負担がかからないよう意識して歩いていた。

「あっ」

前方で1人が揺り籠のように転倒するのが見えた。H君だ。
雨の影響で滑りやすく、皆一様に転んでいたから
またかと笑って声を掛ける「大丈夫~?」

H君は滑った体勢のまま動かない。左腕を押さえて固まっていた。
呼びかけに反応がない。僕たちは表情を変えて様子を見守る。
ゆっくり、自分の感覚を確かめるように半身を起こすH君。
腕を気にしている。滑ったときに手を突いたようだ。
「歩ける?」「あぁ、何ともないよ」「手動く?」「ほら」
小気味よく動く指を見て僕は胸をなでおろした。
一時的な痛みだったのだろう。彼は立ち上がり、再び歩き始めた。

下山後、温泉に入り、焼き肉を食べる―

皆そのことだけを考えて黙々と歩いていた。
下まであと1時間くらいだろう。
そのとき、またH君が滑った。ザックから崩れ落ちて
ひっくり返った亀のようになっている。
慌ててみんなで肩を貸そうとしたけれど、立ち上がる意志を見せない。

片腕が動かないと言う。

先程手を突いた衝撃で、腕全体に影響が及んだのだろうか。
腕が動かないって・・・只事ではない。
こんなときどうしたらいいだろう。応急処置もわからない。
温泉と焼き肉は一気に消し飛んだ。
幸い彼の表情は深刻ではない。
心配かけないように気を張っているのかしれないが、大丈夫だと笑っている。
腕以外は問題ないらしい。それなら腕の負担さえ取り除けば・・・

「僕がH君のザックを担いで行こう」

山のドラマで、ガイドさんが顧客のザックを前に抱えて運ぶのを見た。
その要領で持っていける気がする。体力もまだ余裕がある。

ザックを譲りうけて体の前に掛ける。意外と持ちやすい。
ただザックの雨蓋が自分の顔半分くらいを覆うので前が見えない。
体を斜めに傾けながら、K君に誘導してもらって降りていく。
他の2人はH君が転ばないように両脇をサポート。
一気に体力が削られていく。ほんと余力を残しておいてよかった。

そうして、何とか車を停めている赤岳山荘へ辿り着いた。よかった。
1人だったら難しい状況でも、グループなら周りでフォローできる。
ソロ派だけど、グループ登山の良さを実感した。

「だんだん腕が上がるようになってきた」とH君。
「温泉に入ったら完治するんじゃない?」
安心した僕たちは、予定通り温泉&焼き肉へ向かった。


下山から数日後―
H君から山メンバーへLINEが届いた。

「今日やっと医者行けたんだけど、骨折ですねって、まさかの人生初骨折。
まぁ上腕の端っこの方が少し外れている程度なんだけどね」

折れていた・・・



# by harurei | 2018-10-16 01:23 | 山&キャンプ | Comments(2)
2018年 10月 08日

赤岳2


しばらく寝付けなかった。
漫然と横横たわっていると、数張りのテントからジッパーを開く音がする。
こんな真夜中に何だろう。

星空を想像して僕は腰を浮かせた。
みんな外に出て空を見上げているのでは。
雲は去り、宝石を散りばめたような星空がー

なかった。外に出て肩を落とした。雲しかない。誰もいない。
風に擦り上げられたテントの音がジッパーを引くように聞こえただけだった。

気がついたら朝。多少は眠れた。節々が痛い。
晴れ間は期待できないけれど雨は収まっている。
小屋の3人も合流して今日の予定を話し合う。
赤岳に登ろう。一同の意思はまとまっていた。
不要な道具はテント内に残して身軽に。

d0316655_19044912.jpg
d0316655_19043658.jpg

烈風に流されながら山肌を漕いでいく。
梯子や鎖場を慎重に超えて約2時間。
墨色の雲の向こうに光が透けている。
歩き進むとやがてー

d0316655_19044190.jpg

諦めていた晴れ間が!山脈も雲海も見える。
一同表情を緩ませて写真を撮り続けた。
そして赤岳山頂へ。もはや雲は去り、富士山もよく見える。
雨続きの一日目を考えると夢のようだ。

