カテゴリ:山&キャンプ( 80 )


2019年 01月 24日

山アイロン部活動報告② 筑波山


d0316655_22453184.jpg


日の出山に続いて、山アイロン部が向かったのは筑波山。
つつじが丘駐車場に車を停めて山頂に向かう。
冬風に身を縮めて土を蹴る。徐々に日留まり快適に。
もちろん、わしの背中にはアイロン台。

筑波山の片翼、女体山に到着。素晴らしい景観。
澄みきった天色の空。富士山も浮いている。
ここでアイロン掛けしたら最高だろうな・・・
しかし、人が多いし狭い。躊躇していると

ゆうほ「やらないんですか?」
ちょこ「ほら、このあたりなら出来そうですよ」

前回アイロンの虜になった2人、まったくひるんでいない。
一端のアイロニストになりおって。

わし「こ、ここは止めよう。他にも見晴らしのいい場所があるはず」

本来山にとってアイロン掛けなど不要な行為である。
前に出ることなく、周りに迷惑をかけることなく
真摯に謙虚に掛けなければならない。

やがて、男体山山頂付近で格好の頂をちょこさの旦那さんが見つけた。
彼はロン活に感銘を受けて「ぜひやりたい」という思いで参加してくれた(誇張あり)
人通りから外れるし、見晴らしはいいし、うってつけの場所である。

背中からアイロン台を降ろし、地面に固定する。
アルコールバーナーに点火して熱源をつくる。上にアイロンを置いて過熱する。

眼下に広がる山域、街並み、霞ケ浦。
シャツにアイロンを落とし、ゆっくり滑らせる。
大してシワは伸びない。しかし「山でアイロンを掛けている」という
気恥ずかしさと無意味感から成る非現実的シチュエーションにより
逆説的に無気質な存在として、山と一体化したような覚醒が起こる。


d0316655_22441537.jpg
d0316655_22440972.jpg
d0316655_22442190.jpg






いいアイロニングができた。
皆も満足していたようだ(たぶん)

日帰り温泉に入り解散。
聖地筑波山でのロン活、最高に楽しかった。

日々何か物足りないと思っている方、写欲が落ちている方
山アイロン部で待ってまし(笑
某ル〇子さも「山でアイロン掛けたい」と言っていたとかいないとか(ぉ




by harurei | 2019-01-24 00:16 | 山&キャンプ | Comments(11)
2019年 01月 22日

CARGO40


CARGO40というザックを知ったとき、わしは「これだ」と肩を震わせた。

カーゴの最大の特徴はそのFLEX-PACKING構造です。
バックパックの基本機能である「収納する」と「背負う」という機能を
分けて考えることにより、バックパックの可能性を大きく広げました。

(パーゴワークス公式サイトより)

d0316655_23134835.jpg

どういうことか。
普通のザックと違い、本体である筒状の袋が存在しない。つまり内側には何もない。
スタッフサックなどを入れて端部を餃子の皮のように包んで固縛する。
入れるものは何でもよい。形状、大きさは自由。
かなり前後に余裕のある固定ベルトなので何でもいける。

このザックを見てわしは思った。


アイロン台背負えるやん。


そしてー













なんという快適な背負い心地。
もはやアイロン台ザックと言ってもよい。
これなら将来、引き伸ばし機を背負うことも夢物語ではない。



by harurei | 2019-01-22 23:33 | 山&キャンプ | Comments(4)
2018年 12月 24日

ザックの軽量化

d0316655_10585546.jpg

最近はザックの軽量化に挑戦してみた。
写真のメリディアンヴェイパーという1,300gのザックを950gに。

web記事を参照して、まず雨蓋を外した。サイドベルトをゴムバンドに替えて
(弧線上にベルトを切り、ライターで炙り、熱したドライバーで穴をあけて、ゴムを通すだけ)
各所についていた長々としたベルトを切り取ると、見た目もシンプルでとてもよい感じに。
しかし一部生地まで切ってしまう(←超絶不器用)

d0316655_10590327.jpg

コンパクトなアイロンボードと簡易椅子でココアタイム。
山道具全般のUL(ウルトラライト)化を猛然と進めていたけれど
多少重くても、それなりのテーブルと椅子は持参したほうがいいと思うようになった。
休むときはできる限りストレスを減らしたい。

