タグ:SUMMILUX 50/1.4 ( 88 ) タグの人気記事


2018年 11月 11日

初エクストリームアイロニング

d0316655_10522889.jpg

先日の記事で触れたエクストリームアイロニング
「極限状態の場所で平然とアイロン台を出し涼しい顔でアイロン掛けを行う」
・・・をどうしてもやりたくて、近くの古賀志山へ。

古賀志山の中腹にある岩場の上は、見晴らしもよく人も通らないので最適と思えた。
ここなら落ち着いて山でのアイロン掛けを体感できるだろう。

ULザックに小型のアイロン台とアイロンを入れる。
ULザックはフレームの入っていないペラペラの袋なのだけど
背面にアイロン台を入れることで割としっかりとした背負い心地になった。

アイロン台が1.1㎏、アイロンが775g
テントと寝袋を含めて同じくらいなので普段と変わらない負荷だ。

熱源確保は通常「小型発電機から電気を取る」か「バーナーで熱を当てる」で行う。
発電機は20㎏もあるから到底厳しい(運ぶ方もいる!)
バーナー同等品として、わしはアルコールストーブを使うことにした。
これで温めればアイロンの底金に熱を溜めることができる。


d0316655_10553452.jpg
d0316655_11404829.jpg
d0316655_10521997.jpg




崖の上、秋の日差しと柔らかな風を受けながらシワを伸ばす。
服のシワと共に心のシワも溶けていく。
山の上なのに部屋で掛けているような謎のシンクロ感。
集中できる環境、無駄のない空間だからこそ生まれる侘び寂び。
まるで茶室でお茶を点てるようなひととき。
これか、これが山でアイロンを掛けるということなのか。


d0316655_11481066.jpg
d0316655_10513309.jpg
d0316655_10523714.jpg
d0316655_10520301.jpg

最高の1日だった。
アイロニング中、通りかかった登山者は一人。
慌ててアイロン台を片づけてしまったわしはまだ経験不足。

日本でのエクストリームアイロニングの聖地は筑波山。
いつの日か、あの賑やかな山頂でアイロン掛けを。



by harurei | 2018-11-11 12:07 | 山&キャンプ | Comments(12)
2018年 09月 09日

TIKAL

d0316655_17002405.jpg

初めてボードゲームカフェへ。
ボードゲームカフェというのは、大きめのテーブルがいくつか並べてあり
店内にある何十種類のボードゲーム、カードゲームを自由に楽しむことができる空間だ。

d0316655_16584959.jpg

わしのアナログ至上主義はフィルムだけではなくゲームにも及んでいる。
元来TRPGの流れを汲んでいることもあって、こんな旧態然とした遊び方に風味を感じてしまうんや。
手駒の手触り、紙の盤面、表情の読み合い。遊ぶ楽しさ倍増である(悔しさも倍増・・)



by harurei | 2018-09-09 17:22 | Leica M6 | Comments(2)
2018年 06月 04日

カメラを持って幕末へ!伊豆下田黒船祭オフレポート【中編】

前編は こちら

d0316655_00153448.jpg

ペリーロードでお茶をして日帰りのあきさんとお別れ。参加してくれてありがとう。ちょこさんとゆうほさんの意思を継いで、普段より積極的に撮っていた。いつもその感じで!その後、日帰りだけどまだ時間のあるじんさんと共に飲み屋へ。調子のいいお兄さんの接客、美味しい刺し身、絶品の揚げ物、下田の純米酒で話も進む。時間が来てじんさんを見送る。

d0316655_23130203.jpg

じんさんも付き合ってくれてありがとう。あらゆる対象に目を向けるその情熱は変わっていなかった。

「えいさんは歌うのが好き」という新事実を知った我々は「ではホテルのカラオケルームで拝聴しよう」と盛り上がりながら店を出る。 宿泊先の黒船ホテルまでの道すがら、まどか浜回遊公園で河内手筒花火を見学。人垣の向こうで火花のシャワーが宵闇を濡らしている。何とか花火を捉えまいとカメラの設定を回して頭ごしに撮りはじめるぽてさん。(無理だわ)と思いながらシャッタースピードを落としてライカを構えるわし。間近で撮るために人垣に突っ込んでいくえいさん。

d0316655_23190429.jpg

やがて花火はクライマックス。一斉に湧き上がる火花。天空に轟く号砲と鱗粉。一瞬の静けさがあって・・・歓声があがる。美しかった。ほろ酔いの頭に潮風と熱気が心地良い。下田最高や。さあ、後はホテルでえいさんの歌声を聴いて、温泉に入って寝るだけ。 人が散っていく。ぽてさんと花火の撮れ高を見せ合いながら、えいさんの戻りを待つ。しかしなかなか彼は帰ってこない。人がすっかりいなくなる。しかしえいさんはあらわれない。姿が見当たらない。