お湯を沸かしてコーヒータイム。
「晴れるとは思わなかった」「最高」「イヤァオ」

このとき、数時間後にトラブルが起こることを
まだ誰も想像していなかった。



# by harurei | 2018-10-08 20:16 | 山&キャンプ | Comments(0)
2018年 10月 01日

赤岳1

d0316655_23264325.jpg

右から左から、いびきのサラウンド。
テントを叩く雨の音。
寝袋に身をよじらせて眠れない夜―

朝から雨の登山道を進んできた。
行者小屋に着いて、皆一斉にザックを降ろして靴紐を解く。
レインウェアをはたくと、水珠がきれいに剥がれ落ちた。
「明日は止むといいんだけど」
テント場はすっかり空いていた。
受付をして、平らな一等地に住居を定める。

9月連休、友人5人と八ヶ岳へ。目標は赤岳登頂。
雨予報なのはわかっていたけれど、半年近く前から計画していた日程。
無理はせず「最低限行者小屋までは行こう」と話し合っていた。
そこから赤岳、あるいは硫黄岳まで足を伸ばすかの判断は天候と体調次第とした。


d0316655_02042275.jpg


小屋に着いて日が暮れても、雨は降り止まなかった。
3人は小屋泊。自分と友人Kはソロテント泊。
「小屋組は暖かい部屋で優雅に過ごしているんだろうな」
「まるで富裕層と貧民層」
テント内から会話を交わしてアルコールバーナーでお湯を沸かす。
簡素な夕食を済ませて後は朝まで自由時間。

蝋色のしじまに、増えてきたテントが行燈のように浮かんでいる。
もう両隣のテントから寝息が聞こえてきた。
自分はまだ眠れそうにない。KINDLE片手に横になる。
米粒を蒔いたような雨音が続いている。

着替えを詰めたキューベンファイバーの筒状の袋が枕替わり。
尻骨が痛い。薄いマットなので固い石があるとそれなりに伝わる。
タオルをはさんで何とか緩和した。
足元が冷える。中身を抜いたザックに足を突っ込んで保温。
軽量化は不便だし侘しいけれど、自分の適応範囲を探る感じが面白いと思う。

スキットルでウイスキーを一口。
これできっと眠れる・・・



# by harurei | 2018-10-01 03:15 | 山&キャンプ | Comments(2)
2018年 09月 09日

TIKAL

d0316655_17002405.jpg

初めてボードゲームカフェへ。
ボードゲームカフェというのは、大きめのテーブルがいくつか並べてあり
店内にある何十種類のボードゲーム、カードゲームを自由に楽しむことができる空間だ。

d0316655_16584959.jpg

わしのアナログ至上主義はフィルムだけではなくゲームにも及んでいる。
元来TRPGの流れを汲んでいることもあって、こんな旧態然とした遊び方に風味を感じてしまうんや。
手駒の手触り、紙の盤面、表情の読み合い。遊ぶ楽しさ倍増である(悔しさも倍増・・)



# by harurei | 2018-09-09 17:22 | Leica M6 | Comments(2)
2018年 08月 26日

古賀志山でレンゲショウマ






ブログ仲間のレンゲショウマ写真を冷めた眼で見つめる男がいる。わしだ(ぉ

御岳山に行くことができず。
以前撮ることができた栃木県民の森は開花情報が全くない(咲かなかった?)
そのため今年のレンゲショウマは諦めモード。

自分が撮りたいものは、人の写真では満足できない。
「見に行った気持ちになりました☆」と思える方もいるけど、わしは違う。
人の写真が良ければよいほど、負の気持ちが募る。

あの野郎、わしのレンゲショウマを素敵に写しやがって(-_-メ)
注:野郎でもなければ、わしのでもありません。

レンゲショウマ・・・
わしも撮りたいんや・・・

そんな折、宇都宮の古賀志山でレンゲショウマが咲いていると知る。
家から30分程度の場所。行くしかない!