えっ、そもそもアイロンは必要なのかって・・・?
EIJ(エクストリームアイロニングジャパン)代表からコメントをいただいた。




結論:アイロンは必要(ぉ



by harurei | 2018-12-24 11:37 | 山&キャンプ | Comments(5)
2018年 11月 26日

山アイロン部活動報告① 日の出山

d0316655_23191758.jpg

高尾山の次はどこの山―

そんなときは御岳山からの日の出山がおすすめ!
青梅線「御嶽駅」からバス→ロープウェイで御岳山に上がり
そこから1時間ほどで日の出山の山頂に到達。

帰りは1時間ほど下ったところにある「つるつる温泉」に浸かり
バスに乗ってJR「武蔵五日市駅」から帰路に着く。

終始なだらかで気持ちいいルート。
適度な登山と温泉が楽しめて高尾山のように混んでいない。
満足度の高い一日を過ごせるはず。

d0316655_23134608.jpg
d0316655_00234012.jpg

「それではやりますか」
日の出山山頂でザックを広げるわし。
「まさか―」同行のちょこさ、ゆうほさが身を固くする。

ザックから引っ張りだしたのは、そうアイロン台。

「本当に・・・やるんですか?」
「もちろん」

たしかに山頂は人でにぎわっている。
眼下を眺める人、寝ている人、ランチタイムの人。
ここでアイロンを掛けていたらどう考えてもあやしい。
すこし(かなり)ひるんだが、でも何とかできそう。
そして―




今回はしっかりアルコールストーブと台を持参。
アイロンの底金を確実に温めることができた(撮影:ちょこさ

「わたしにもやらせてください」「わたしも!」
2人も山アイロンの魅力にひきこまれたようだ。
奪い合うようにアイロン掛けをはじめる(←誇張あり)




近くにいた子供たちが興味津々で、絡まれながら(火に近づかれないよう配慮しつつ)
とても楽しいアイロン掛けができた。絶景の前で掛ける爽快感とは違うのだけど
次元の異なるアイロンの可能性を感じることができたロン活だった。



by harurei | 2018-11-26 01:06 | 山&キャンプ | Comments(8)
2018年 11月 11日

初エクストリームアイロニング

d0316655_10522889.jpg

先日の記事で触れたエクストリームアイロニング
「極限状態の場所で平然とアイロン台を出し涼しい顔でアイロン掛けを行う」
・・・をどうしてもやりたくて、近くの古賀志山へ。

古賀志山の中腹にある岩場の上は、見晴らしもよく人も通らないので最適と思えた。
ここなら落ち着いて山でのアイロン掛けを体感できるだろう。

ULザックに小型のアイロン台とアイロンを入れる。
ULザックはフレームの入っていないペラペラの袋なのだけど
背面にアイロン台を入れることで割としっかりとした背負い心地になった。

アイロン台が1.1㎏、アイロンが775g
テントと寝袋を含めて同じくらいなので普段と変わらない負荷だ。

熱源確保は通常「小型発電機から電気を取る」か「バーナーで熱を当てる」で行う。
発電機は20㎏もあるから到底厳しい(運ぶ方もいる!)
バーナー同等品として、わしはアルコールストーブを使うことにした。
これで温めればアイロンの底金に熱を溜めることができる。


d0316655_10553452.jpg
d0316655_11404829.jpg
d0316655_10521997.jpg




崖の上、秋の日差しと柔らかな風を受けながらシワを伸ばす。
服のシワと共に心のシワも溶けていく。
山の上なのに部屋で掛けているような謎のシンクロ感。
集中できる環境、無駄のない空間だからこそ生まれる侘び寂び。
まるで茶室でお茶を点てるようなひととき。
これか、これが山でアイロンを掛けるということなのか。


d0316655_11481066.jpg
d0316655_10513309.jpg
d0316655_10523714.jpg
d0316655_10520301.jpg

