タグ:Canon50/1.8 ( 12 ) タグの人気記事


2018年 02月 09日

ムカつくこと(-_-メ)


最近、写真についてムカつくことが多い。


1.フィルムカメラに手を出す若者がムカつく
おじさん達の聖域、フィルム界隈にパリピなノリで入り込んできて
ネットで調べてあっさり使いこなしてUPしている彼ら彼女ら。
手に負えないほどの良作品を簡単につくるんじゃねーよ!
若者の澱みのない感性に、フィルムの空気感を半端なく乗せてくるんだ。
勝てない・・・

2.デジタルに移行したのにしたり顔でフィルムを巻いているカメラマンがムカつく
一度投げたはずなのにフィルムブーム感が広がるとこれ。
商業カメラマンは世相に敏感であるべきだけど、左右されないアーティストであってほしい。

3.富士フィルムがムカつく
フィルムや印画紙をやめたくてやめたくて仕方ない感がもう・・・
企業イメージを保つために、間を置きながら様子を見ながら
真綿で首を締めるようにディスコン商品を増やしている。
わしのACROS100だけは何卒m(__)m

d0316655_23502715.jpg

4.モデルとカメラマンの正しい関係がムカつく
「モデルさん募集」「カメラマン募集」ネットやTwitterでよくあるよね。
実際にモデルを撮影した写真を見ると、見事な構図、ポージング、ライティング、ボケ具合。
いい写真だし、本人たちは得意げかもしれない。しかし―
モデルとカメラマンとしての、ちゃんと線を引いた関係の写真って正直つまらない。
「もしかしてだけど・・・付き合っちゃってるんじゃないの?」見たいのはそれ!
「その表情は・・・なるほどなるほど」「めっちゃ嫌がってるやん」
見る人を惹き込む程に、そう邪推できる写真が見たい。


2,3,4はほとんど言い掛かりだけどw
1は本当に脅威。これからのフィルム界は安泰だ(^.^)



by harurei | 2018-02-09 01:19 | カメラ雑感 | Comments(7)
2018年 01月 29日

出会いの森総合公園オートキャンプ場

d0316655_01334148.jpg

「ゆるキャン△見てうずうずしてるなう」

友達からライン。ゆるキャン△という女子たちのキャンプアニメが放映中で、彼は大いに影響を受けたらしい。
つまり冬キャンプの誘い。

その原作漫画からソロキャンプをはじめたわしとしても望むところ。
半端ない寒さの近今、男2人、出会いの森総合公園オートキャンプ場へ。

d0316655_01334677.jpg
d0316655_01335273.jpg
d0316655_01340335.jpg
d0316655_01340742.jpg
d0316655_01341321.jpg



寒かった・・・




by harurei | 2018-01-29 01:59 | 山&キャンプ | Comments(4)
2018年 01月 13日

猫のフェチ

d0316655_16190297.jpg

人にフェチがあるように、猫にもフェチがあるようだ。
うちのむーちゃんはフィルムフェチ、そして加齢臭フェチ。

丸まったフィルムで遊ぶのが好きすぎ。
自家現像後、現像されていない箇所を切り取ったネガがいたるところに転がっている。

また、わしが脱いだシャツの襟もとに顔をつっこむのが好き。
至福の表情で喉を鳴らしている・・・

加齢臭もわるくない(ぉ



by harurei | 2018-01-13 16:38 | Leica M6 | Comments(10)
2018年 01月 10日

まめは

d0316655_23361279.jpg
d0316655_23361679.jpg


by harurei | 2018-01-10 23:37 | Leica M6 | Comments(5)
2018年 01月 09日

牛久シャトー

d0316655_22010795.jpg

森と泉に、かーこまれてー
静かに、ねむーるー

d0316655_22011069.jpg
d0316655_22030066.jpg
d0316655_22060973.jpg
d0316655_22054874.jpg
d0316655_22061726.jpg


by harurei | 2018-01-09 22:16 | Leica M6 | Comments(2)
2018年 01月 08日

練習2

d0316655_19130098.jpg

テント装備を担ぐ練習に続いて・・・
冬のテント泊を体験しなくてはならない。
わしはおもむろに家の庭にテントを張った。




この日の最低気温はマイナス4度。
長そでを6枚着て乗りきることができた・・・ような気がする。
次は実践や!




おまけ



by harurei | 2018-01-08 20:09 | Leica M6 | Comments(12)
2018年 01月 07日

栗田美術館

d0316655_20231496.jpg


by harurei | 2018-01-07 20:27 | Leica M6 | Comments(2)
2018年 01月 06日

控えめにいって

控えめにいって〇〇、という表現がある。
実際はちっとも控えていなくて、あまり好きではないのだけど・・・

d0316655_20554432.jpg

控えめにいって・・・

d0316655_20554825.jpg

かわえぇ(๑˃̵ᴗ˂̵)و



by harurei | 2018-01-06 21:16 | Leica M6 | Comments(11)
2014年 06月 28日

ライカは人を呼ぶ

d0316655_15093575.jpg
d0316655_15091606.jpg
d0316655_15085068.jpg


絵は人を写す鏡。
線と色、筆の運びで、その人が何となく見えてくる。
ルノワールの明るい色彩が年代によって移ろいゆくのは、心境や体調の変化に合致する。

写真は違う。機械が撮るものだから誰が撮っても同じ。
まして人の感情が出るものではない。
わしはそう思っていた。

でも・・・自分の写真を見て「やさしそう」「暖かい」と感じてもらえることがあり
それは何なのかと考えたとき、気づいたことがある。

ライカも人を写す鏡なのではないか。

レンジファインダーだから、機械式だから、フィルムだから。
理由はよくわからない。総じて「ライカだから」と言うしかない。
人は、ライカの写真に捉われる。撮った人の感情が見えるから。

ライカは人を呼ぶ、と聞いたことがある。
それって正しくは「ライカで写された写真から浮かぶ人物像に対して、
他人が共感を得て、つながりができる」ことを言うのかもしれない。


d0316655_15102452.jpg



by harurei | 2014-06-28 16:11 | カメラ雑感 | Comments(4)
2014年 06月 10日

外苑前

d0316655_01022382.jpg

バルナックライカの優雅な弧線は、結婚式の場にふさわしい。
(撮っている本人がどうかは置いておく)

シャッターを押す。刻むような鼓動が式を彩る。
(シャッター音を褒められて調子に乗ったことは置いておく)

モノクロフィルムで、息づくような記憶を描きたい。
(大事な場面でフィルム切れしてタイミングを逃したことは置いておく)



by harurei | 2014-06-10 01:19 | Leica Ⅲf | Comments(14)