そして―


d0316655_19035956.jpg


きた―!
蛇腹中判カメラfranka、三脚に載せて撮影。
ピント合うとかなりいい感じ。はぁ、満たされた。

みんなのレンゲショウマもとてもいいやん(^-^)
(↑急におおらかな気持ちになるやつ)



# by harurei | 2018-08-26 22:46 | 山&キャンプ | Comments(8)
2018年 08月 21日

franka solida III

d0316655_07490036.jpg

ライカで撮る山は、繊細で、情景を吸い寄せる写りをしてくれるけれど
もっとこう、迫るような、よりリアリティのある山を撮ってみたかった。
そこで中判がいいのでは、と思うようになる。

中判でも軽量で持ち運びしやすいほうがいい。
というわけで蛇腹カメラに着目。
マミヤ6、マミヤ7、マキナ67と有名どころは間違いないけれど
調べていくうちにまったく知らない蛇腹カメラに一目惚れした。
それがこちら。

franka solida III
1950年代の、ドイツ製の中判カメラさね。
調べても日本語の情報はほとんど出てこない。
状態は良さそうだし高価ではないし落札。

蛇腹初めてだけど、オートコードで中判は経験しているので
フィルム装填の要領はすぐわかった。
距離計が連動しないのは戸惑う。でも慣れれば何とかなりそう。
さっそく山に持っていってみよう~



# by harurei | 2018-08-21 08:15 | franka solida III | Comments(2)
2018年 08月 18日

七ツ石山2


何やら外が騒がしい。

テントから這い出してロビーを見ると、新たな登山客が到着していた。
東南アジア系の若い男性4人のグループ。疲労困憊しており肩で息をしている。
山の主人が表情を固めて出迎える。何しろ今は19時。何時に出発したのだろう。

聞いた話では、彼らは2人用のテントを一張だけ持っていて
もう一張テントを借りるつもりでやってきたらしい。小屋泊は高いと拒否。
テントの貸し出しはしてないと伝えると、交互に寝るので大丈夫という。
しかし山の天気はわからない。「困ったら使うように」と一張置いてあげたそうだ。

夜も更けて外に出ると星空。
山の下で東京の灯が膨らんでいる。空に烏羽色の濃さがない。
富士山の左端上方に光の線が見えた。きっとあれが登山客のヘッドライト。

大学生の男子2人組が星空撮影に挑戦していた。
三脚にカメラを乗せて電子レリーズを操作している。

「撮れそう?」
「難しいですね・・・」

ネットやアプリを活用して撮影するつもりだったのだが
電波が入らないため試行錯誤しているらしい。星空撮影自体はじめてとのこと。

「わしも昔フィルムで撮ったことあるけど、うまく撮れたのは数枚だったのう」

そう得意げに話したのが間違いだった。

「自分たち全然わからなくて。ぜひ撮ってみてください!」

電子レリーズを渡されるわし。
い、いや、わしが以前星を撮ったのは2015年の話だし、勘露出だし、フィルムだし。
絞り値も露光時間も全く覚えていない。そもそも電子レリーズを使ったこともない。
むりむりむりむり。

「え、いやぁ・・・」
「絞りはF6.3にしてるんですけど大丈夫ですかね」
「そ、そうだなぁ、そこはF5.6でいいかも?ええとこのレリーズはどう使うんだっけ」
「押しながら前にスライドしてもらえばオッケーっす!」

もう退けない雰囲気。適当にやるしかない。
ストップウォッチで時間を計ってもらい、露光時間2分で止める。
出てきた画は、星が横に流れて「-」←こんな風になっていた。

「あー!なるほどなるほど!星は動くからね、動くからね!次は1分でやってみよう」
「おお~わかりました!」

知ってる感を醸し出すわし。そういうものかもと頷く彼。
次は1分で止めてみると・・・

「あ、だいぶいい感じです。ただ全体的にずいぶん暗くなってしまったような・・・」
「もっと絞りを開けたいけれど、東京の街の明かりが影響していて難しいな」
「たしかに明るいですよね」
「こんなとき赤道儀があるといいんだよなぁぁぁ」
「赤道儀?」
「星の軌道、つまり地球の自転に合わせて動いてくれる機材なんよ」
「ええっ!そんなものがあるんですか・・・」
「そう、それさえあれば長時間露光しても星が止まって映る。赤道儀さえあればなぁ」
「はぇぇ」
「まぁさ、今はいろいろ設定を変えて試してみてよ。それでは寝るね。がんばってな」
「はい!」

東京の明るさと、赤道儀がないことが問題、ということにして乗り切った(ぉ
その後完全に寝てしまい、天の川が流れたのかは不明。(大学生たちも間もなく寝たらしい)


d0316655_04334138.jpg

翌日、小屋から30分程度の七ツ石山へ登頂。
テント場を片付けて下山。

天候にめぐまれていい2日間だった。
今後いつ聞かれてもいいように、星を撮る練習しておこう(;^_^A




今回はじめてYAMAPアプリ使ってみたのだけど、とてもよいよ!