最高の1日だった。
アイロニング中、通りかかった登山者は一人。
慌ててアイロン台を片づけてしまったわしはまだ経験不足。

日本でのエクストリームアイロニングの聖地は筑波山。
いつの日か、あの賑やかな山頂でアイロン掛けを。



by harurei | 2018-11-11 12:07 | 山&キャンプ | Comments(14)
2018年 10月 16日

赤岳3


道迷い、転倒、滑落
嵐、雷、熊遭遇。

登山ではあらゆるリスクを想定する必要がある。

ソロではそれなりに意識して望むけれど
グループで行動しているとき、仲間に災難が起きたら何ができるのか。
そんな命題を突き付けられた一日となった。


赤岳山頂を堪能した僕たちは、意気揚々と下りはじめた。
行者小屋を経て赤岳山荘へ戻る。
余裕のあるルートとはいえ、先日の雨を抜け、今日の難所を超えてきた。
ほとんどのメンバーが1年ぶりの登山。
「膝にきた」「足の裏ヤバい」「爪先が痛い」
やがてそれぞれ問題を抱えはじめた。

一方、定期的に登っている僕はいたって快調。
極力衝撃を伝えないように、段差を避ける工夫をして
負担がかからないよう意識して歩いていた。

「あっ」

前方で1人が揺り籠のように転倒するのが見えた。H君だ。
雨の影響で滑りやすく、皆一様に転んでいたから
またかと笑って声を掛ける「大丈夫~?」

H君は滑った体勢のまま動かない。左腕を押さえて固まっていた。
呼びかけに反応がない。僕たちは表情を変えて様子を見守る。
ゆっくり、自分の感覚を確かめるように半身を起こすH君。
腕を気にしている。滑ったときに手を突いたようだ。
「歩ける?」「あぁ、何ともないよ」「手動く?」「ほら」
小気味よく動く指を見て僕は胸をなでおろした。
一時的な痛みだったのだろう。彼は立ち上がり、再び歩き始めた。

下山後、温泉に入り、焼き肉を食べる―

皆そのことだけを考えて黙々と歩いていた。
下まであと1時間くらいだろう。
そのとき、またH君が滑った。ザックから崩れ落ちて
ひっくり返った亀のようになっている。
慌ててみんなで肩を貸そうとしたけれど、立ち上がる意志を見せない。

片腕が動かないと言う。

先程手を突いた衝撃で、腕全体に影響が及んだのだろうか。
腕が動かないって・・・只事ではない。
こんなときどうしたらいいだろう。応急処置もわからない。
温泉と焼き肉は一気に消し飛んだ。
幸い彼の表情は深刻ではない。
心配かけないように気を張っているのかしれないが、大丈夫だと笑っている。
腕以外は問題ないらしい。それなら腕の負担さえ取り除けば・・・

「僕がH君のザックを担いで行こう」

山のドラマで、ガイドさんが顧客のザックを前に抱えて運ぶのを見た。
その要領で持っていける気がする。体力もまだ余裕がある。

ザックを譲りうけて体の前に掛ける。意外と持ちやすい。
ただザックの雨蓋が自分の顔半分くらいを覆うので前が見えない。
体を斜めに傾けながら、K君に誘導してもらって降りていく。
他の2人はH君が転ばないように両脇をサポート。
一気に体力が削られていく。ほんと余力を残しておいてよかった。

そうして、何とか車を停めている赤岳山荘へ辿り着いた。よかった。
1人だったら難しい状況でも、グループなら周りでフォローできる。
ソロ派だけど、グループ登山の良さを実感した。

「だんだん腕が上がるようになってきた」とH君。
「温泉に入ったら完治するんじゃない?」
安心した僕たちは、予定通り温泉&焼き肉へ向かった。


下山から数日後―
H君から山メンバーへLINEが届いた。

「今日やっと医者行けたんだけど、骨折ですねって、まさかの人生初骨折。
まぁ上腕の端っこの方が少し外れている程度なんだけどね」

折れていた・・・



by harurei | 2018-10-16 01:23 | 山&キャンプ | Comments(2)
2018年 10月 08日

赤岳2


しばらく寝付けなかった。
漫然と横横たわっていると、数張りのテントからジッパーを開く音がする。
こんな真夜中に何だろう。

星空を想像して僕は腰を浮かせた。
みんな外に出て空を見上げているのでは。
雲は去り、宝石を散りばめたような星空がー

なかった。外に出て肩を落とした。雲しかない。誰もいない。
風に擦り上げられたテントの音がジッパーを引くように聞こえただけだった。

気がついたら朝。多少は眠れた。節々が痛い。
晴れ間は期待できないけれど雨は収まっている。
小屋の3人も合流して今日の予定を話し合う。
赤岳に登ろう。一同の意思はまとまっていた。
不要な道具はテント内に残して身軽に。

