タグ:Summaron35/3.5 ( 70 ) タグの人気記事


2015年 06月 08日

カテゴリ分け

d0316655_00400522.jpg

カテゴリ分けを少し変更~
カメラについての雑感やオフレポートを分けてみたさね。
止まっている小説や水彩画は・・・そのうち!



by harurei | 2015-06-08 01:24 | Leica M2 | Comments(7)
2015年 05月 01日

d0316655_00511672.jpg



by harurei | 2015-05-01 00:53 | Leica M2 | Comments(11)
2015年 04月 18日

撮影はご遠慮ください

d0316655_01315598.jpg


「撮影はご遠慮ください」 と警告を受けたことが3回ある。

・ 某美容品店で店員さん(かわいい)にやんわりと。
・ 某百貨店のチョコレートパラダイスで警備員に紳士的に。
・ 花屋さんで不機嫌そうな店員にきびしめに。

いずれも撮影禁止のお店で撮ったことが問題。
一方、人を撮って注意を受けたことはない。

約1年間、わしがお店や人を撮り続けた結果はこんな感じ~
スナップはどこまでOKなのか基準は曖昧だから
結論(出せない)もオチもないけれど
判断材料のひとつとして知ってもらえたら。


d0316655_01322735.jpg



by harurei | 2015-04-18 02:30 | Leica M2 | Comments(6)
2015年 04月 16日

フィルムがなくなったら

d0316655_00080409.jpg

フィルムがなくなったらどうしよう。
そんな不安で心細くなったことはない。

フィルムがなくても対象は
絵で描けるし、句で詠めるし、詩で触れられる。

あんまりフィルムが高騰したら
ライカレンズの目で絵を描いたる。



by harurei | 2015-04-16 01:03 | カメラ雑感 | Comments(9)
2014年 12月 22日

古賀志山2

d0316655_23571094.jpg
d0316655_23561904.jpg



by harurei | 2014-12-22 00:08 | 山&キャンプ | Comments(0)
2014年 12月 13日

古賀志山


ブログ&サークル仲間、モトシさの記事!

「高尾山で撮ろうオフ」に参加したメンバーはぜひ見てほしいな。
高尾山で歩いた場所の写真が多く載っているんよ~
深い紅葉と雨でまた違う雰囲気(^_^)




見ていたら山に登りたくなり―
宇都宮の古賀志山へ。


d0316655_22070745.jpg




今日はメガネを外して歩いてみた。
視界のフレームが消えて解放感。
山景が霞む。視界がぼやける。
意識をしないとピントをつくれない。
進む度に、地面にピントを合わせて確認してから足を乗せる。
メガネをかけていれば何でもない歩行なのに。
歩みはゆっくりになるけれど、何だか面白い。
この感覚・・・どこかで・・・

いちいちピントを合わせてから歩く。
これって・・・マニュアルカメラじゃん!

メガネ外して、全て外して裸で歩いたら動物の気分になるだろうな。
四足歩行してしまうね。解放感しかない。気持ちよさそう。

動物は自然を駆けているだけで幸せを感じているのかも・・・
なんてことを考えながら山を歩いたさね。





「そのカメラ、何ですか?」
途上、おじさんに声をかけられる。
「ライカです」
「ライカ!?あーやっぱり!さっきみんなと凄いカメラを
持っている人がいたって話題をしていたんですよ」
「いあ、ライカといっても昔の型なのでそんな高価ではなく・・」
「おーい、みんなライカだって、ライカ!」
差し出したわしのバルナックを高々と掲げて仲間に見せる。
「すごいねぇ高かったでしょ」
「そんなこ・・・」「いやーやっぱり品がある!いい物を見たなァ、ありがとう」


さらに途上、すれ違ったおじさんに。
「こんにち・・・そのカメラ、何?」
「ラ、ライカです」
「おほーやっぱり!」
聞くと昔からカメラが好きで当時はフィルムを楽しんでいたらしい。
「50万くらいするんだよね?」
「いえいえ、それはデジタルライカの話で、これはフィルムだし
昔の型でジャンク扱い品なので2万もしなかったんですよ」
「そうなの?(納得していない眼差し)」





ライカ効果、おそるべし。
ライカ=高級品のイメージ強すぎぃ。
実際はフィルムライカなら、デジタルカメラを買い換え続けるより
よっぽど安上がりなんだけどね!

カメラに注目してもらえるのは嬉しいけれど・・・
撮った写真も見てもらいたい(^o^)




by harurei | 2014-12-13 22:39 | 山&キャンプ | Comments(13)
2014年 09月 23日

光のほそ道

d0316655_23230457.jpg

わしはブログを楽しみたいサークルの副管理人をやらせてもらっていて
ここから広がった付き合いが多いのさ(^o^)

さらに写真と撮りにいくつながりを中心にした場を描きたくて
新たにサークルをつくってみたんよ!



光のほそ道(写真サークル)


関東近辺になってしまうけど、興味ある方はよかったらぜひ~




by harurei | 2014-09-23 07:20 | Leica Ⅲf | Comments(7)
2014年 09月 21日

カラー

d0316655_23001286.jpg

わしはモノクロににこだわっているけれどさ
カラーのことよく知らないのに、モノクロにこだわるっておかしい。

わしのこだわりは思い込みなのでは・・・。
今後は場面に合わせてカラーフィルムも使ってみよう。
モノクロで意識している光は、カラーでも活かしていけるはず。
両方使うことで見えてくるものがあるといいな。

d0316655_23201764.jpg




by harurei | 2014-09-21 23:26 | Leica Ⅲf | Comments(12)
2014年 08月 30日

ここにおれがいるから

d0316655_15242011.jpg


「そこに山があるからじゃない。ここに、おれがいるからだ」


小説"神々の山嶺”にて孤高の単独登攀者の羽生が、山に登る理由について答えた言葉。
何だか感銘受けたった。

"神々の山嶺"は主人公がネパールで古いカメラを見つけたことからはじまる物語。
ヴェストポケット・オートグラフィック・コダック・スペシャル というオールドカメラなんだけど
撮影済みのブローニーフィルムを見つければエヴェレスト登頂の歴史を覆す事実が明らかになるかも・・・
という話。面白かったなぁ(^_^)



by harurei | 2014-08-30 15:44 | 山&キャンプ | Comments(0)
2014年 08月 26日

鹿の湯

d0316655_00483484.jpg


茶臼岳帰りに寄った温泉。
硫黄臭に硫黄臭を重ねたような(どんな)
いいお湯だったな~



by harurei | 2014-08-26 00:52 | Leica Ⅲf | Comments(0)