あらかじめ目的の山域の地図をダウンロードしておくと、電波届かない場所でも
GPSで居場所を確認できる。2度ほど道間違いを修正できたさね。
YAMAP仲間募集中(^O^)




# by harurei | 2018-08-18 09:12 | 山&キャンプ | Comments(4)
2018年 08月 17日

七ツ石山1

d0316655_04332048.jpg
 七ツ石小屋から望む富士山


お盆後半、テント泊をするため七ツ石山に向かった。
東京都最高峰「雲取山」の手前にある山(標高1757m)

奥多摩駅からバスで34分、鴨沢バス停の目の前に登山口がある。
4時間ほど登ると七ツ石小屋があり、さらに1時間ほどで奥多摩小屋へ。
さらに1時間50分で雲取山荘へ行くことができる。

今回は暑さも考慮して七ツ石小屋までとした。

d0316655_04325613.jpg
d0316655_04330189.jpg

やっとのことで ”富士の見える山小屋” 七ツ石小屋に到着。
山小屋の主人に挨拶。「ここから先は行かない」と伝えると安心していた。
先日から雷が頻発しているため、さらに雲取山へ向かうのは控えてもらっているらしい。

「GW頃と比べて空いてますね」
「お盆時期はみんなアルプスへ行っているよ。この暑いときにここに来るのは物好きか変態だね」

小さなテント場の端にテントが2張。
テントと小屋の往来をロビーのようにして、ソロ男性1人と女性2人組が談笑している。

トイレに近い場所にマイテントを設営。ビール1缶(600円)を開ける。
その間にテントが増えて、大学生の若者男子2人がロビーに加わっていた。

話が止まらない山小屋の主人と、テンション高い女性(すでに5缶開けているらしい)に巻き込まれて
テント場には明るい空気が流れていた。時折起こる小さな雷音が嵐を予感させる。
しかしついに降ることもなく、次第に雲も取れて富士山の山容が明らかになると
皆歓声を上げてカメラやスマートフォンでその眺望を収めた。

d0316655_05361915.jpg

「虹だ」

さらにその山域に架かるアーチにテント場の盛り上がりは最高潮。
いいものを見られた。明るいうちに夕食の準備に取り掛かる。

「夜になると富士山を登っている人のヘッドライトの明かりが見える」
「天の川が見えることもあるよ」

それは楽しみ。夜に備えてひと眠りしよう。




# by harurei | 2018-08-17 06:00 | 山&キャンプ | Comments(2)
2018年 08月 05日

とけてる

d0316655_21211222.jpg
d0316655_21224989.jpg


# by harurei | 2018-08-05 21:24 | Leica Ⅲf | Comments(3)
2018年 07月 24日

日光白根山

3年ぶり、日光白根山へ。
関東で一番高い山なんよ。
今回もロープウェイで2,000mからスタート。


d0316655_07164076.jpg
d0316655_07165443.jpg
d0316655_07200366.jpg
d0316655_07210286.jpg

装備も靴も軽くなって軽快!と思いきやそうでもなくて。
けっこうつらかった(^-^;

軽いザックはそれなりの背負い心地だし、ハイカットでない登山靴は負荷がかかりやすいんね。
バランスが大事。装備の探索は続く(ぉ

d0316655_07174295.jpg


# by harurei | 2018-07-24 07:32 | 山&キャンプ | Comments(2)
2018年 07月 17日

蕪島

d0316655_00573991.jpg



猫島へ行く夢、ついに叶えた。
うみねこの島だけど(ぉ



# by harurei | 2018-07-17 01:17 | Leica Ⅲf | Comments(2)
2018年 07月 09日

下田富士登山





1年前の下田オフで見かけて、ずーっと気になっていた下田富士。
あまりにも見事な三角~

いつか登りたい。
そう思っていた。

いつか・・・


d0316655_21432251.jpg


いくぞー!