d0316655_19044912.jpg
d0316655_19043658.jpg

烈風に流されながら山肌を漕いでいく。
梯子や鎖場を慎重に超えて約2時間。
墨色の雲の向こうに光が透けている。
歩き進むとやがてー

d0316655_19044190.jpg

諦めていた晴れ間が!山脈も雲海も見える。
一同表情を緩ませて写真を撮り続けた。
そして赤岳山頂へ。もはや雲は去り、富士山もよく見える。
雨続きの一日目を考えると夢のようだ。

お湯を沸かしてコーヒータイム。
「晴れるとは思わなかった」「最高」「イヤァオ」

このとき、数時間後にトラブルが起こることを
まだ誰も想像していなかった。



by harurei | 2018-10-08 20:16 | 山&キャンプ | Comments(0)
2018年 10月 01日

赤岳1

d0316655_23264325.jpg

右から左から、いびきのサラウンド。
テントを叩く雨の音。
寝袋に身をよじらせて眠れない夜―

朝から雨の登山道を進んできた。
行者小屋に着いて、皆一斉にザックを降ろして靴紐を解く。
レインウェアをはたくと、水珠がきれいに剥がれ落ちた。
「明日は止むといいんだけど」
テント場はすっかり空いていた。
受付をして、平らな一等地に住居を定める。

9月連休、友人5人と八ヶ岳へ。目標は赤岳登頂。
雨予報なのはわかっていたけれど、半年近く前から計画していた日程。
無理はせず「最低限行者小屋までは行こう」と話し合っていた。
そこから赤岳、あるいは硫黄岳まで足を伸ばすかの判断は天候と体調次第とした。


d0316655_02042275.jpg


小屋に着いて日が暮れても、雨は降り止まなかった。
3人は小屋泊。自分と友人Kはソロテント泊。
「小屋組は暖かい部屋で優雅に過ごしているんだろうな」
「まるで富裕層と貧民層」
テント内から会話を交わしてアルコールバーナーでお湯を沸かす。
簡素な夕食を済ませて後は朝まで自由時間。

蝋色のしじまに、増えてきたテントが行燈のように浮かんでいる。
もう両隣のテントから寝息が聞こえてきた。
自分はまだ眠れそうにない。KINDLE片手に横になる。
米粒を蒔いたような雨音が続いている。

着替えを詰めたキューベンファイバーの筒状の袋が枕替わり。
尻骨が痛い。薄いマットなので固い石があるとそれなりに伝わる。
タオルをはさんで何とか緩和した。
足元が冷える。中身を抜いたザックに足を突っ込んで保温。
軽量化は不便だし侘しいけれど、自分の適応範囲を探る感じが面白いと思う。

スキットルでウイスキーを一口。
これできっと眠れる・・・



by harurei | 2018-10-01 03:15 | 山&キャンプ | Comments(2)
2018年 08月 26日

古賀志山でレンゲショウマ






ブログ仲間のレンゲショウマ写真を冷めた眼で見つめる男がいる。わしだ(ぉ

御岳山に行くことができず。
以前撮ることができた栃木県民の森は開花情報が全くない(咲かなかった?)
そのため今年のレンゲショウマは諦めモード。

自分が撮りたいものは、人の写真では満足できない。
「見に行った気持ちになりました☆」と思える方もいるけど、わしは違う。
人の写真が良ければよいほど、負の気持ちが募る。

あの野郎、わしのレンゲショウマを素敵に写しやがって(-_-メ)
注:野郎でもなければ、わしのでもありません。

レンゲショウマ・・・
わしも撮りたいんや・・・

そんな折、宇都宮の古賀志山でレンゲショウマが咲いていると知る。
家から30分程度の場所。行くしかない!