(しまった・・・)わしは戦慄した。彼を一人にしてはいけないと、そう決意をしたばかりではなかったか。ぽてさんと顔を見合わせて立ち尽くす。「ま、まぁホテルの場所はわかっているし、きっと勝手に帰っているさね」そう思うしかない。LINEも既読にならないから、やむなく黒船ホテルに向かう。

チェックインして浴衣に着替えているとえいさんからLINE。「ごめんやさい。いまそとにいますあ」一体どこにいたんだ。ホテルの部屋を伝える。到着した彼に聞くと、そもそも花火を見ていたことを覚えていないという。そこでホテルに向かったのだが、隣の違うホテルに向かう坂道を登っていて、途中でおかしいことに気づいて戻ってきたという。とにかく無事でよかった。

「お酒がない」えいさんがカバンをひっくり返している。「お酒って…土藤酒店で買った日本酒?」「そう」彼はその日本酒を目当てに下田に来たと言っても過言ではないほど楽しみにしていたわけで。飲み屋を出たときは間違いなく抱えてていた(ぽてさん談)から、飲み屋から花火会場に向かう道程で失ったと推測される。「花火職人にご祝儀として送ったのだ」そう結論づけて諦めることに。

えいさんがそんな状態なのでカラオケは諦めた。コンビニで仕入れたお酒とつまみで部屋飲みをはじめる。話題は大河ドラマについて。ぽてさんとえいさんの熱い歴史トークを聞いて(歴史探訪オフをしたらいいんじゃない?)なんて思いながら、黒船祭り1日目の夜は溶けていく。


後編(下田に響くシャンソン)に続く




by harurei | 2018-06-04 23:32 | Leica M6 | Comments(0)
2018年 06月 01日

下田ライヴ

d0316655_22425934.jpg

オフに参加できなかったゆうほさから「イケメンを撮ってくるように」との指令が。
発見・・・!!

d0316655_22430301.jpg

いつの間に正面から撮っていたのか、よく覚えていない。




by harurei | 2018-06-01 22:51 | Leica M6 | Comments(6)
2018年 06月 01日

ペリーさんの隠れ家

d0316655_21522286.jpg


by harurei | 2018-06-01 21:53 | Leica M6 | Comments(0)
2018年 05月 30日

着物カメラ女子

d0316655_22245325.jpg

下田で見かけた着物カメラ女子(?)の後を追う。

d0316655_22253630.jpg
d0316655_22251971.jpg
d0316655_22285596.jpg
d0316655_22263831.jpg
d0316655_22282967.jpg


by harurei | 2018-05-30 22:32 | Leica M6 | Comments(4)
2018年 05月 26日

カメラを持って幕末へ!伊豆下田黒船祭オフレポート【前編】


4月下旬、エキサイトからブログメイトサービス終了のお知らせが発表された。サークルオフの拠点となっていたコミュニティがなくなるのは残念だけど、直前に控えていた下田オフに影響はない。連絡手段はLINEグループで代用。

期せずしてサークルラストとなった1年ぶりの下田オフ。今回の目的はこの時期だけ行われる黒船祭。着物姿でパレードを見ながら食べ歩こうという企画だ。週末が近づくにつれて天候は回復の見込みとなった。当日朝6時に栃木を出発。湘南新宿ラインを伝って新宿5番ホームへ。スーパー踊り子号に乗り込んで横浜駅でえいさんと合流。彼はしっかりお酒とお弁当を抱えていて、下田までの電車旅を満喫する構え。当初はちょこさん、ゆうほさんも一緒に向かう予定だったのだけど都合が合わなくなり、結局おじさん2人で海を眺めながら流れること2時間。

d0316655_00345552.jpg

伊豆急下田駅に到着。改札を降りると時代衣装に扮した皆さんがお出迎え。その向こうに見慣れた表情を見つける。現地合流組のぽてさんあきさんじんさんだ。キャンピングカーで合流する予定だったあるせどさんはスケジュールが合わなかった。

1年ぶりの下田はいつも通りの表情をしていた。部外者を拒まない居心地のよい下田。挨拶も早々にパレード会場へ向かい、群衆の隙間に陣取る。やってくる集団に手を振りながら撮り尽くし、早くも気分が盛り上がる。

d0316655_00354438.jpg
d0316655_11483980.jpg
d0316655_11501755.jpg
d0316655_11484983.jpg
d0316655_00355227.jpg

続いて下田湾内で自衛隊車両と掃海艇を見学。目を輝かせる鉄女。隊員に説明を求めるえいさん。バイクメンじんさん。

d0316655_00372854.jpg
d0316655_00373161.jpg
d0316655_12195123.jpg
d0316655_00375861.jpg

機雷除去演習で泳いでいる隊員を見て「わたしのほうが泳ぐの上手いしフォームもきれい」と得意げなあきさん。急に背後から上官と思われる自衛隊員があらわれて「彼らは400メートル下まで潜ることができるんですよ(あなたできます?)」と解説。「へぇ(だから何)」流すあきさん。謎の反骨心!