いきなり招集された下田富士登り隊。
主に前回の下田オフに参加できなかったメンバーで構成。

下田富士に登り、山頂で下田バーガーを食べて日帰りする計画!


d0316655_21435178.jpg
d0316655_21435411.jpg

とてもいい山だった。
急登、岩場もあり、若干危険な細道もあるけれど
適度な緊張感を持ちながら心地よく登れたさね。
途上で下田の町並みも望めた~

d0316655_21490062.jpg
d0316655_22463788.jpg

また行きたい、登りたい(^.^)



# by harurei | 2018-07-09 23:07 | 山&キャンプ | Comments(4)
2018年 07月 04日

ベルギー戦


「何が足りないんでしょうね」

西野監督の言葉が忘れられない。
万策を尽くしていたからこそ絞り出た嗚咽だと思う。

今まで足りないものばかりだった日本が、強豪と近い景色で戦うことができた。
以前の日本戦は言わばSHOW。相手は適度に日本の技を受けて見せ場をつくり
焦った様子を演出したところで、急に転じてカウンターラリアットを食らわせる。
それは体格やテクニックではなく、自信と経験に裏打ちされた精神的な駆け引きの妙。
精神面で明らかな差があった。

ベルギー戦は決してブックではない。
生々しく相手を追い詰めた上での逆転負けだった。
お互いの全力の戦いから生まれた結果に、サッカーの熱さ、面白さ
残酷さが凝縮されていたから最高に面白かったさね。

ポーランド戦の時間稼ぎと、2点リードからの時間稼ぎは次元が違う。
2点リードしたらボール回しすれば勝てるとしたら、サッカーは競技として成り立たない。
ベルギーの猛プレスの餌食にされてあっけなく点を奪われるんさ。
一度後ろ向きになったチームは戻らない。そのまま寂しい結末を迎えるだろう。

今大会の日本には、テクニックも経験も試合運びも備わっていた。
ではいったい何が足りなかったのか―
それは「時間稼ぎをする狡猾さ」でも「名ゴールキーパー」でもなくて
サッカーの神様の寵愛なのかもしれない。


それにしても今大会の酒井宏樹の活躍は、代表に選ばれたときから彼のプレーだけ見て
彼の評価だけ気にしていた自分にとって感慨深い。
あんなにボロクソ言われていた彼が(実際へっぽこだった)今は全ての試合で
高い支持を得ている。褒められる度に涙が・・・
W杯後もマルセイユで愛され続けてほしい。


そしてW杯はベスト8へ。
大会前、mixi光のほそ道で順位予想を行ったんさ。

わしの予想は1位クロアチア、2位ブラジル、3位ベルギー

いずれも残っている!何という慧眼!(誰も言ってくれないので自分で言うw)
果たして、どういう結末になるのか。
答えを出すのは その Heartbeat Heartbeat



# by harurei | 2018-07-04 00:19 | そのほか雑感 | Comments(4)
2018年 07月 02日

黒部ダム


d0316655_00441735.jpg
d0316655_00441334.jpg
d0316655_21545693.jpg

バスツアーで黒部ダムへ。
安曇野で一泊して翌日は千畳敷カールという行程さね。
バスの走行距離、栃木から往復780キロ!
炎天下の関東を抜け出して、涼しい山域で過ごしたった(^.^)


d0316655_00452532.jpg

難工事の背景とは裏腹に、コンクリートの美しいアーチ。

d0316655_00442557.jpg

流木は集められて再利用するらしい。

d0316655_00441050.jpg

当時使用していた超大型生コンバケット。

d0316655_00444149.jpg

登りたい、立山連峰。

d0316655_00442123.jpg
d0316655_00444594.jpg

ゲームのような造形。

d0316655_00445580.jpg

今年が最後のトロリーバス。



  ↑ フィルムだと虹が写らなかったので、スマートフォンの写真を(^.^)



# by harurei | 2018-07-02 22:16 | Leica Ⅲf | Comments(5)
2018年 06月 29日

ポーランド戦


3人目の交代に本田ではなく長谷部が呼ばれたのは
(柴崎と山口蛍のバランスが噛み合っていない。長谷部で中盤の構成を正して
攻勢に転じるのだろう・・・)とわしは思った。
しかし実際は時間稼ぎのためのパス回しを開始する狼煙であった。
思いがけない戦法を用いて、日本は辛くも決勝トーナメント出場を手に入れる。