そして―


d0316655_19035956.jpg


きた―!
蛇腹中判カメラfranka、三脚に載せて撮影。
ピント合うとかなりいい感じ。はぁ、満たされた。

みんなのレンゲショウマもとてもいいやん(^-^)
(↑急におおらかな気持ちになるやつ)



by harurei | 2018-08-26 22:46 | 山&キャンプ | Comments(8)
2018年 08月 18日

七ツ石山2


何やら外が騒がしい。

テントから這い出してロビーを見ると、新たな登山客が到着していた。
東南アジア系の若い男性4人のグループ。疲労困憊しており肩で息をしている。
山の主人が表情を固めて出迎える。何しろ今は19時。何時に出発したのだろう。

聞いた話では、彼らは2人用のテントを一張だけ持っていて
もう一張テントを借りるつもりでやってきたらしい。小屋泊は高いと拒否。
テントの貸し出しはしてないと伝えると、交互に寝るので大丈夫という。
しかし山の天気はわからない。「困ったら使うように」と一張置いてあげたそうだ。

夜も更けて外に出ると星空。
山の下で東京の灯が膨らんでいる。空に烏羽色の濃さがない。
富士山の左端上方に光の線が見えた。きっとあれが登山客のヘッドライト。

大学生の男子2人組が星空撮影に挑戦していた。
三脚にカメラを乗せて電子レリーズを操作している。

「撮れそう?」
「難しいですね・・・」

ネットやアプリを活用して撮影するつもりだったのだが
電波が入らないため試行錯誤しているらしい。星空撮影自体はじめてとのこと。

「わしも昔フィルムで撮ったことあるけど、うまく撮れたのは数枚だったのう」

そう得意げに話したのが間違いだった。

「自分たち全然わからなくて。ぜひ撮ってみてください!」

電子レリーズを渡されるわし。
い、いや、わしが以前星を撮ったのは2015年の話だし、勘露出だし、フィルムだし。
絞り値も露光時間も全く覚えていない。そもそも電子レリーズを使ったこともない。
むりむりむりむり。

「え、いやぁ・・・」
「絞りはF6.3にしてるんですけど大丈夫ですかね」
「そ、そうだなぁ、そこはF5.6でいいかも?ええとこのレリーズはどう使うんだっけ」
「押しながら前にスライドしてもらえばオッケーっす!」

もう退けない雰囲気。適当にやるしかない。
ストップウォッチで時間を計ってもらい、露光時間2分で止める。
出てきた画は、星が横に流れて「-」←こんな風になっていた。

「あー!なるほどなるほど!星は動くからね、動くからね!次は1分でやってみよう」
「おお~わかりました!」

知ってる感を醸し出すわし。そういうものかもと頷く彼。
次は1分で止めてみると・・・

「あ、だいぶいい感じです。ただ全体的にずいぶん暗くなってしまったような・・・」
「もっと絞りを開けたいけれど、東京の街の明かりが影響していて難しいな」
「たしかに明るいですよね」
「こんなとき赤道儀があるといいんだよなぁぁぁ」
「赤道儀?」
「星の軌道、つまり地球の自転に合わせて動いてくれる機材なんよ」
「ええっ!そんなものがあるんですか・・・」
「そう、それさえあれば長時間露光しても星が止まって映る。赤道儀さえあればなぁ」
「はぇぇ」
「まぁさ、今はいろいろ設定を変えて試してみてよ。それでは寝るね。がんばってな」
「はい!」

東京の明るさと、赤道儀がないことが問題、ということにして乗り切った(ぉ
その後完全に寝てしまい、天の川が流れたのかは不明。(大学生たちも間もなく寝たらしい)


d0316655_04334138.jpg

翌日、小屋から30分程度の七ツ石山へ登頂。
テント場を片付けて下山。

天候にめぐまれていい2日間だった。
今後いつ聞かれてもいいように、星を撮る練習しておこう(;^_^A




今回はじめてYAMAPアプリ使ってみたのだけど、とてもよいよ!

あらかじめ目的の山域の地図をダウンロードしておくと、電波届かない場所でも
GPSで居場所を確認できる。2度ほど道間違いを修正できたさね。
YAMAP仲間募集中(^O^)




by harurei | 2018-08-18 09:12 | 山&キャンプ | Comments(4)