タグ:NEOPAN ACROS 100 ( 172 ) タグの人気記事


2018年 04月 19日

スノーピーク ペンタシールド

d0316655_22114708.jpg
d0316655_22114225.jpg
d0316655_22332547.jpg

数あるターフの中から選んだのは、スノーピーク ペンタシールド。
テントがスノーピークのラゴ1だから合うし、ワンポールで立てやすい。

張った姿は美しくて惚れ惚れする。
ただ思ったより低くて、椅子を置くと頭に触れる(^-^;
横になるのは最高。

写真のマットの下に敷いているのはただの紙ではない。
タイベックシートといって、軽いし耐水性がある(らしい)

おしゃれキャンパーの道は遠いけれど(ぉ
ソロキャンプ道は成熟してきたw



by harurei | 2018-04-19 22:42 | Leica M6 | Comments(4)
2018年 04月 19日

西野監督

d0316655_23495107.jpg

代表監督問題で揺れている日本サッカー界。
わし的には解任でよかったと思う。

人道的には問題あるけれど、ハリルホジッチ監督のサッカーに輝きはなかった。
一方、西野監督は我らが柏レイソルの元監督。それだけでたまらない(ひいき)
その後の西野ガンバも圧倒的に強くて面白かったんよ。期待しかない。

d0316655_23493315.jpg
d0316655_23493696.jpg
d0316655_23494210.jpg

そんな中、柏レイソルの試合を観戦。
ACLに敗れたので、柏はリーグ戦にかけている。

活躍して1人でも多く柏から代表に選ばれてほしい。
対戦相手は北海道コンサドーレ札幌。
主力はいないし、何だか勝てそうな気がする。

d0316655_23495600.jpg

結果―





by harurei | 2018-04-19 00:10 | Leica M6 | Comments(2)
2018年 04月 17日

焼き塩さば

d0316655_23210587.jpg



by harurei | 2018-04-17 00:20 | Leica M6 | Comments(2)
2018年 04月 16日

ACROS


ちょうど3年前に書いた記事 → フィルムがなくなったら
「フィルムがなくなっても表現手段は他にあるしぃ」という内容。
だから数あるフィルムのひとつ、ACROSがなくなったって何の問題も・・・

d0316655_23131784.jpg

何の問題も・・・

d0316655_00212483.jpg

何の問題も・・・

d0316655_23120434.jpg

問題・・・あるわー!
ACROSは残してほしかった(・_・、



by harurei | 2018-04-16 01:00 | カメラ雑感 | Comments(2)
2018年 04月 09日

庭キャン

d0316655_00202090.jpg
d0316655_00230654.jpg
d0316655_00202888.jpg

増えてきたアウトドア商品を仕舞うため、開かずの物置(過去の品々が山積み)を整理。
古いゲーム&ゲームソフトを発掘したので全て売ったら・・・約10万に(゚Д゚;)

早速ACROS100を買い占め・・・るのはやめてキャンプ道具を増強した(ぉ



by harurei | 2018-04-09 00:42 | Leica M6 | Comments(4)
2018年 04月 02日

東雲公園

d0316655_06403974.jpg

連休が取れず、キャンプも山のテント泊もできない。でも行きたい。そこで―
家からテント装備を詰めたザックを背負い、最寄り(歩いて1時間)の桜の名所へ。
上の写真、家から5分くらいの風景。田舎か(田舎です)


d0316655_06410328.jpg
d0316655_06413664.jpg

やっと着いた・・・

d0316655_06414200.jpg
d0316655_06573101.jpg


ザック置いて、露店で買ったビール。
(歩いてきたから飲める!)

目論見通り、登山(トレッキング)気分もテント泊気分も味わって
桜を見て写真も撮れて満足。次こそ山~


今年のエイプリルネタはこちらw



by harurei | 2018-04-02 07:03 | Leica Ⅲf | Comments(4)
2018年 03月 27日

昭和記念公園

d0316655_23082682.jpg



by harurei | 2018-03-27 01:16 | Leica M6 | Comments(2)
2018年 03月 26日

アイスチューリップ

d0316655_00150789.jpg


by harurei | 2018-03-26 00:20 | Leica M6 | Comments(2)
2018年 03月 23日

例えば

d0316655_00321304.jpg

例えば写真が上手く撮れない時期。
人の美しい写真を見ると、手の届かないほどの高みに感じられて
素直に受け入れられないことがある。

例えば自分の写真が褒められると、急に写真が楽しくなって
人の作品も優しく受け入れられることがある。

例えば嫌いな人の写真は評価しないけれど
好きな人なら稚拙だとしても喝采を贈ることがある。

つまり写真は人。
人に左右されるんよね。

ヴィヴィアンマイヤー。
写真を公表することなく生涯を終えた超次元の写真好き。
彼女の写真愛は自撮りの数々からも想像できる。
写真の中にいる自分が面白い。写真の中の世界が好き。
もしかしたら、街の人々の表情に寄り添って心を満たしていたのかもしれん。

評価や感想なんかと離れた境地にある彼女の写真に虚栄心はなく
ただフラットに、本質と空気感を焼き付けている。

その域に行けた人おる?w



by harurei | 2018-03-23 01:02 | カメラ雑感 | Comments(4)
2018年 03月 22日

画像補正について

d0316655_23392592.jpg
d0316655_23421227.jpg

1枚目と2枚目を見比べてほしい。
1枚目はふんわりしているけれど、2枚目は適正露光でよりグラス感があるさね。


d0316655_23462122.jpg
d0316655_23463012.jpg

これも1枚目と2枚目を見比べてほしい。
2枚目のほうがしっかり描写しているし、水平も取れている。


どっちがよいと思う?
普通は・・・それぞれの2枚目が「よい写真」と感じる気がする。


確かに2枚目は目を惹くし、絵になっているけれど
見ていると不自然に感じられてくる。
1枚目は背景と同化してあまり目立っていない。
でも人が実際に何かを見るときの像の結び方は1枚目じゃないかな。


1枚目はスキャナに取り込んだままのフィルム写真で、2枚目はそれを自動補正したもの。


フィルムの持つ空気感が、画像補正すると均一化されて消えてしまう。
(超感覚的なイメージ・・・)
そして一時目を惹くだけのデザインのような写真になる。
わしが「フィルムの画像は補正しない、しないぞ」とこだわっている理由さね。
「補正せずにこの写り、大したもんやろ?ん?」と煽る意味合いではないんよw

見た目より雰囲気を重視したい。
この辺りの考え方について、さらにそのうち別記事で(誰得)



by harurei | 2018-03-22 00:37 | カメラ雑感 | Comments(9)