先を見据えた戦略としては正しいし、スポーツマンシップとしては眉をひそめたいし
ショーとしては最低。それぞれの立場、基準によって受け取り方は変わってくる。

元来からあからさまな時間稼ぎはサッカーの公然とした暗部で当たり前のことなのだけど
気持ちの良い割り切りとは言いきれず、相手や観客に対する裏切りのように思えた。
いずれ真実を見つけるVARのように根本からルールが変わっていくのかもしれない。
ただこんな議論が起こり、神の手のように後世に語り継がれていくのがサッカーなんよね。

次は直近の親善試合で赤子をあやすように軽く遊ばれた相手、ベルギー。
微塵も通用しなかったハリルサッカーから西野サッカーに変わり、どこまで通じるのか。
とても楽しみさね。




# by harurei | 2018-06-29 17:02 | そのほか雑感 | Comments(0)
2018年 06月 25日

筑波山

d0316655_22305931.jpg

筑波山最寄りの筑波高原キャンプ場。
天気は雨。

d0316655_22310366.jpg

鳥の声でテントから這い出すと美しい朝焼け。

d0316655_22310886.jpg

筑波山に登る。

d0316655_22311470.jpg

山頂。休日の昼間は大渋滞するけれど
朝は人もまばら。雲海~

d0316655_22313970.jpg

動いていないロープウェイ。

d0316655_22314560.jpg

普段は人で溢れている場所。

d0316655_22320850.jpg

ニューシューズ、Salewa Ultra Flex Mid Gore-Tex

d0316655_23270417.jpg

キャンプ場の紫陽花。



# by harurei | 2018-06-25 23:29 | 山&キャンプ | Comments(0)
2018年 06月 25日

セネガル戦


セネガルと対等にやりあった好ゲーム!

ハリルホジッチ監督のときは常に閉塞感があったけれど
西野監督になってから確実に変わったさね。
各選手の特徴が活きる配置となり、戦術が整理されて観ていて面白い。

消えかけていた長友、長谷部、岡崎、本田が輝き出したし
昌子、柴崎、大迫の鹿ラインが核となって質を上げている。
そして酒井宏樹の安心感といったら。

GKは・・・中村航輔を推す声が多い。
レイソルサポとして中村を見続けているわしもそれが一番の望みなのだけど
正直今大会では難しいと思っている。

中村航輔は反応が速くて、シュートストップ、判断力に長けている。
でも試合を組み立てるようなフィードはあまり見たことないんよね。
若い世代の代表やACLの経験はあるけれど、W杯で渡り合えるか未知数。
川島は経験豊富。ミスしてもメンタル維持して何か落ち着いている。中村は未知数。

グループ突破が決まらなかったので、ポーランド戦もきっと川島かな。
でも3点くらいリードしたら替えてみてほしい(ぉ



# by harurei | 2018-06-25 02:49 | そのほか雑感 | Comments(0)
2018年 06月 20日

コロンビア戦


W杯グループH第1戦、コロンビアVS日本
日本、見事な勝利だったさね。

長い間わしは、日本代表の酒井宏樹を見続けてきた(元レイソル所属なので)
彼はひいき目に見ても足枷でしかない時期が続いたけれど
フランスリーグに移籍してから成長。
代表でも安定したプレイを見せるようになり、念願のW杯出場へ。
特に後半はよかった。いつになく本田との連携もスムーズ。

わしは本田も好き。
走らない、遅いと言われがちだけど、サッカーの本質は走り合いではない。
間の取り方と創造力。ここに惹かれるんよね。
相変わらず本田は質が高い。
しかし試合後のインタビューの表情は鬼気迫りすぎ(^-^;

10人とはいえ、コロンビアは何か強くなかった。
プレッシャーをかけないから自由にボールを回せる。
日本のミスでボールを奪っても、ほとんどゴールまで運べない。

そんな相手に冷静に戦っていた代表は見事だけど、残り2試合こうはいかない。
西野監督(元レイソル監督)のセンスを再び見たい。



# by harurei | 2018-06-20 00:34 | そのほか雑感 | Comments(5)