d0316655_11220402.jpg
d0316655_11311764.jpg
d0316655_11310370.jpg

堪能して再び街中へ向かう。「道の駅のトイレに寄っていきます。すぐ後を追うので」とえいさん。先の角で待ってると約束した。間違いなくそう約束した。待つこと15分。えいさんはあらわれない。(まさか・・・)顔を見合わせる一同。過去のトラウマが蘇る。そうあれは2年前の葛西オフでのこと。一次会から二次会へ移動する際「トイレ寄っていきます。先に行っていてください」そう言ってトイレに駆け込んだきり、いつまで経っても彼は帰ってこない。(吐いているのかな)心配してトイレに行くと誰もいない。連絡もつかない。皆に不安を残したまま・・・翌朝「家に帰ってました」と伝言が。酔って何も覚えていないという。そんなトイレ事件以来(彼を一人にしてはいけない)と暗黙のルールが生まれた。

それなのに。彼を一人にしてしまったのだ。慌てて道の駅のトイレを探索したけれど誰もいない。連絡もつかない。 同じ過ちを繰り返してしまった。わしがその場で待つこととして、3人は先に街へ向かってもらうことに。陽射しの下、石の階段に座りながら待つこと数十分。

えいさんからLINE「土藤(酒店)に向かおうと移動中」。先の角で待ち合わせと約束したのに。両眉が勝鬨橋のように跳ね上がるぽてさんの形相が容易に想像できた。土藤酒店に向かう。再びLINEが届く「土藤酒店のあとメガネのウエノへ。猿回しを見ている」「動くなー!!」発狂するぽてさん。メガネのウエノに着いた。しかしいない。「どこー?」「ペリーロードのトイレに」勝鬨橋が崩壊して無表情になるぽてさん。(あ、いろいろ諦めたんだな)人が悟りを開く瞬間をわしは目撃した。

バミューダえいさんと合流してようやくみんなで土藤酒店へ。目標のお酒を手に入れてえいさんはご満悦。その後、普段は入るのことのできない安直楼の中を見学して当時の面影に触れる。

d0316655_11335031.jpg



by harurei | 2018-05-26 12:27 | オフレポート | Comments(7)
2018年 05月 24日

祝辞

d0316655_15491094.jpg

ただいまご紹介にあずかりました、光のほそ道管理人のはるれいです。
○○くん、○○さん、ご結婚おめでとうございます。
ご両家、ご親族の皆様におかれましても、この度のご良縁、心よりお祝い申し上げます。

お二人とはじめて会ったのは、サークルで行われた高尾山オフのときですね。
「天狗が上手く撮れない」と嘆く○○さんに対して
懇切丁寧にカメラの設定を教えてあげていたのが○○くんで―

d0316655_15491638.jpg

サークルが続いていたら、いつかそんな祝辞を述べてみたかった(ぉ



by harurei | 2018-05-24 15:58 | Leica M6 | Comments(9)
2018年 05月 21日

下田黒船祭2018

d0316655_12453268.jpg


サークルラストオフ、下田黒船祭2018へ。
袴姿で下田の街を闊歩してきたよ!



はやくも下田ロス発生中・・・
オフレポートはまた後日(^.^)



by harurei | 2018-05-21 12:56 | Leica M6 | Comments(10)
2018年 02月 01日

柏から北鴻巣へ

d0316655_02544591.jpg

ACLプレーオフ、柏レイソル対ムアントン・ユナイテッドFCの試合を見るため
仕事を休んで栃木から柏へ。

いつやられてもおかしくない緊張感、謎のキープ力、謎のテクニックに翻弄された。
これぞACL、しかし苦しみながら3-0で勝利。柏はACLの出場権を獲得した。
応援歌「柏から世界へ」の大合唱。

一緒に行った柏の友人とラーメン店で祝杯。
さぁわしは栃木に帰ろう。明日も仕事だけど頑張れそう。

帰りの電車で気持ちよく寝ていたら「次は北鴻巣」とのアナウンス。
どこそれ・・・

もしかして、宇都宮線と高崎線を間違えてる!?(車両の色が同じ)
「本日は高崎線をご利用いただきましてありがとうございます」
車内アナウンスを聞いて疑惑が確信に。
い、一旦大宮に戻って改めて宇都宮に向かおう。
北鴻巣で降りて反対路線を見ると、次の電車の案内がない。
もしかして、終電過ぎてる~~!?

仕方ない。駅前にネットカフェくらいあるだろう。
泊まって始発で帰るしかない。
・・・ない。検索してもネットカフェもビジネスホテルも近くにない。
なんなのこの街ぃ。←失礼

結局40分歩いて最寄り(?)のルートインに転がり込む。
寒さで顔面をこわばらせ、レイソルのタオマフを巻いた不審な中年男性が
泊めてくれとのたまう。笑顔で部屋を提供してくれた。7,200円~


翌朝始発で帰り、仕事に出勤。
柏から世界への前に、北鴻巣に流れ着いた1日だった。



by harurei | 2018-02-01 03:23 | Leica M6 | Comments(6)